FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーラータウンフォーラム~太陽光社会をめざして

ソーラータウンフォーラム~太陽光社会をめざして

「地球温暖化」が地球規模の課題として認知された今、「太陽光発電」が脚光を

浴びています。

太陽光で生活がどう変わるのか?普及に向け、どんな施作があるのか?有識者に

よる講演、パネルディスカッションを通して、太陽光時代の到来をともに考えま

す。



○日時:2009年8月3日(月)開場13:00、開会13:30、閉会16:30(予定)

○会場:丸ビルホール千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7階

JR東京駅「丸の内南口」より徒歩1分、地下鉄丸の内線「東京駅」地下道より直



○主催:毎日新聞社

○共催:一般社団法人太陽光発電協会、太陽光発電普及拡大センター

○後援:経済産業省資源エネルギー庁

○特別講演「太陽光社会をめざして」

石田 徹氏(いしだ とおる) 経済産業省 資源エネルギー庁 長官

○基調講演「温暖化の最新分析」

木本 昌秀氏(きもと まさひで)東京大学気候システム研究センター 副セン

ター長・教授

○パネルディスカッション「ソーラーイノベーション」

【パネリスト】

柏木 孝夫氏(かしわぎ たかお)

経済産業省 総合資源エネルギー調査会 新エネルギー部会長、東京工業大学統

合研究院 教授

辰巳 菊子氏(たつみ きくこ)

社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会 常任理事・環境委員



根本 美緒氏(ねもと みお)

フリーキャスター、気象予報士、3R推進マイスター

杉本 完蔵氏(すぎもと かんぞう)

一般社団法人 太陽光発電協会幹事

【コーディネター】

川口 裕之(かわぐち ひろゆき)毎日新聞社水と緑の地球環境本部本部長



○応募方法

ハガキまたはFAXで①郵便番号②住所③氏名④年齢⑤職業⑥電話番号⑦参加人

数⑧当日きいてみたい質問を明記し「ソーラータウンフォーラム」事務局までお

送りください。もしくは、インターネットの専用応募フォームからご応募くださ

い。

【ハガキ】〒104-0045 東京都中央区築地2-15-14-6階「ソー

ラータウンフォーラム」事務局

【FAX】03(6226)3497 「ソーラータウンフォーラム」事務局

【インターネット】http://mainichi.jp/sp/solar/

応募締切:2009年7月23日(木)必着

※応募多数の場合は抽選のうえ、当選の方にのみご連絡いたします。

※聴講券の発送をもって発表にかえさせていただきます。

※ご応募いただいた方の個人情報は本フォーラム以外の目的では使用いたしませ

ん。

お問い合わせ 03(6226)5113(10:00~18:00/土・日・

祝日を除く)

2050年ビジョンづくり勉強会

第1回は西岡秀三先生(国立環境研究所)に講師をしていただき、
2050年ビジョンについて語り合う場にしたいと思います。
ぜひご参加いただければ幸いです。

<第1回2050年ビジョンづくり勉強会>
●日時:7月27日(月)18:30~20:30
●場所:東京ウィメンズプラザ 視聴覚室C(東京・青山)
 http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html
●プログラム
1.日本低炭素社会のシナリオ
  講師:西岡秀三先生(国立環境研究所特別客員研究員)
2.2050年ビジョンづくりの進め方
3.討論
 ~懇親会
●参加料:一般1000円、GEIN会員無料(当日会員受付しています)

ご興味のありそうな方もぜひお誘い合わせの上、ご参加ください。
ご参加いただける方は、参加の旨ご一報いただければ幸いです。
酒井宛:sakai.masaharu@re50.jp
よろしくお願いいたします。

<第2回予告>
●日時:8月28日(金)18:30~20:30
●場所:エコギャラリー新宿
●プログラム
1.環境考古学による逆ビジョンづくり(仮題)
  講師:安田善憲先生(国際日本文化研究センター教授)
2.2050年ビジョンイメージの提示
3.討論~懇親会

日本サードセクター経営者協会(JACEVO)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●日本サードセクター経営者協会(JACEVO)
全国キャラバン in 関東
----------------------------------------------------------

 日本サードセクター経営者協会(JACEVO)の「全国キャラバン in 関東」
が7月23日、東京・港区の日本財団ビルで開催されます(主催:JACEVO設立
準備会/共催:公益財団法人公益法人協会、特定非営利活動法人NPO事業サ
ポートセンター)。

■日 時 7月23日(木)16:00~19:30
■場 所 日本財団2階会議室(東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル)
■定 員 100名程度(先着順)
■参加費 無料

 日本サードセクター経営者協会とは、日本初の、サードセクター組織の
リーダーのための組織です。2009年9月の正式の設立総会に向け、設立準備
会が発足し、立ち上げのための活動を開始しています。

 現在、設立準備会では、日本サードセクター経営者協会設立準備会が、何
を考え、どのようなことをしようとしているのかを知っていただくために、
順次、全国キャラバンを実施しています。当日は直接、設立準備会幹事が、
パネルディスカッション、意見交換などで皆様とお話をさせていただきます。

 東京会場ではその他、名古屋市長の河村たかし氏にご講演、特定非営利活
動法人フローレンス代表理事の駒崎弘樹氏に話題提供いただきます。

 サードセクター組織とは、財団法人・社団法人(一般・公益)、社会福祉
法人、医療法人、学校法人、宗教法人、更生保護法人、NPO法人、協同組合、
社会的企業など、政府行政や企業とならぶ、第3のセクターを指します。日本
におけるサードセクターの認知度、影響力を高めていくためには、従来の組
織単位での活動に加え、経営者個人が参画できる活動も重要となります。日
本サードセクター経営者協会は、サードセクターの経営者同士が法人格や各
所属団体の枠組みを越えて交流し、お互いに切磋琢磨できるような場を目指
しています。

 皆様のご来場を心よりお待ちしております。どうぞお気軽にお越しくださ
い。

 プログラム、お申込み方法はこちらをご覧ください:
  → http://www.jacevo.jp/tokyo090723.html
    ※参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。

■お問い合わせ先
 日本サードセクター経営者協会(JACEVO)設立準備会
  事務局(担当:島、中川)
 TEL:052-919-0200 FAX:052-919-0220
 E-mail:jacevo@sf21npo.gr.jp
 URL:http://www.jacevo.jp/

拡大するお買物からの社会貢献。消費者として世界を変える方法

●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『拡大するお買物からの社会貢献。消費者として世界を変える方法
-コーズブランド、フェアトレードの事例から-』
 2009年7月19日(日) 14時00分~16時20分
主催:Causebrand Lab. 
後援:特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●

水を1L買うとアフリカに10Lの水が創出されたり、途上国の自立支援に繋がる
商品だったり。
私たちの周りには社会問題の解決を支援できる商品があります。

これらの商品はコーズブランド(Causebrand)と呼ばれますが、支援内容は途上
国支援、環境保全、子ども支援、健康支援など多岐に渡っています。

また、種類も服やバッグをはじめ、化粧品、食品、クレジットカードなどがあり
、その数はここ1-2年で急拡大しています。

しかし、コーズブランドの日本における歴史は新しいことから、
意義や効果についてはあまり知られていません。

また、企業がコーズブランドを発売する意味、CSRやコーズマーケティングといっ
た取り組みについてもあまり知られていません。

そこで本セミナーでは、コーズブランドの発売背景から社会的課題を解決する支
援インパクトまで、お買い物でできる支援についてお話しし、なかでも最も注目
を浴びるフェアトレードについて解説。

消費者という立場だからこそ誰もが参加可能なアクションについて、皆さんと共
に考えたいと思います。


■日時
・月日:2009年7月19日(日)
・時間:14時00分~16時20分(受付は13時40分から)
・場所:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木)
    センター棟 503室
    小田急線参宮橋駅 徒歩7分、地下鉄千代田線代々木公園駅 徒歩10分
    http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html


■対象・定員
・社会貢献や途上国支援に興味のある人、コーズブランドやフェアトレードに興
味のある人、コーズマーケティングやCSRに興味のある企業人・社会起業家、NPO/NGO
職員、他
・定員:30名(申込先着順)


■費用
 参加費:1,000円(学生500円)※資料代含


■主催
・主催:Causebrand Lab.
・後援:特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン


■スケジュール
●第一部:1400~1440
『お買い物でできる社会貢献。コーズブランドの拡がりと企業の取組み』
⇒Causebrand Lab. 代表 野村尚克
社会的課題の解決をお買い物で支援できるコーズブランド。
この活動は誰もが気軽に参加できる取り組みとして昨今大きな注目を浴びていま
す。
また、企業においてもCSRへの声が高まったことから、
また消費低迷の中、新しいマーケティングコンセプトとして注目されており、
取り組む企業数がこの1-2年で急速に拡大しています。
そこで、コーズブランドの拡がりや企業の取り組みについて、実際の事例を交え
ながらお話しします。


●第二部:1450~1530
『世界的ムーブメント フェアトレードの取組みと拡大』
⇒特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン 事務局長 中島佳織
開発途上国の貧困問題を解消するため、草の根の運動から始まったフェアトレー
ド。
国際フェアトレード基準を守った商品に分かりやすくラベルを表示することで、
それまではフェアトレード専門店や自然食品店など限られた販路で取り扱われて
いたフェアトレード商品が、スーパーや百貨店など一般の小売店にも置かれるよ
うになり、大きく市場が広がりました。
特に欧米では、もはやニッチではなくメインストリームへ浸透しているフェアト
レード商品は、日本でもこの5~6年、毎年30~50%増で急速に拡大しています。
そこでフェアトレードの取り組みと拡大の背景について、国内外の事例を交えな
がらお話しします。


●第三部:1540~1620
ディスカッション
会場にお越しの皆様を交え、第一部・第二部への質問や、
今後の方向性などについて話し合いたいと思います。

司会:尾山祐子(Causebrand Lab.ディレクター)


■プロフィール(講師)
⇒野村尚克
Causebrand Lab.(コーズブランド・ラボ)代表
21世紀社会デザイン研究学会コーズ・リレイテッド・マーケティング研究会代表
企業でのマーケティングプランニングの経験を活かし、
「身近でできるお買物からの社会貢献」をコンセプトに、
企業や社会起業家・NPOへの協力、コーズ・リレイテッド・マーケティングの研究
などを行っている。
著書『世界を救うショッピングガイド-Causebrand Handbook-』(タイトル)

⇒中島佳織
特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン 事務局長
大学卒業後、企業勤務を経て、国際協力NGOに参加。
アフリカ難民支援やフェアトレード事業に携わった後、タイ北部チェンマイに駐
在。
山岳少数民族コーヒー生産者支援プロジェクトの立上げと運営に従事し、
新ブランド立上げ、マーケット拡大を担当。
2007年よりフェアトレード・ラベル・ジャパンに加わり、現在事務局長。


■プロフィール(主催者・後援者)
⇒Causebrand Lab.(コーズブランド・ラボ) http://cblab.cocolog-nifty.com/
コーズブランド(Causebrand)やコーズマーケティング(Cause Related Marketing
)に取組む、社会的企業やソーシャルアントレプレナーを応援する研究支援機関

メンバーはマーケティング、非営利組織、CSR、ソーシャルベンチャーなどの
実務家と研究者で構成され、実務とアカデミックの双方から研究とアドバイスを
行っている。

⇒特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン http://www.fairtrade-jp.org/
国際フェアトレードラベル機構FLO(Fairtrade Labelling Organizations
International
)の構成メンバーとして、フェアトレード・ラベル運動を通し、
不利な立場にある開発途上国の生産者や労働者の持続可能な開発とエンパワメン
トを実現し、生産者・企業・消費者のより公平なパートナーシップのもと、
社会的・経済的・環境的に持続可能な世界の実現を目指す団体。


■申込方法・お問合せ先・注意事項
下記内容をご記入の上、【causelab@yahoo.co.jp】宛にお送り下さい。
・名前(フリガナ)
・所属
・メールアドレス
※お申込は先着順です。
※お申込後、こちらから申込完了の返答をお送りします。
※お問合せも【causelab@yahoo.co.jp】宛にお送り下さい。

第5回ソーシャル・アントレプレナー・ギャザリング

> ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
>
>       第5回ソーシャル・アントレプレナー・ギャザリング
>   “社会に変革と感動を!~ソーシャルビジネスが拓く可能性~”
>
> 2009年9月4日(金)12時30分~20時15分(夜塾参加~22:30)
> 2009年9月5日(土)10時00分~16時45分(クロージングパーティ参加:19:15)
>                アカデミーヒルズ40(六本木ヒルズ内)
>
> ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
>
> 社会的企業家によるソーシャル・ビジネスを支援する組織、
> ソーシャル・イノベーション・ジャパン(代表理事 谷本寛治〔一橋大学大学院商
> 学研究科教授〕)は、
> 2005年より毎年、社会的企業の全国大会「ソーシャル・アントレプレナー・ギャザ
> リング」を企業、
> NPO/NGO、政府、研究機関、メディア等多様なセクターから参加を得て開催して参
> りました
> (2008年度参加者数は約370人)。
>
> 日本でもコミュニティ開発・障害者雇用・高齢化社会・青少年教育・途上国支援・
> 環境問題等の
> 社会的課題に、ビジネスとして取り組む動きが少しずつ広がりつつあります。
> これを更なる発展に繋げていくため、今年度も第5回ソーシャル・アントレプレナ
> ー・ギャザリングを
> 開催致します。
>
> 六本木ヒルズにて9月4日~5日の2日間にわたり、熱い想いをもつ社会的企業家が
> 全国から一堂に会します。
>
> ■■今回の見どころ■■
> ★世界で最も注目を集めるソーシャル・アントレプレナー、
>  金融で途上国の貧困に挑む「KIVA」代表Matt Flannery氏が来日!
> ★ソーシャルマーケティング/ソーシャルプログラム創出の為の徹底議論!
> ★「雇用」「生物多様性」「農業」等、ホットなソーシャルビジネス・トピック満
> 載
> ★ビジネスチャンスここにあり!人と情報が交流する場を用意!
> ★各種割引を実施!特に正会員へは大幅割引!
> ★ソーシャルビジネスの登竜門である「ソーシャル・ビジネス・アワード」授賞式
> を同時開催!
> ※プログラム詳細・申込はこちら
> http://www.socialinnovationjapan.org/
>
> ■■開催概要■■
>
> ■日時:
> 1日目:2009年9月4日(金)12時30分~20時15分
> 2日目:2009年9月5日(土)10時00分~16時45分
>  ※1日目夜塾までご参加の方は~22:30、
>   2日目クロージングパーティまでご参加の方は~19:15(予定)
>
> ■場所:アカデミーヒルズ40(六本木ヒルズ内)
>  (アクセス: http://www.academyhills.com/information/map/)
>  ※40階へは、エントランスフロア自動ドアを通りエスカレーターへ。
>   さらに、右奥のエレベーターホールへお進みください
>
> ■参加費:4,000円~ ※特割期間、早割期間を設けました。詳細はHP参照
>
> ■主催:特定非営利活動法人ソーシャル・イノベーション・ジャパン
>
> ■特別協賛:野村グループ、森ビル株式会社、ほか
>
> ■協賛:株式会社損害保険ジャパン、東京ガス株式会社、日清オイリオグループ株
> 式会社、
>  パナソニック株式会社、マイクロソフト株式会社、UBSグループ、ほか
>
> ■参加対象:社会的企業家及び、社会的企業に関心のある一般企業、NPO/NGO、政
> 府、
>
>  研究機関、メディアなど
>
> ■参加者数:300人
>
> ■申し込み:申込みフォームにて必要事項を記入の上、送信ください。
>  送信後、指定の口座へ参加費の振り込みをお願いします。
>  参加費の入金確認後、正式登録を行い、参加証をお送り致します。
>  ギャザリング当日は参加証をご持参下さい。
>  申し込みフォーム:http://www.socialinnovationjapan.org/application
>
> ■■プログラム■■
> ※登壇情報・プログラムの最新情報は随時HPにて更新します
> <9/4(金)ソーシャル・ビジネスDAY>
>
> ■トークセッション(12:40~14:00)
> 「社会に変革と感動を!~日本のソーシャル・アントレプレナーが、
> “社会のニーズに応えていく”ソーシャルビジネスの可能性について語る!」
>  昨今の経済縮小の中、従来型の資本主義を見直す動きが強まっています。
>  持続可能な事業活動を展開し、企業価値を向上するには?
>  社会が求めるビジネスの在り方を、企業の社会性評価の観点から浮き彫りにしま
> す。
>
> ・矢崎和彦氏(株式会社フェリシモ代表取締役社長)
> ・中田智洋氏(株式会社ギアリンクス代表取締役)
> ・橘田佳音利氏(株式会社フラジュテリー代表取締役社長)
> ・ファシリテーター:谷本寛治氏(SIJ代表理事/一橋大学大学院商学研究科教授)
>
>
> ■分科会1(15:00~17:30(途中休憩挟む))
> 「社会が求めるビジネスの在り方 ~企業の社会性はどう評価されるか~」
>  昨今の経済縮小の中、従来型の資本主義を見直す動きが強まっています。
>  持続可能な事業活動を展開し、企業価値を向上するには?社会が求めるビジネス
>
>  の在り方を、企業の社会性評価の観点から浮き彫りにします。
> ・原丈人氏(デフタ・パートナーズグループ会長)
> ・濱口敏行氏(ヒゲタ醤油株式会社代表取締役社長)
> ・山岸徳人氏(富国生命投資顧問株式会社株式運用部・株式運用グループSRI担当
> )
> ・コーディネーター:岩坂健志氏(SIJアドバイザー/サンケァフューエルス株式
> 会社取締役)
>
> ■分科会2(15:00~17:30(途中休憩挟む))
> 「変容するソーシャル・マーケティング
>  ~CSRと宣伝の融合に見る日本型ソーシャル・マーケティングの可能性~(仮題
> )」
>
>  CSRとマーケティングを融合させ売上に結びつけたアサヒビールの
>  「うまい!を明日へ!」プロジェクトについて、同社の戦略、プロジェクトの舞
> 台裏に迫ります。
> ・竹田義信氏(アサヒビール株式会社社会環境推進部長)
> ・(ほか登壇依頼中)
> ・コーディネーター:土肥将敦氏(SIJシニアフェロー/高崎経済大学地域政策学部
> 准教授)
> ・サブコーディネーター:中野里美氏(SIJフェロー/(株)ソシオエンジン・アソ
> シエイツ)
>
> ■分科会3(15:00~17:30(途中休憩挟む)) 協賛:野村グループ
> 「次世代を担う子どもたちのために社会的企業家ができること
>  ~ソーシャルアントレプレナーシップを持った人材を育てる!(仮題)」
>  次世代を担う子供たちが地域・社会の抱える様々な課題に立ち向かいながら
>  生きていくために必要な力“ソーシャルアントレプレナーシップ”について、教
> 育の実践者と
>  議論していきます。
> ・横須賀剛順氏(野村ホールディングス株式会社コーポレートシティズンシップ推
> 進室)
>
> ・(登壇調整中)
> ・コーディネーター:松倉由紀氏((株)ソシオエンジン・アソシエイツ)
>
> ■分科会4(15:00~17:30(途中休憩挟む))
> 「技術革新とソーシャルビジネス(仮題)」
>  社会的課題を解決するために企業が行ったソーシャルプロダクツの開発。
>  本分科会では複数の技術者をお招きしてソーシャルプロダクツの誕生秘話を紹介
> し、
>
>  技術者の熱意に触れプロセスのメソッド化を試みます。
> ・(登壇依頼中)
>
> <9/5(土)ソーシャル・アントレプレナーDAY>
> ■特別講演(10:00~11:00)
> 「“Person to Person”(個人の力を活かす)新たな社会的金融の仕組み
>   ~たくさんの「25ドル」を集めて途上国の貧困に挑むKIVAの取り組み~」
>  マイクロファイナンシング(小口金融)オンラインシステムを世界で初めて実現
> した若き
>  アントレプレナー。
>  多くの個人融資者の参画を得ているKIVAの仕組みを紹介頂き、本取り組みが持つ
>
>  社会的・経済的インパクトや今後の可能性についてもお話頂きます。
> ・Matt Flannery氏 (KIVA設立者兼代表)
>
> ■分科会5(12:30~15:00(途中休憩挟む))
> 「いま日本全国で活躍する、気鋭のソーシャル・アントレプレナー達が語る!
> ~「社会を変える仕事」の渦中からの示唆~(仮題)」
>  NPO法人ETIC.が様々なプログラムを通して育成・支援してきた
>  ソーシャル・アントレプレナーを招き、トークセッションを行います。
> ・(登壇依頼中)
> ・コーディネーター:宮城治男氏(NPO法人ETIC.代表理事)
>
> ■分科会6(12:30~15:00(途中休憩挟む))
> 「社会的企業、行政、市民によるまちづくり~野洲市における展開~(仮題)」
>  多様なプレーヤーにより、地域におけるソーシャルビジネスを面的に展開してい
> る
>  秀逸事例を取り上げ、地域におけるソーシャルビジネス促進のヒントを探ります
> 。
> ・遠藤由隆氏(野洲市職員/NPO法人エコロカル ヤス ドットコム)
> ・南次雄氏(南農園経営)
> ・辻村美喜子氏(すまいる市野洲駅前店責任者)
> ・立入誠悟氏(読売新聞販売店店長/野洲青年会議所理事長)
> ・コーディネーター:大室悦賀氏(京都産業大学経営学部准教授)
>
> ■分科会7(12:30~15:00(途中休憩挟む))
> 「企業は生物多様性にどう関わるのか、業種による取り組み展開を考える(仮題)
> 」
>  来年2010年、生物多様性条約第10回目締約国会議(COP10)が開催されるにあた
> り、
>
>  企業がどう持続的に生物多様性課題に対応していきうるか考えます。
> ・(登壇依頼中)
> ・コーディネーター:中川芳江氏(SIJ理事/株式会社 ネイチャースケープ 専務取
> 締役)
>
>
> ■分科会8(12:30~15:00(途中休憩挟む))
> 「全国各地の農業ビジネスの取り組みと推進施策(仮題)」
>  農業ビジネスを継続的に展開うるためにはどうすればよいのか。
>  “革新的”な取り組みをスタディしながら、求められる推進施策やしくみは何か
> を考えます。
> ・宮治勇輔氏(株式会社みやじ豚代表取締役社長)
> ・木村修氏(農事組合法人伊賀の里モクモク手作りファーム社長理事)
> ・(ほか登壇依頼中)
> ・コーディネーター:(登壇依頼中)
>
> ■分科会9(12:30~15:00(途中休憩挟む))
> 「ソーシャルビジネス実践者向けスクール(仮題)」
>  アントレプレナー/イントラプレナーとしてソーシャル・ビジネスを始められた
> 方々、
>
>  またはこれから取り組む準備を進めている方々を対象にした実践型スクールです
> 。
> ・講師:国保祥子氏/慶應ビジネススクール博士課程・特別研究助教
> ・コーディネーター:坂本文武氏(SIJ理事/ウィタンアソシエイツ(株)取締役シ
> ニアコンサルタント)
> ・(ほか登壇依頼中)
>
> ■参加者の皆様とのトークセッション(15:30~16:30)
> 「社会を変えていく“仕組み”のチカラ(仮題)」
>  「特別講演」に登壇したKIVA代表Flannery氏と会場の皆様とのディスカッション
> の場です。
>  「現地からの順調な返済の秘訣は?」「パートナー開拓はどうやって進めている
> のか?」などなど、
>  直接議論できる貴重な機会です!
> ・Matt Flannery氏 (KIVA設立者兼代表)
> ・ファシリテーター:谷本寛治氏(SIJ代表理事/一橋大学大学院商学研究科教授)
>
>
> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>
> お問い合わせ先:
> 特定非営利活動法人ソーシャル・イノベーション・ジャパン事務局
>   ・申込/ギャザリング全体に係るお問い合わせ:飯石・今泉
>   ・KIVA代表Matt Flannery氏に係るお問合せ/取材申し込み:齊藤
>  〒107-0062東京都港区南青山1-20-15Rock1st3F
>  TEL03-6820-6300 FAX03-5775-7671
>  メールinfo@socialinnovationjapan.org
>
> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>
>
> 【特定非営利活動法人ソーシャル・イノベーション・ジャパンについて】
> 社会的企業家によるソーシャルビジネスの育成・支援およびネットワーク化により
> 、
> ソーシャル・イノベーションを促進することを目的としたNPO法人。
> 所在地:〒107-0062 東京都港区南青山1-20-15 ROCK1st3F
> 代表理事:谷本 寛治(一橋大学大学院 商学研究科 教授)
> 活動内容:社会的企業の支援と社会的事業の育成/社会的に責任のある企業組織づ
> くりへの支援
> URL:http://www.socialinnovationjapan.org/
>
> 【ソーシャル&エコ・ビジネス総合情報サイト『Social Ecoo(ソーシャル エコー
> )』について】
> ソーシャル&エコ・ビジネスに取組む社会的企業やソーシャル・アントレプレナー
> の
> 事業を促進するための総合情報サイト。
> 社会的企業やソーシャル・アントレプレナーの全国規模のデータベースを日本で初
> めて構築している。
> 「専門家に相談!」コーナーでは、サイト閲覧者が投稿した相談に専門家が答える
> 。
> 相談内容とそれに対する回答が閲覧できる。
> また10月まで、「特集~働くことは生きること」キャンペーンとして、
> 経済価値だけに捉われない本当の意味での豊かさを実現するソーシャルビジネスの
>
> 先駆者インタビューを掲載している。
> URL:http://www.socialecoo.jp/

『菜夏cafe』 2日間限定のオーガニックカフェが下北にオープン!

☆==========☆
 ~カラダと地球がうれしいごちそう~ 
 『菜夏cafe』 2日間限定のオーガニックカフェが下北にオープン!
http://blog.livedoor.jp/natsu_cafe/
☆==========☆
 夏野菜をたっぷり味わえるオーガニックカフェが下北沢に2日間限定オープン!
 ただおいしいだけでなく、体にも心にも、そして地球にもやさしい……
 そんな “ホンモノのごちそう” をより多くの人たちと共有したい!という
 想いのもとに集まったメンバーが、小さな手作りカフェにチャレンジすることになりました。愛情を込めて育てられた野菜のハーモニーを味わいながら、私達と一緒に“食”から“地球”を感じてみませんか?

 *「食」「農」をテーマとしたワークショップや座談会(自由参加)も同時開催!

━━━━━━━━━━━━
■ 開催日時
━━━━━━━━━━━━
◎7月25日(土) 14:00~21:30  (ラストオーダー 20:30)
◎7月26日(日) 11:30~17:00  (ラストオーダー 16:00)

━━━━━━━━━━━━
■ 開催場所
━━━━━━━━━━━━
「コミュニティカフェぶりっじ」
 京王井の頭線・小田急線下北沢駅北口から徒歩5分
 

━━━━━━━━━━━━
■ メニュー
━━━━━━━━━━━━
◎ランチセット 1,000円~
◎デザート 400円~
◎ドリンク 350円~
*昼はお得なセットメニューがおすすめ♪
*夜は300円~アラカルトが充実♪

━━━━━━━━━━━━
■ イベントスペースでの企画(※参加費無料、予約不要。)
━━━━━━━━━━━━
≪1日目:7月25日(土)≫
14:30~15:30 素敵なオーガニックライフ♪ 
阪本 考司(むすび農園・カフェスタッフ)

16:00~17:00 ハッケン!食生活の裏側
ひろ&なつ(カフェスタッフ)

17:30~18:30 菜夏カフェのやさいアルバム
<スライドショー>

19:00~20:00 これから世界はどうなるのか?
とんきぃ(カフェスタッフ)

20:10~ 菜夏カフェのやさいアルバム

≪2日目:7月26日(日)≫
11:30~12:30 エコでピースな菜食スタイル 
阪本 考司(むすび農園・カフェスタッフ)

13:00~14:00 私たちと世界のつながり ~コーヒーから見えてくること~
  諸英樹(『New Internationalist Japan』 編集長)

14:30~15:30 農的暮らしのススメ 
阪本瑞恵(むすび農園・カフェスタッフ)

16:00~17:00 菜夏カフェのやさいアルバム
<スライドショー>

━━━━━━━━━━━━
■ ブログ
━━━━━━━━━━━━
詳細はブログ 「“菜夏カフェ”プロジェクト進行中!」 でチェック!
ワークショップスケジュール等、随時更新中。
http://blog.livedoor.jp/natsu_cafe/

☆菜夏cafeでは、マイ箸の持参を大歓迎しています。
━━━━━━━━━━━━
【主催】 「菜夏カフェプロジェクト」
連絡先: nanatsucafe@gmail.com

ウイングル代表取締役CEO佐藤祟弘氏講演会!

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆緊急開催決定!!今、仙台を揺るがす、あの社会起業家に会える!
ウイングル代表取締役CEO佐藤祟弘氏講演会!
~学生起業家から田中康夫長野県知事の右腕へ、そして社会起業家へ!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

◆ゲストスピーカー
佐藤祟弘氏(ウイングル代表取締役CEO)

◆日時
7月9日(木) 19:00~21:00

◆お申込はこちら>>
http://spreadsheets.google.com/viewform?formkey=cjh1aWg1RmNVMXRvX2RsbGpEMFFhTlE6MA..

……………………………………………………………………………………

佐藤祟弘氏という名前を聞いた事があるだろうか!?

まずはこちらのインタビュー記事をお読みください。
>http://www.dreamgate.gr.jp/feature/inteview/bestlife/85/index.html)

年齢若干29歳。
社会を変える社会起業家。


学生時代に行政評価関連の会社や高齢者向け福祉施設を経営。
田中康夫長野県知事時代には23歳で課長級職員に採用、斬新な仕事ぶりが評価され24歳で県庁部長級職員に抜擢!(どちらも史上最年少!)
現在ウイングル社長として創業4年目にして数億円規模のベンチャーに急成長!!
障がい者福祉や高齢者福祉といった行政や営利企業がやろうとしないことを革新的な事業モデルとして解決!

どうしたらこんな常識では考えられない事が達成出来るのか!?
佐藤は頭の中に何を考えているのか!?
これからの企業、行政、市民の在り方とは!?

あまり人前に出ては語らない佐藤社長、
ご多忙の中仙台からお越しいただき、存分に語っていただきます!
後半には講演者を交えての交流会のお時間を十分にご用意しております。

--------------------------------------------------------------------
【開催概要】
◆日時:7月9日(木) 19:00~21:00
◆会場:都内某所(参加申込者のみ追ってご案内させていただきます。)

◆対象:ベンチャー企業経営者、社会起業家。または講演者に興味のある一般社会人・学生
◆定員:50名
◆参加費:500円

◆お申込み・お問合せ:

こちらのフォームよりお申込みください>>
http://spreadsheets.google.com/viewform?formkey=cjh1aWg1RmNVMXRvX2RsbGpEMFFhTlE6MA..

定員になり次第締切とさせていただきます。
万が一、フォームが正しく表示されない場合はお手数ですが、igaken.net@gmail.com(講演会事務局)まで直接お問合せください。

--------------------------------------------------------------------
◆講演者経歴
佐藤崇弘(さとうたかひろ)
1980年、福島県生まれ。県立宮城大学事業構想学部卒。

知的障害者施設「ふれあい福祉会」設立、代表に就任。
NPO法人総合研究所設立、理事長に就任、宮城県に提案し採用された福祉施設の第三者評価事業を実施。
有限会社ライフサポート 設立、代表取締役に就任。
有限会社宮城福祉総合研究所設立、代表取締役に就任。

2004年9月、田中康夫知事の下、長野県コモンズ福祉課福祉幹(課長級)に就任(史上最年少)
2005年4月、長野県社会参事(部長級)兼コモンズ福祉課長(史上最年少)
2005年9月、長野県社会参事兼コモンズ福祉課長辞任。

2005年12月、株式会社イデアルキャリア(現
株式会社ウイングル)設立、代表取締役に就任。障がい者に就労機会を提供する支援業を展開、福祉分野での社会起業家として注目を集める。

宣伝会議「コミュニケーション・クリエイティブフォーラム」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広告費は減っても、成果は求められている。
こんな時代だからこそ、質の高いクリエイティブが必要です。

宣伝会議「コミュニケーション・クリエイティブフォーラム」
展示会のご招待【7月15日(水)】

http://news.sendenkaigi.com/c/ah3yaa1C6BkY6Qab

日時 :2009年7月15日(水)10:00-18:00
会場 :六本木泉ガーデンギャラリー(六本木一丁目)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

宣伝会議では、「コミュニケーション・クリエイティブフォーラム2009」を
7/15(水)に開催し、クリエイティブの力で成功した企業の事例や戦略などを
紹介し、今、活用できる知識と情報をご提供します。
また、広告・SP制作会社、映像制作会社、Web制作会社など、
クリエイティブのパートナーとなり得る企業の出展ブースを多数、ご用意。
こんな時代だからこそ、質の高いクリエイティブが必要です。
ご多忙の折りかと存じますが、なにとぞご参加いただけますよう、
よろしくお願い申し上げます。                 

<<開催概要>>

■日時 :2009年7月15日(水)10:00-18:00
■会場 :六本木泉ガーデンギャラリー(地下鉄南北線 六本木一丁目駅直結)
■お申し込み:無料・事前登録制 下記Webサイトよりお申し込みください。 
       http://news.sendenkaigi.com/c/ah3yaa1C6BkY6Qab
■協力メディア:月刊「ブレーン」
■主催:株式会社宣伝会議

<<展示会のご案内>>

広告制作、映像・CM制作、販促ツール、広報ツール
Web制作、スペースデザイン、イベント、 
パッケージ、CI・VI、印刷など、多彩なクリエイティブ支援企業
30数社による展示・プレゼンテーションを終日、ご用意しています。  

詳しくは、こちらをご参照ください。
http://news.sendenkaigi.com/c/ah3yaa1C6BkY6Qac

□出展企業

白組/コニカミノルタビジネスソリューションズ/コンテンツ/スタジオ玄
フラッグ/ミディア/アイワード/アクア/アジケ
アド・エンジニアーズ・オブ・トーキョー/イエローツーファクトリー
ヴィジブレックス/エージー/エスアンドシー/エンジングループ/オンド
カナバングラフィックス/クリエイティブコミュニケイションズレマン/G
セップ/武士デザイン事務所/ツインズ/DGN/ティー・ツー・クリエイティブ
デザインプール/パラドックス・クリエイティブ/ビーワークス
ファンワークス/マックグラフィックアーツ/モードツー/UPR/ユニコン・アド
Rooftop/レクシスクリエイティブ/レマン/ワールドカラー

出展企業のご紹介は、月刊「ブレーン」7月号、8月号でご紹介しております。
また、新たに、有限会社G、株式会社ツインズの出展が決定しております。
詳しくは、こちらをご参照ください。
http://news.sendenkaigi.com/c/ah3yaa1C6BkY6Qac

  
<<来場お申込サイト>>
http://news.sendenkaigi.com/c/ah3yaa1C6BkY6Qab

皆様のご来場を心よりお待ちしています。

第4回「GliPub@根津-世界の社会起業家シリーズ」

   ******** GLI x empublic 共同企画********
   第4回「GliPub@根津-世界の社会起業家シリーズ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    patagonia ~ ビジネスと環境保護が一体となる経営
―――――――――――――――――――――――――――――
2009年7月31日(金) 19:00~22:00 @エンパブリック根津スタジオ

    http://www.glinet.org/standard.asp?id=8079
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日頃オンラインのつながりであるGLIネットワーカーや、社会起業家に関心のある個人がリアルに集まり、フランクに、世界の社会起業家の現状とこれからの役割、日本と海外のネットワークのあり方について話し合える場としてスタートしたGliPub@根津、第4回目のゲストは、パタゴニア日本支社環境担当の篠健司さん、中西悦子さんです。

patagonia のホームページを見てください。グローバル・メニューには商品案内の「ギア&ウェア」と「環境保護への行動」の2項目のみ。それが、端的にpatagoniaにおいては、ビジネスと環境保護は一体なんだと語っていると言えましょう。

patagoniaのミッションは
「最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える。そして、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」

クライマーとサーファーが集まってスタートしたシンプルさと実用性に徹したデザインを追求しているウェアとギアは、できる限りリサイクル・ポリエステルを使用したり、オーガニックコットンのみを使用するなど、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑えています。さらに、フットプリントクロニクルという製品がデザインから納品までに経たすべての道のりの記録をとり、環境負荷の分析を行っているのです。

創業者イヴォン・シュイナードの著書名「社員をサーファーに行かせよう」にあるように、社員一人ひとりが自然と一体となる体験を大切にし、環境保護の運動にも積極的に参加。さらに、米国内外で草の根環境保護活動をおこなう何百もの団体に毎年売上の1%以上の寄付を行っています。さらに、「ツール会議」という草の根活動のキャパシティ・ビルディングのワークショップも開催。これらの動きは、日本支社でも同様に展開しています。

会では、篠さん、中西さんから、patagoniaの事業と環境保護の活動の紹介に加え、日本国内外での草の根活動支援の方法とビジョンについてご説明いただきます。

プレゼン後は、empublic代表の広石拓司さんのコメントや参加者の意見交換も交え、気楽な雰囲気でミニ交流会を行います。
18時~、GLIボランティアの説明タイムとしていますので、GLIの翻訳・企画ボランティアに興味のある方は是非早めにおいでください。

・・・・・開催要領・・・・・

□タイム・テーブル
 18:00-19:00 GLIボランティア説明タイム(個別)
 19:00-20:00 patagonia 日本支社 篠さん、中西さんより説明
 20:00-20:30 Q&A
 20:30-22:00 ミニ交流会 お茶菓子付

□日 時 :2009年7月31日(金) 19:00~22:00
□場 所 :エンパブリック根津スタジオ
     (千代田線「根津」駅下車1番出口徒歩1分) 
     http://nez-studio.jp/access/
□定 員: 20名
□会 費: 2,000円(交流会費を含む:GLIボランティアは500円)
□申込み: お名前と所属を明記の上、以下のアドレスにお申し込みください。
      定員になり次第、申し込み受付を終了し、GLIサイトにて告知します。

      gli_uketsuke@yahoo.co.jp

・・・・・参考情報・・・・・
■patagonia社 ウェブサイト
http://www.patagonia.com/japan

■これまでのGliPub
 第1回
 ゲスト:SIP‐Arvin Panwarさん、手がたり‐田辺大さん
 http://www.glinet.org/standard.asp?id=7845
 第2回
 ゲスト:スワンベーカリー 海津歩さん
 http://www.glinet.org/standard.asp?id=8026
第3回
 ゲスト:NHK番組「チェンジメーカー」
     プロデューサー麻生歩さん・ディレクター藤山知己さん 

■エンパブリック根津スタジオでは、場づくり講座を開催中!
 http://nez-studio.jp/syoka09.html

「きょうからあなたもメディアアクティビスト」一日講座のデジカメバージョン

「きょうからあなたもメディアアクティビスト」一日講座のデジカメバージョンともいうべき
講座が7/19にMediRで行われます。以下、講師の長倉さんの呼びかけと安田幸弘さんの文章(抜粋)を紹介します。
一日でフリーソフト(GIMP)を使いこなせるようになるのが、ポイントです。

------------------------------------------------

長倉徳生です。

以下のような内容で、デジカメ教室を行うこととなりました。
今回は撮影だけでなく、写真の加工も取り組みます。
デジカメを使っているけれども。
どうもこんなはずじゃなかったという失敗の多い方、
撮った写真をもう少し見栄えのいいものにしたいという方、
ご要望にお応えできると思います。
関心とお時間のある方、ぜひご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・
★デジタル写真を自由に楽しもう
撮影から写真加工ソフト「GIMP(フリーソフト)」の使い方まで

 高いお金を払って買ったデジタルカメラ、使いこなせています
か。また、撮った写真をもう少し明るくしたい、余分な部分をカッ
トしたいなどと感じることはありませんか。
 講座では失敗を防ぐための撮影方法、フリーソフト(GIMP)を使った写真
の加工などを学びます。

●7月18日(土)午後1時~5時半

場所:市民メディアセンターMediR(東京・高田馬場)
  地図↓
 http://vpress.la.coocan.jp/medir-map.html

内容

・写真撮影の基礎
ピンボケ、ブレ写真をなくすカメラの操作方法、写真の明るさを
「露出補正」を使ってあやつる、適切なストロボの使い方、など。

・撮影実習
基礎で学んだことを実際に自分のカメラで試してみましょう。

・写真の保存、加工
実習で撮った写真をパソコンに保存、不要な部分のカット(トリミ
ング)、明るさの調整、色の補正などを行います。

・印刷およびネットアップ
加工した写真をどうすればきれいに印刷できるか、また、ホーム
ページ、ブログへの写真のアップを学びます。

講師:長倉徳生(フリーカメラマン・湘南工科大学非常勤講師)、
安田幸弘(レイバーネット)

・受講料: 2000円(MediR会員1500円) 
・定員 : 15名(先着順)

申し込みはメールまたはFAXで↓
course@medir.jp
fax:03-3205-2595

市民メディアセンターMediR
169-0075 東京都新宿区高田馬場2-7-11コーポ高田101

-------安田幸弘さんのコラム-----------------------------------------

★自由なGIMPでデジカメを100倍に使う

GIMPという自由ソフトウェアがある。とても便利な画像編集ソフトで、これ一本あればグラフィックスのたいていの操作ができる。
似たようなソフトで、Adobe社のPhotoshopという製品があるのだが、1本10万円ぐらいする。とても買えたもんじゃない。しかしGIMPな
ら事実上、無料でPhotoshopと同じように写真やグラフィックの編集ができる。

GIMPを使うと、「失敗だぁ」と諦めていたような写真も何とか救える。オリジナルの写真は、「こりゃダメだ」という感じだったけれど、修正すれば
Webに掲載するような用途には十分使える写真になっている。

余計なものが写り込んでしまった写真を適当に修正したり、ロゴを作ったり、モノクロやセピアの写真にしてみたり、だいたい写真やグラフィックで「こんな
ことしたい」ということはたいていできる。

GIMPが使えるようになるまでは、こうした写真の修正は高価なPhotoshopを使っていたのだが、GIMPがあればもうPhotoshopはいら
ない。
GIMPとPhotoshopの機能や性能の違いは、プロにはわかるのかもしれないが、ぼくにはわからない。少なくともぼくのようなグラフィックの素人
が必要とする機能はすべて揃っている…というか、とても素人には使いきれないぐらいだ。

「GIMPがいいのは分かった。でもこれだけ高機能のソフトをどこから使い始めればいいんだかわからない」だって?

7/18にMediRでデジカメ写真講座をやります。ここではプロのカメラマンがデジカメの上手な撮り方を教えてくれて、その後、GIMPを使った写真
の編集なんかも教えちゃいます。ぜひご参加を。

↓安田さんのコラムの全文(写真の修正実例がご覧になれます)
 http://medir.jp/node/376 

夏のパーマカルチャー・デザインコース

パーマカルチャー・センター・ジャパンの看板講座
「夏のパーマカルチャー・デザインコース」が今年も開催されます。

パーマカルチャーや持続可能な循環型の生活に興味がある方
実習コースを受講して次はデザインコースを受講しようと考えている方
パーマカルチャーデザイナーを目指している方
今年の夏は新しい暮らし方にシフトするきっかけを掴みたい!という方がいらっしゃいましたら是非!

そもそもパーマカルチャーって何?という方はこんなHPへ
http://www.thinktheearth.net/jp/thinkdaily/report/rpt_05.html

2週間の古民家合宿、そこでの出会いや
美味しい手作りごはん、近くの温泉も楽しみつつの講座です。

「2週間もお休みがとれないかも」という方も
1週間づつ2年に分けて受講することもできますのでお問い合わせください。
(来年1月に沖縄で開催予定のデザインコース集中講座と分けての
 受講も検討中です)

以下詳細です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎概要
●主催 NPO法人 パーマカルチャー・センター・ジャパン
●開催期間 2009年8月15日(土)~8月28日(金) (13泊14日)
●開催場所 パーマカルチャー・センター・ジャパン(神奈川県藤野町)
●定員18名(募集締切 2009年7月31日まで)
●受講料 一般:16万円 PCCJ会員:15万円 学生:12万円
  ※受講料には受講料、宿泊費、食費が含まれます。
  ※会員(入会金5千円、年会費5千円)には季刊のニュースレターをお届けします。
◎講師
・設楽清和
 (日頃の実践を通じて学んだことからパーマカルチャーを発展させ、持続可能で、
 全ての人が平等で幸福な生活を営むことが出来る社会づくりを目指している。)
・山田貴宏
 (一級建築士 地産地消・自然素材の家づくり、セルフビルド、都市環境計画等)
・四井真治
 (土壌分析・土壌管理コンサルタント そいるデザイン)
 他

◎プログラム(予定-講師の都合などにより変更することがあります)
8月15日(土) ・オリエンテーション
・講義「パーマカルチャーの基本」:パーマカルチャーの基礎 ・デザイン思考
8月16日(日) ・講義「パーマカルチャーの倫理」
・講義「デザインの方法とプロセス」
・実習「文脈のあるデザイン」
8月17日(月) ・講義「パーマカルチャーのの原則1」:循環性と多様性
           ・実習「ヴィジョン作り」、PCの事例研究
8月18日(火) ・講義「パーマカルチャーの原則2」:多重性・合理性
           ・講義「自然を読み取る基本 土壌」
           ・実習「土壌調査」
8月19日(水) ・講義「森の役割と森づくり」
           ・実習「森の観察」
8月20日(木) ・講義「空間とシステムのデザイン1?住空間」
           ・実習「図面の描き方1」
8月21日(金)   ・講義「空間とシステムのデザイン2-水とエネルギー」
           ・実習「図面の描き方2」
8月22日(土)   ・視察 富士エコパークとPICA
8月23日(日) ・レクリエーションディ
8月24日(月) ・講義「ランドスケープデザイン」
8月25日(火) ・講義「コミュニティのデザイン」
           ・実習「コンセンサス作り」
8月26日(水) ・プロジェクトデザイン:コンセプトデザイン
・システムデザイン・ストラテジーデザイン
8月27日(木) ・プロジェクトデザイン:デザインの仕上げ
8月28日(金) ・デザインの発表、コースの講評、修了式、植樹

申し込み方法等はHPを御覧ください。
http://www.pccj.net/index.html

~・~受講料の割引について~・~
 ・7月25日(土)までに申し込まれた方は1万円割引になります。
 ・実習コース卒業生の方は1万円の割引(一般および正会員のみ)になります。
 *上記2つに当てはまる方は2万円割引になります。
~・~~・~~・~~・~~・~~・~

『いのち育む環境まちづくり全国サミット』

7/17(金)【エコジャパンカップオープンイベント】
『いのち育む環境まちづくり全国サミット』[定員100人]

参加費:2000円

いのち育む環をつなぎ、本来農業への思いにつなぐ市民、事業者、地域、全国、そして世界との交流の環を広げるため!
持続可能な社会の実現に向けて、“エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト”『eco japan cup』、地域環境活動を育てる元気大賞の受賞者と、「いのち育むまちづくり」の環をつなげましょう!


『いのち育む環境まちづくり全国サミット予約はこちら』 
■13:00~ 銀座いのち育むまちづくりエコツアー
銀座のミツバチ ~ 屋上田んぼ(白鶴酒造)~ 屋上農園(銀座ブロッサム)

『いのち育む環境まちづくり全国サミット予約はこちら』 
■15:30~ 全国の地域環境活動発表会 
元気大賞受賞団体と銀座の交流<いのちのまちづくり>
「銀座ミツバチPJ」(東京)
「中標津農業高校」(北海道)
「リーバークリーン・エコ炭銀行」(兵庫)
「とかちの・・・」(東京/十勝)
「栃木県茂木町」(栃木)
「あだたら環境農業研究会」(福島)

『いのち育む環境まちづくり全国サミット予約はこちら』 
■17:30~ 『eco japan cup』受賞団体発表会<環境ビジネス地域活性化>
「ピースウエイブ」(鹿児島)
「ソロモンの指標~Remind Me」(東京)
「カーボン・オフ・パスポート」(東京)

『全国サミット交流会予約はこちら』 
■19:00~ 交流会  【参加費:4,000円】
エコミュージックミニコンサート予定(CHIKYU RECORDS)


7/18(土) ファーム・エイド銀座2009 
『いのちでつながるおいしい生活』
◎銀座の屋上でのミツバチ見学会 A10:00~ B10:45~ C11:30~ 
                参加費:1000円 ハチミツ50gお土産付き
◎Ginza プチ・マルシェ 
環境保全型農産物を中心に各地の美味しい物セレクト市場 (10:00~17:00)

◎農業環境フォーラム [定員200人]参加費:3000円
人と自然とが共生する世界を実現する為に、生物の多様性と有機農業を志す仲間が集
まり、“本来の農業”とは何か?“いのちをつたえる”とはどういうことか?とこと
ん討論し、力をあわせて日本を立て直す作戦会議です!

「難民鎖国」日本

6月20日は2000年の国連総会で決定された「世界難民の日」です。
世界中で難民に関するイベントが行われています。
日本の難民についての知っていただきたく集会を行いますので、ぜひご協力をお願いいたします。

****難民にもやさしい国に!!*********

昨年(2008年)日本の難民申請者は始めて1000人を超え、1599人が日本に庇護を求めました。政情不安で人権侵害の横行する世界各国から難民が来ています。ビルマ・トルコ(クルド)・スリランカ・アフリカ各国・・・しかし、厳格な難民認定制度の下、難民認定された人はわずか57名。「難民鎖国」は続いています。
彼らの多くは保護される国がなく「存在しない人」としてこの日本でひっそりと暮らしています。加えてこの不況の中、大変苦しい生活を強いられています。

最新情報はweb(http://rafiq.jp/wrd/)をご覧ください。

● わたしたちの提言

1.独立した難民審査機関を設置させよう
2.強制送還・難民調査のインタビューのテープ録画を義務づけよう
3.難民調査官、裁判官に難民支援の実務研修を義務づけ、専門性を高めて  4.欠陥だらけの現行制度で不認定とされた全難民申請者に在留資格を
5.難民申請者にシェルターや就労権を与え、生存できる環境を整備しよう

●各会場とプログラム

【東京集会】
2009年7月5日(日) 
14:00~17:00
ニコラ・バレ 9F
千代田区六番町14-4
JR四ツ谷駅 麹町口前(歩1分)
地下鉄南北線/丸の内線 四ツ谷駅(歩3分)
参加費:1000円(学生500円)

プログラム
・基調講演「日本の難民問題 現状と課題」
渡邉彰悟氏(弁護士・全国難民弁護団連絡会議事務局長 )
土井香苗氏(弁護士・国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ東京ディレクター)
・ワークショップ:グループ別ディスカッション
「生きるって何?日本で暮らす難民と考える」

●賛同をお願いします。

賛同のお願い http://rafiq.jp/wrd/sandou.html
賛同用紙 http://rafiq.jp/wrd/sryou/sandouyousi.pdf

賛同金はこちらへ

郵便振替
口座番号:00980-4-281607
加入者名:世界難民の日実行委員会
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
在日難民との共生ネットワーク RAFIQ
ホームページ:?http://rafiq.jp
お問い合わせ:FAX:072-684-0231
rafiqtomodati@yahoo.co.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
-----------

NPOマネジメント支援コンサルタント養成 入門講座

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    NPOマネジメント支援コンサルタント養成 入門講座
   =NPOの組織診断の方法論をe-ラーニングと実習で学ぶ=
              第1次募集開始!!
   主催:パブリックリソースセンター 協力:パナソニック株式会社
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

今、NPOでは、継続的に事業を遂行し、効果的な社会サービスを供給するための
マネジメント能力の強化が求められています。
NPOの組織診断、マネジメント支援専門家として、社会創造の担い手となる
「NPOマネジメント支援コンサルタント」を目指しませんか?
昨年もおかげさまでご好評頂き、定員を上回るご応募を頂きました。
今年度はさらに内容を充実させた講座内容となっています。
NPOキャパシティビルディングへの貢献活動の第一歩として、ぜひ本講座をご活用ください。


■■ 講座概要 ■■

本講座は、基礎編と実践編の2部構成となっています。

○基礎編:通信講座
書籍「NPO実践マネジメント入門」をテキストとし、科目別の2種類の課題に取り組み、
NPOマネジメント全般の知識を身に付けます。インターネットを介したeラーニングシステムで学習します。
任意選択した4科目について課題提出が必須。
<カリキュラム(予定)>
ミッション・ベースト・マネジメント、ガバナンス、中期計画、ファンドレイジング、人材開発、財務会計等を予定)

○実践編:教室学習と実習
オリエンテーション、ケーススタディによる組織診断の演習、ファシリテーション講座、


NPO/NGOでのヒアリングと組織診断の実習

※講座の詳細はこちら・・・
http://www.public.or.jp/products/lecture.html



■■ 2009年度応募要項 ■■

◆講座期間
○基礎編:8月1日~10月19日
○実践編:10月24日~12月5日

★☆ 講座開講にあたり『8月1日(土)14:00~17:00』に受講生を対象としたオリエンテーション(任意参加)も行います。★☆

◆費用
○全コース:5万円(基礎編、実践編全ての受講料、テキスト代、税込)
 ※テキストとなる書籍「NPO実践マネジメント入門」を事前にご購入頂いている場合には、2,500円値引きします。
 ※受講生を対象にした「パナソニック株式会社奨学金制度」(1人あたり1万円の補助)あり。

◆申し込み方法
所定申込書に記入の上、eメール( course@public.or.jp )に添付して送付。
申込用紙はこちらからダウンロードできます。
→ http://www.public.or.jp/products/lectureDetail.html

◆申込み締切
【第1次締切】「7月10日(金)」
【第2次締切】「7月21日(月)」(第1次募集で定員に達しなかった場合のみ)

◆選考について
送付頂いた申込書の内容に基づいて選考を行います。
選考結果は「7月28日」までに全ての方にメールにて結果をご連絡致します。

※2009年度応募要項の詳細はこちら・・・
http://www.public.or.jp/products/lectureDetail.html


【お申込み・お問い合わせ先】
特定非営利活動法人 パブリックリソースセンター事務局 担当:田島
○電話:03-5540-6256 FAX:03-5540-1030 eメール: course@public.or.jp
○ホームページ:http://www.public.or.jp
プロフィール

ぼ

Author:ぼ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。