FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月9日から3回シリーズで、NHK総合テレビが、旧日本海軍の知られざる側面を伝える番組を放送します。
 
 今も根強く存在する俗説に「陸軍悪玉、海軍善玉論」というものがあります。 
 満州事変から太平洋戦争まで、日本を戦争の泥沼に引きずり込んだのは陸軍である。一方、海軍は海外事情に通じていたことから、一貫して戦争には消極的であり、特に太平洋戦争開戦には強く反対した、という論です。
 
 これは誤りです。
 
 海軍もまた陸軍と同様、戦争を推進したのです。
 
 それを裏付ける資料が最近発見されました。
 
 1980年から11年間、絶大な権力を振るった海軍の中枢『軍令部』のメンバーが、「海軍反省会」という秘密の会合を開き、400時間に渡る録音テープを残しました。70,80歳代に達していた軍令部のメンバーたちは、開戦に至る経緯、その裏で行った政界・皇族・陸軍などへの働きかけ、神風特攻、戦後の東京裁判対策などの内幕を語りました。

 NHK総合 
 NHKスペシャル 「日本海軍 400時間の証言」
 
 「第一回 開戦 海軍あって国家なし」
 http://www.nhk.or.jp/special/onair/090809.html
 8月9日(日) 午後9時00分~9時59分

 海軍がどのようにして政治にかかわっていったかを明らかにします。
  
 「第二回 特攻 やましき沈黙」
 http://www.nhk.or.jp/special/onair/090810.html
 8月10日(月) 午後10時00分~10時59分
 
 現場の熱意から始まったとされる神風特別攻撃が、実は海軍中枢が組織的に計
画していたことを明らかにします。 
 
 「第三回 戦犯裁判 第二の戦争」
 http://www.nhk.or.jp/special/onair/090811.html
 
 太平洋戦争敗戦後に始まった戦争裁判の裁きからどう海軍を守るか、海軍をい
かにして復活させるかを語ります。
プロフィール

ぼ

Author:ぼ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。