FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の川と流域の自然について考えよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Water Planet 2009 みずのがっこう】

o○○o。..:*゜○..。o○○o。..:* ○。o○o。..

2009年夏、「みずのがっこう」始めました。
楽しい授業がいっぱい。みんな集まれ~!
http://www.thinktheearth.net/jp/waterplanet/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Think the Earthプロジェクトは、この夏、
水について考える学校「みずのがっこう」を開校中。


その授業のひとつとして、
八ッ場(やんば)ダムについて考えるトークショーを開催します。

政権交代を受け、今まさに揺れている群馬県八ッ場ダムの建設問題。

八ッ場あしたの会事務局長の渡辺洋子さんと
サステナ代表のマエキタミヤコさんにお話をお聞きします。


八ッ場ダムの建設問題は、首都圏に住む人みんなの生活用水に関わること。
今後の展望もふくめ、この授業で共に学びたいと思います。

ダムのこと、なんとなく気になっていたけど
実際には何が問題なんだろう、
そんな疑問を持っている方、お気軽にお越しください。


アウトドアメーカー「パタゴニア」のスピーカーシリーズとしても
実施する授業です。



授業名:日本の川と流域の自然について考えよう
http://www.thinktheearth.net/jp/waterplanet/timetbl/post-61.html


*先 生:渡辺洋子さん 八ツ場あしたの会 事務局長
    :マエキタミヤコさん 広告メディアクリエイティブ [サステナ] 代表
    :上田 壮一 Think the Earthプロジェクト プロデューサー

*日 時:2009年9月10日(木)20:30~22:00
*場 所:パタゴニア 渋谷ストア
(地図: http://www.patagonia.com/web/jp/patagonia.go?assetid=6565&intl= )
*参加費:なし
*申込方法:予約/問い合わせ パタゴニア 渋谷ストア TEL: 03-5469-2100

主催:Think the Earthプロジェクト
企画協力:パタゴニア日本支社


詳細はこちら↓
http://www.thinktheearth.net/jp/waterplanet/timetbl/post-61.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


Think the Earthプロジェクト
http://www.thinktheearth.net/jp/

Think the Earthプロジェクトへのお問い合わせ
waterplanet@thinktheearth.net

ブックパッカー・第18回 おうちに招かれて 第2弾「吉岡淳邸」

 ■ おうちに招かれて 第2弾「吉岡淳邸」
   ブックパッカー・第18回

  8月22日に、ブックパッカーを自宅に招いてくれた
  ストローベイルハウスの建築を手がけている大岩剛一さん。
  8月初旬、当日の打ち合わせをしていると、その場に
  ひょっこり現れたのが、カフェスローのオーナー
  吉岡淳さんでした。で、ひと言、こう仰りました。

  「え、いいなあ、うちにもおいでよー」

  というわけで、次回のブックパッカーは“お宅訪問第2弾”
  吉岡淳さんのお宅にお招きいただいての開催になりました。
  当日は、吉岡さんのパートナーで、モンテッソーリ教育の
  アドバイザー・深津高子んも参加を楽しみにしています。
  どんな集まりになるのか。どうぞお越しください。


  ◎日時:2009年9月13日(日)14:00~16:00
   *「15:00~17:00」から時間変更となりました。

  ◎場所:吉岡淳邸
   「国分寺駅南口の母子像」の前に14:40に集合、
   国分寺の穏やかな裏道を歩いて向かいます。

  ◎参加費:1,500円(おやつ&ドリンク付)
   *参加費は運営費・貸本店準備資金に充てます。
   *初参加の方には「特製ステッカー」を差し上げます。

  ◎もちもの:紹介したい、話したい本を1冊
        ブックパッカー用のメモノート

  ◎定員:8名(先着順)

  ◎申込方法:
  以下の事項をメールにてお送りください。
  お名前/連絡用メールアドレス(PC)/連絡用電話番号
  ご住所/ご年齢/性別/お仕事(差し支えのない範囲で)
  送付先:info@bookpacker.org

Connected Cafeプロローグ 「核兵器と原発 -過去と現在と未来をつなぐ」

◆Connected Cafeプロローグ 「核兵器と原発 -過去と現在と未来をつなぐ」

 残念ながら、日本は原発を推進しています(自民党も民主党も)。

でも、「それの何が問題?」というのは、よく知らない人がほとんどです。

実は原発によって労働者が被ばくしていたり、海も空も大地も放射能汚染されて
魚や野菜に濃縮されてしまったりしています。また、日本の廃棄物が英米で劣化
ウラン弾に加工され、イラクの子どもたちが今日も白血病で亡くなっていたりし
ます。さらに原発1基で琵琶湖5000個分をたった1年で7℃も上昇させるペ
ースで海水を温めているので、ちっとも温暖化対策になりません。

で、お金も権力も全然ない僕が、この大きな問題に対して何ができるんだろう?
と想った時に、

今すぐできることは「知ること」と、同じように関心を持った人と「つながるこ
と」だと気が付きました。

「知る」イベント=Connectedは、1年5回に分けて開催します。
「つながる」イベント=Connected Cafeは「カフェスロー」や「ポレポレ坐」で
は1年で10回くらい開催する予定です。

いのちをつなぐために、つながりましょう。
ぜひ、ご参加ください。

◆Connected Cafeプロローグ 「核兵器と原発 -過去と現在と未来をつなぐ」

日時:2009年9月1日 午後6時30分開場 午後7時スタート

会場:座・高円寺 第2ホール「座・高円寺2」  JR中央線「高円寺」駅 北口を
出て徒歩5分

主催:Connected Cafe事務局

後援:杉並区

協力:ヒロシマ・ナガサキを受け継ぐ会、「六ヶ所あしたの森」設立準備委員会、
「ミツバチの羽音と地球の回転」制作プロジェクト、「核兵器なくそう・世界青
年のつどい」準備委員会、SAY-Peace PROJECT、非電化工房、ナマケモノ倶楽部、
ピースボート、DAYS JAPAN、カフェスロー、Space&cafeポレポレ坐

出演:杉山五大(ヒロシマ・ナガサキを受け継ぐ会)、山本勇樹(「六ヶ所あし
たの森」設立準備委員会)、藤井佳子(「ミツバチの羽音と地球の回転」制作プ
ロジェクト)、前川史郎(「核兵器なくそう・世界青年のつどい」準備委員会)、
朝音幸(ミュージシャン)、他

チケット料金:一般 前売 \1,000・当日 \1,500 / 学生 前売・当日ともに \1,
000 / 高校生以下無料
定員:250名 *未就学児も入場できます(託児サービスはありません)

お問い合わせ先: Connected Cafe事務局 info◆connectedcafe.org (◆部
分は@が入ります) 

イベントの詳細はホームページをご覧ください。
http://www.connectedcafe.org/

東京ベジフードフェスタ2009

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お知らせ:『東京ベジフード2009』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●東京ベジフードフェスタ2009
http://www.tokyo-vegefest.com/


日時:10月17日(土)~18日(日) 10:
00~17:00
場所:代々木公園NHKホール前けやき並木

特徴:お食事を出す店舗は、植物性のオーガニック食材が
   大部分を占める食事を提供するお店!
   お子さんからお年寄り、外国人やアレルギーの方にも
   やさしいイベントです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

連続セミナー「人々の生物多様性」第1回:ラオスの森林と開発、そして生物多様性

■9月8日(火)■
連続セミナー「人々の生物多様性」
第1回:ラオスの森林と開発、そして生物多様性
------------------------------------------------------------------------
★JVCはラオスにて93年から森林保全の活動を行っています。森を巡る問題には、
村人のみならず、日本社会や国際社会も様々な形で関わっています。現地の活動
を行う中で見えてきた問題について、特に今年は「生物多様性」をテーマに、他
NGOとともに連続セミナーを開催し、第1回目として報告します。

 2010年のCOP10開催に向け、生物多様性の議論がかつてなく高まってきていま
す。「生物多様性の保全とその持続可能な利用」を考えるに当たっては、自然か
らの恵みを長年上手に利用してきた地元の人々のくらしへの理解が欠かせません。
一方で、押し寄せる開発の波の中で、こうした自然と人との関係は急激な変化を
強いられています。この連続セミナーでは、とりわけ発展途上国の農漁村、山村
部における人々と生物多様性、そして開発の現状をとりあげます。

 第1回は、ラオスにおいて失われゆく生物多様性と地元コミュニティに関して、
長年ラオスにおいて住民に森林管理をする権利を移譲するプロジェクトにかかわっ
てきた日本国際ボランティアセンターのグレン・ハントさん、およびラオスの森
林と人々の関係の変遷について、地球環境戦略研究機関の百村帝彦さんにお話し
を頂きます。(主催者広報より)

【内容(予定)】
「失われる生物多様性と地元コミュニティ~森林開発の現場から」
    グレン・ハント(日本国際ボランティアセンター)
「森が人から遠くなる?~ラオスの森林の社会的側面」
    百村 帝彦 (地球環境戦略研究機関)

【日時】2009年9月8日(火)14:00~16:30
【会場】地球環境パートナーシップ・オフィス(エポ会議室)
【住所】東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F
【地図】http://www.geic.or.jp/geic/intro/access.html#epo
【アクセス】表参道駅から徒歩5分
【参加費】 1,000円(主催団体・協力団体の会員は無料)
【主催】 FoE Japan、地球・人間環境フォーラム、メコン・ウォッチ
【お申し込み】
ウェブサイトからお申し込みください
http://www.gef.or.jp/form/index.htm
【お問合せ】
日本国際ボランティアセンター(JVC)
TEL:03-3834-2388 chihok@ngo-jvc.net(担当:川合)

グリーン度自動診断サイト

ドイツ緑の党による「あなたはどれだけグリーンですか?」という、

有権者個人のグリーン度を自動診断するサイトが話題を呼んでいる。



下記の20項目の問いに、それぞれ「はい」「いいえ」「わからない」のいずれかに
印をつけるもの。

自分の回答結果に対する総合評定は、グリーン度「●●%」という形で、最後に表示
される。

あなたも挑戦してみてはいかが?



スタートページはこちら:


1>
http://www.gruene.de/index.php?id=143&no_cache=1&tx_ttnews%5Btt_news%5D=1221





【質問文】



問1:原発の稼働期間を延長すべきだと思いますか?



問2:インターネットサイトの制限は、ネット上の子ども向けのポルノグラフィーを
規制する有効な手段だと思いますか?



問3:失業者もしくは(たとえば年金あるいは就労所得に対する)水準以下の低所得
者に対して第2種失業手当が適用されることになっています。

この手当にある、月額359ユーロ(約4.9万円)プラス家賃代の保証で十分だと
考えますか?



問4:公的および民間の医療保険は、国民全員を対象とする単一の国民健康保険に統
合されるべきだと思いますか?



問5:自動車スクラップ奨励金制度は、金融危機下の景気刺激策として有効だ、とい
う考えに賛成ですか?



問6:この金融危機下においても、OECD諸国は、国民総生産(GNP)の0.
7%分を、途上国の共同開発支援に回すべきだと考えますか?



問7:遺伝子組み換え食品には、賛成の(奨励すべきという)立場ですか?



問8:レスビアンおよびゲイは、ドイツでは現在、いわゆる「登録制にもとづく夫婦
関係」として共同生活を営めるようになっています。

この慣習化した同性カップル世帯に対し、将来的に養子縁組の権利を含めて認めるべ
きだと考えますか?



問9:たとえば全国規模の国民投票制度など、国民が政治的意思決定を直接行使でき
る制度を構築すべきだと考えますか?



問10:ドイツでは2008年現在、電力の15%は、再生可能エネルギーで賄われ
ています。

この割合を2020年には最低40%にまで高めるために、再度、達成努力を強化す
べきと考えますか?



問11:ドイツでは、28の石炭火力発電所の新設計画があります。あなたはこれを
承認しますか?



問12:最低月額7.5ユーロ(約10万円)の一律最低賃金法を制定すべきだと思
いますか?



問13:たとえ財政赤字が増えても、減税措置により高所得層の国民の負担軽減が図
られるべきだと思いますか?



問14:今日の経済危機を、環境分野、教育および福祉分野といった特定部門への投
資により克服し、それに対する責任も負うべきだと思いますか?



問15:女性は男性よりも平均22%賃金が低くなっています。この賃金格差は妥当
ですか?



問16:現在、多くの州(地方)で小学校(基礎学校)は4年制を採用しています。

この小学校の就学期間を一律に延長させるべきだ、という意見に賛成ですか?



問17:学校の授業料は有償にすべきだと思いますか?



問18:高速道路に、時速120kmのスピード制限を導入することに賛成ですか?



問19:ドイツの税制は、夫婦に子どもがいるかいないかに関わらず、夫婦の一方だ
けが収入を得る世帯に有利な制度になっています。

この制度は公平だと思いますか?



問20:欧州全体で、すべての利用者市民の携帯電話や一般電話、インターネット回
線の利用記録の保存管理が業者に義務づけられています。

あなたはこの利用記録の保存管理義務を正当だと考えますか?

「心~ククル~」(UAのやんばるライブ)

~「心~ククル~」(UAのやんばるライブ)
   &「やんばるからのメッセージ」上映~

沖縄本島北部に「やんばる(山原)」と呼ばれる森がある。
そこにはヤンバルクイナなど数多くの動植物が暮らしている。

このやんばるの森のある東村高江に、
6ヶ所の米軍ヘリパッドが建設されようとしている。

やんばるの森と平和な暮らしを守るため、
2007年7月2日、高江の住民が米軍ヘリパッド建設反対の座り込みを始めた。

座り込みをする高江の住民に心を動かされたUAは、
2007年10月、高江でライブを行う。

UAのやんばるライブを撮影した「心~ククル~」、
高江住民の座り込みの様子を撮影した「やんばるからのメッセージ」。
この2つの映像には、やんばるに住む人々とUAの想いが込められています。

UAの歌を聴きながら、やんばるの森を感じてみませんか?

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

8/30(日) 

18:00~ 開場・受付

18:15~「やんばるからのメッセージ」上映

18:30~ 「心~ククル~」上映

20:10~ やんばるスライドショーとみんなでお話会

21:15~ 終了

会場:文京区勤労福祉会館 3階 第二和室と第三和室 
   東京都文京区本駒込4-35-15
URL:http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_keizai_shisetsu_kinpuku.html


山手線 駒込駅(東口)下車 徒歩9分,田端駅(北口)下車 徒歩10分
<東京メトロ>
南北線:駒込駅(1番口)下車 徒歩11分
<都バス>
〔上58〕早稲田←→上野松坂屋前(『本駒込四丁目』下車前)
〔東43〕東京駅丸の内北口←→荒川土手操車所前(『動坂下』下車 徒歩5分)

最寄駅からの地図はこちら ↓
http://www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0010/0527/map_kinpuku.pdf

○電話:03(3823)6711 (会場・文京区勤労福祉会館)
   
○申込・問合せ:
ももんが井上 ecomomo8@m9.dion.ne.jp

  会場は30人定員です。
  できるだけ予約をお願いします。

○参加費:500円 

大切にしたいものを伝える旅を続けているみちるん。
彼女に共感される方、旅の無事を祈る方、
みちるんへの熱いラブレター☆、おいしいおむすび、おやつ、
おもしろい物などのプレゼント、カンパも大募集中です。

イベントは、お夕飯どきにかかります。
わかちあいタイムには、フェアトレードの飲み物&おやつを
ご用意しますが、もっとお腹がすいちゃう方は会場でどうぞ。
お食事はご自身でご用意下さい。

みんなで一緒に笑顔でいただける差し入れも大歓迎です♪

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~
やんばる東村高江の現状ブログ 
http://takae.ti-da.net/

ライスペーパー88 Save Yanbaru Project 
http://www.wacca.com/88/

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~
ナビゲーター:みちるん

愛と平和、食と農を見つめるピースウォーカー。
ピースウォーク、有機農家の手伝いをしながら、
青森県六ヶ所村にある核燃料再処理工場、
沖縄県の米軍基地などの問題を全国に伝える旅をする。

みちるんの旅ブログ 
http://love-nature.at.webry.info/

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

エコロジー雑貨ももんが&ももんがともだちネット 
〒113-0021
 文京区本駒込6-15-9フォレスタ六義園5F
 090-9106-0308 (携帯・井上)
http://momotomonet.seesaa.net/
http://www.h4.dion.ne.jp/~ecomomo/

※当日イベントを助けてくださるスタッフ募集中です。
いっしょにこのイベントをやりたい!って思う方、
メールをくださいね。

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

アフリカのコーヒーと日本×アフリカ理解プロジェクト

●□ コーヒー勉強会第1 回 8 /29(土)10:00~13:00
「アフリカのコーヒーと日本×アフリカ理解プロジェクト」

定員にまだ少し余裕があります。直前の駆け込み申込みが多くなる前に、お申込
みください。
----------------------------------------------------
★★『原木のある森:コーヒーのはじまりの物語』
コーヒーが生まれたエチオピアには、野生のコーヒーを育んできた豊かな森があ
ります。そこはどんな森なのでしょう?

エチオピアでは、コーヒーはどのように飲まれているのでしょう?アフリカ各地
で生産され、日本にやってくるコーヒーに焦点をあてながら、日本の私たちと、
おいしいコーヒー、生産する人々の暮らし、貿易、環境のことを考えてみましょ
う。

プログラム
1.アフリカ理解プロジェクトの活動紹介
2.コーヒーとフェアートレード:中島佳織氏
3.森林コーヒーと住民組織:西村勉氏
4.ディスカッション

★講師
中島佳織氏:(特活)フェアトレード・ラベル・ジャパン事務局長
(当初予定していた講師から変更になりました)
フェアトレード・ラベル・ジャパンは国際フェアトレードラベル機構FLO の構成
メンバーとして、フェアトレード・ラベル運動を通し、不利な立場にある開発途
上国の生産者や労働者の持続可能な開発とエンパワメントを実現し、生産者・企
業・消費者のより公平なパートナーシップのもと、社会的・経済的・環境的に持
続可能な世界の実現を目指している。

西村勉氏:エチオピア国ベレテゲラ参加型森林管理計画チーフアドバイザー
このJICA プロジェクトでは、森を守りながら生計向上のために、住民の組織化と
森林コーヒーの産品化を進めている。国際NGO「レインフォレスト・アライアンス

(RA)から与えられる認証の取得に成功し、その商品価値を高めた。

関連HP:アフリカ理解プロジェクトhttp://africa-rikai.net

日時:8 月29 日(土)10:00~13:00

場所:JICA 地球ひろば(セミナールーム202)
〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-2-24
会場の連絡先03-3400-7717
東京メトロ日比谷線広尾駅下車(3 番出口)徒歩1 分
※駐車場はありませんので車でのご来場はできません。
地図:http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

参加費:500 円
定員:50 名
参加の条件:定員になりしだい締め切ります。
主催:アフリカ理解プロジェクト
申込:次の事項を記入し、yamada@africa-rikai.net までお送りください。
(@を半角に直して送信してください。)
1.氏名2.所属先3.連絡先電話番号4.メールアドレス

カーボンフットプリント制度説明会

開催名 カーボンフットプリント制度説明会 - はじまります。製品の「CO2見える化」 -
http://www.cfp-japan.jp/event/index.html


日時 9月14日(月)14:00~16:20 ※受付13:15~
場所 日経ホール 〒100-8066 東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F
アクセス方法はこちらをご参照ください
主催 社団法人産業環境管理協会
参加対象 CFP制度に関心のある事業者、消費者の方々
参加定員 600名 (定員になり次第、受付を終了させていただきます)
参加方法 【入場無料】 事前登録はCFPホームページのお申込みフォームからお願いします

問合せ先 CFP制度説明会運営事務局 ※受付/10:00~17:00(平日のみ)
TEL : 03-3292-5144 FAX : 03-3292-5089 mail : cfp-event@jemai.or.jp
プログラム(案) 平成21年度カーボンフットプリント制度試行事業について
①CFP制度の背景
②CFP制度の利用の在り方
社団法人産業環境管理協会 CFP推進チーム プロジェクトリーダー 石塚 明克

パネルディスカッション
▼モデレーター
日経エコロジー 編集長 神保 重紀
▼パネリスト
工学院大学教授 稲葉 敦
イオン株式会社グループ商品最高責任者付 椛島 裕美枝
日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会 常任理事 辰巳 菊子
経済産業省 産業技術環境局 環境政策課 環境調和産業推進室長 村田 有

※パネリストに関しては、事情により変更となる場合があります

『☆THE☆ガイアン食堂☆』 with Organic farmやさと農場

一日だけの農場カフェイベント
『☆THE☆ガイアン食堂☆』 with Organic farmやさと農場
~畑を日々の連なりへ~

8月29日(土)朝10時より
下北沢コミュニティカフェ『ぶりっじ』
参加費 1000円

----------------------
『はじめまして、ガイアン食堂オープンします☆』

風土、自然、土地に根付く暮らしの中から生まれて来た、いくつもの料理。
食べる事で、作り手達の息遣いを、暮らしを、風景を頂いた。
人と人、畑と台所、あらゆるものとの距離が近かった時代も今は昔。

それをそのまま、取り戻す事は難しいかもしれないけれど
少しずつでもそんな間柄、関係性を築いていけないかと
『野菜の作り手』と『野菜の食べ手』が集まって、料理し、食べ、飲み、笑う。
そんな時間、場所を提供していきたいと、一日だけのお店をオープンします。
畑と野菜、料理が身近になって、一人でも多くの人が
台所や食卓で、楽しい時間を過ごす、きっかけになれば何より嬉しく思います。

イタリアン、、アジアン、、ガイアン、?
はじめに地球ありき。そして、その地球の元気と勢いが
食べてくれる皆さんにら届く事を願って。

ガイアン食堂 コック 前 成照

---------------------
■Organic Farm 暮らしの実験室 やさと農場

今回、協力して頂くのは、茨城県石岡で有畜複合農業を営むやさと農場。
ホームページの『暮らしは自分たちの手で造り出すもの』という言葉通り
野菜、肉、たまごの生産にとどまらず、農のある暮らし方の提案や
農業の持つ多面的な魅力を発信している、新しい形の農場。
今回はそこのスタッフを招いて、野菜の話や畑の話し、農の話しや、はたまた
なんでもない普通ね会話も織り交ぜて、農場の暮らしを再現し
食べて、作って、語らう、楽しい一日を提供していきます。

----------------------
★タイムスケジュール

10時 オープン☆会場作り、包丁研ぎ、昼ご飯の支度

12時 お昼ごはん

14時 種蒔き、保存食作り(野菜のピクルス、奈良漬け)パン作り

3時のおやつ作り、晩ごはんの準備、ぷち料理教室、下北散策etc
~この間、農場より野菜が到着~

18時 晩御飯『いただきます♪』
のち、農トーク、クイズ大会、スライドショー、座談会。

20時 終了予定。

----------------------
ガイアン食堂☆おしながき。

・有機満点農場サラダ・ビシソワーズ・オムレツ・カルボナーラ・漬け物
キノコのスープ・焼きビーフン・野草・ガスパチョ・生春巻き・
豚肉と野菜の煮込み・シャンピン、その他、あるもので色々作ります♪

----------------------
・参加費 1000円(1食つき)

・入退場自由 (途中参加、途中抜けも可)

・持ち物 料理もしますので、あればエプロン。

・場所 コミュニティカフェ ぶりっじ
下北沢駅北口より徒歩5分 世田谷区北沢2-37-17
http://www.cafe-bridge.net/

・予約は不要ですが、スペースに限りがありますので
お越しの際は事前に、人数をお伝え頂けると助かります。

・お問い合わせ 前 成照
mae.michiaki@gmail.com
http://gaianshokudou.blogspot.com/

メディフェス

「メディフェス」は、国内の独立系メディアや市民メディア関係者、クリエイターや映画関係者、メディア研究者やジャーナリストなどが集まり、具体的な活動の実践報告や情報交換などを通して、これからのメディアのありかたを考える年に1度のお祭りです。

今年のテーマは「衣・食・住+メディア~いまを生きるために必要なもの~」。未曾有の経済危機が叫ばれる中、誰もが排除されずに暮らしていくにはコミュニケーションとメディアの存在が欠かせません。メディフェスでは「メディア」という[触媒]を用いながら、途切れ途切れになっている人々のつながりを埋め、世界人権宣言19条でうたわれている「コミュニケーションの権利」を改めて問いなおしていければと思っています。

なお本年は、初めて欧米、アジアからコミュニティメディアの一線で活躍する実践者を招く国際シンポジウムを企画。グルーバル化で進むメディアの課題を探り、互いの経験を共有しあうセッションを多数設ける予定です。

名称 第7回市民メディア全国交流集会|TOKYOメディフェス2009
テーマ 衣・食・住+メディア~いまを生きるために必要なもの~
会期 2009年9月20日(日)~9月22日(火)
会場 メイン会場・・・東京ウィメンズプラザ

オープン会場・・・国連大学前
プログラム 9月20日(日)オープニング・基調講演/分科会/全体総括/交流パーティー

9月21日(月)分科会/国際フォーラム/分科会

9月22日(火)分科会/総括ティーチイン/クロージング
※期間中は映画上映も行われるほか、オープン会場にはカフェスペースや展示コーナーを設置。同会場では、ミニFM局やインターネット放送局での放送や配信が行われるほか、多数のワークショップ企画が予定されています。
賛同 A SEED JAPANメディアCSRプロジェクト/アジア記者クラブ/AMARC JAPAN
アワプラジオ/OurPlanet-TV/映像発信てれれ/NPO推進青森会議
NPO法人むさしのみたか市民テレビ局/駒澤大学テヅカヨシハル研究室
駒澤大学金山研究会/Slowtimes.net/市民メディアセンターMediR
ジャーナリスト・ネット/デモクラシー・ナウ!ジャパン/東京視点
成田プロジェクト/日本ジャーナリスト会議/ビデオアクト(有志)
「まち・ひと中央」/「みんなの翻訳」運営チーム/「やるじゃん!おおた」
龍谷大学松浦研究室
実行委員メンバー ●代表委員
岩本 太郎(フリーライター)/下村 健一(市民メディアアドバイザー)
白石 草(OurPlanet-TV)/松浦 敏尚(市民メディアセンターMediR)
中野 真紀子(デモクラシー・ナウ!ジャパン)
●委員
赤石 千衣子(つながるひろがるフェミジャーナル ふぇみん)/阿部 裕(JCJ)
池田 佳代(OurPlanet-TV)/大川 眞(エクスログ)
小笠原 秀樹(あおもりラジオくらぶ)/奥田 みのり(フリーライター)
影浦 峡(東京大学大学院教育学研究科)/金山 智子(駒澤大学)
佐藤 昇(エクスログ)/鈴木 賀津彦(横浜市民放送局Y150)
鈴木 秀和(A SEED JAPANメディアCSRプロジェクト)
鈴木 亮(A SEED JAPANメディアCSRプロジェクト)
世古 一穂((特非)NPO研修・情報センター)
高瀬 幸子(イラク平和テレビ局inJapan首都圏)
土屋 豊(ビデオアクト)/寺田 岳広(東洋大学3年)
中里 英章(成田プロジェクト・七つ森書館代表)
浜田 忠久(JCAFE)/日隅 一雄(NPJ)
平野 隆章(OurPlanet-TV)/平林 祐子(都留文科大学)
細谷 修平(大学院生)/松浦 弘智 (ひょうごんテック世話人)
松原 明(ビデオプレス・レイバーネット)
森広 泰平(アジア記者クラブ・MediR)/山川 宗則
吉田 卓史(OurPlanet-TVボランティア)
吉田 孝行(映画美学校)/若杉 昌矢(映画ライター・ラジオパーソナリティ)
事務局 TOKYOメディフェス2009実行委員会
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-3NSビル OurPlanetTV内
Tel:03-3296-2720 Fax:03-3296-2730
Email:info@medifes.net

8.26 social designers drinks in 六本木

▼ 8.26 social designers drinks in 六本木
~ thanks & thinking our society
8月26日、六本木
Social Designer — 21世紀の社会を,様々な視点でデザインし、開拓していく人たち。


社会起業やソーシャルメディアに関心のある方や、社会に対してアクションを起こそうと考えている学生など、
異業種・異世代で交流できる機会です。 ぜひ友人知人お誘い合わせの上、ご参加ください。

オープンで、フラットな交流会なので、学生から社会人・経営者、報道関係者の方まで、
誰でも幅広い方にお越し頂ければと思います。PRタイム等のイベントも企画しております。

企画/主催
・鶴田浩之(慶應義塾大学1年、社会起業家支援委員会 代表/デザイナー、写真右)Twitter
・江口晋太朗(駒沢大学3年、社会起業家支援委員会 東京代表/ディレクター、写真左)Twitter

http://www.cccjp.org/0826/

参加者層の共通キーワード:
社会起業家、ソーシャルメディア、Twitter、政治とインターネット、ボランティア、NPO/NGO
マスメディア、社会イノベーション、Webクリエイティブ、エコ、国際支援、学生団体

開催概要
● 日時: 2009年8月26日(水) 19:30開始(ネットによるライブ中継予定)
● 予算: 1000円(1drink付き)※ 参加費の一部がNGO United People Peace Actionへチャリティーとして寄付されます。
● 定員: 先着70名
● 会場: 六本木ヒルズ ウェストウォーク1F「HEARTLAND」

大きな地図で見る

●ゲスト
・関根健次様
クリック募金「イーココロ!」「署名TV」など運営。
"人と人とをつなぎ、世界の問題を解決する" ユナイテッドピープル株式会社 代表取締役社長

・兼松佳宏 様
"クリエイティブで持続可能な未来を考えるウェブマガジン" greenz.jp クリエイティブディレクター
株式会社ビオピオ取締役

・四角大輔 様
絢香・superflyなどを手掛けたWarner Music Japanのプロデューサー

・福井崇人 様
宮崎あおい・一青窈などをパートナーに抱える2025PROJECTの企画発起人・アートディレクター

●タイムテーブル
19:20〜 受付
19:30〜 開場、ご挨拶
20:00〜 ゲスト講演、対談・トークセッション等(予定) ※ テーマは社会起業・ソーシャルメディア・Twitter等
20:30〜 フリータイム(途中・PRタイム等を用意)
21:30  中締め

※ ワイン・カクテル・ビール・ソフトドリンクなどお楽しみ下さい。
※ お店の営業時間(翌朝4:00)の間はフリーです。

「エコ議員つうしんぼ」の会

★☆・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「エコ議員つうしんぼ」の会
~ちゃんとエコなの。だれだかわかります~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・‥…★☆

ついに政権交代?! この政治がはっきり変わろうとする衆議院選挙の候補者全員に
アンケートを送り、つうしんぼ形式で集計した「エコ議員つうしんぼ」。
http://giintsushinbo.com/

このデータを改めてみんなで見て、自分の選挙区だけでなく、日本全国から、
この選挙を俯瞰しませんか?
日本の政治が変わる瞬間に、私たちが効果的に声をあげる方法を、
みんなで考えましょう。

ゲストは、杉並区の女性若手議員、すぐろ奈緒さん。政治家の立場から、
今回の選挙のゆくえを考えます。そして「エコ議員つうしんぼ」を推進した、
坂田昌子さん、マエキタミヤコさんにもお話頂きます。
「つうしんぼ」のやりとりで垣間見えた、議員さんたちの素顔も聞けますよ。

最後はみんなで仮投票。投票日だけでなく、
しっかり選挙と政治について考えて、力のある一票にしていきましょう。

選挙に、エコの力を。

「政治なんてわからない…」「たった一票でしょ…」って思っているあなたも、
胸を張って投票できる。そんな夜にします。Twitterアクション&動画ライブ
生中継も計画してますが、どうぞ、実際においでになって、
生で体感してください!

*** ** *** ** ** **** *** *** *** *** *** **** **** ****** **** *****
日にち:8月24日(月) 19時半Open~22時30分
場所:5TANDA SONIC http://www.gotanda-sonic.com/access/
<ことばの地図>
五反田駅の西口を出たらまずは右へ。まっすぐ横断歩道を渡ったら、次は左に
まっすぐ歩くと、目黒川にぶつかります。ここを右に。しばらく目黒川と一緒に
歩きます。またしばらくすると、上に道路が渡っている大きな横断歩道に
ぶつかるので、そこを渡って、左に折れ、目黒川を渡ります。渡った後は右に
折れて目黒川と一緒に歩くと、左手にゴタンダソニックです!

入場料:500円(会場費補填・経費に使います)
そのた:ドリンク1杯500円+ちょっとスナック
*** ** *** ** ** **** *** *** *** *** *** **** **** ****** **** *****

☆「エコ議員つうしんぼ」とは:坂田昌子さん(虔十の会)
☆つうしんぼレビュー&選挙で私たちができること
:マエキタミヤコさん/すぐろ奈緒さん(杉並区議会議員)
☆エコ議員つうしんぼデータ、会場での全閲覧&みんなの口コミ書き込み
☆みんなで仮投票! みんなのイチオシ議員は?
お申し込み:不要(ですが、下記ページでお申し込み頂くと、すっごくウレシいです!)
詳しくは:http://atnd.org/events/1286 コチラまで

●こちらで参加お申し込み頂くと、参加予定者同士でコメント機能を使い、ディスカッションもできます。
●当日、LIVE動画中継も予定…。TwitterでのコメントもWelcome! ハッシュタグは#ecogiin

→中継ページはコチラ http://www.ustream.tv/flash/live/1/122028

当日のボランティアも募集しています。詳しくはperota☆gmail.com(山本)まで、お問い合わせください(☆→アットマークで)

http://greenz.jp/ecogiin/ でも公開中!

イスラエル・パレスチナ和平を考える。

【勉強会 8/28】イスラエル・パレスチナ和平を考える。
今回のイーココロ!大学では、
紛争が絶えないイスラエル・パレスチナにおける平和構築に
ついて考えたいと思います。

ガンジーが、インドで非暴力運動を展開していたことは
有名ですが、今、その非暴力運動の考えが、パレスチナでも
受け継がれて展開しています。

そんなパレスチナ人の土地を守るための非暴力運動を
ドキュメンタリー映画「ビリン・闘いの村」として発表した
映画監督、佐藤レオさんをお招きします。

佐藤レオさんの映画を紹介すると共に、
最近、ビリン村で命を落とした非暴力活動家の追憶の映像を流します。
ここでは、イスラエル側による、不当な土地の
奪取の現場を、ミクロな視点で見てみます。

それから、日本政府がイスラエルとパレスチナの共存共栄に
向けた日本の中長期的な取り組みとして「平和と繁栄の回廊」を
立ち上げましたが、

当プロジェクトのJICA側責任者だったパレスチナJICA事務所の
前事務所長、成瀬 猛さんをお招きし、日本政府が挑んでいる
平和構築のためのプロジェクトについてお話頂きます。

どうぞ、お気軽にご参加ください。今回は定員30名となります。

-----------------------------------------------------------------------

■日時
8月28日(金)19時?21時まで (その後23時まで懇親会あり)

■募集人数
先着30名様

■締切
2009年8月25日(水) 15時

■場所
ユナイテッドピープル会社内
横浜市中区本町1-5 西田ビル6階

※地図

■料金
一般:2,000円 学生:500円 
※会の後に懇親会があります。懇親会は1,500円です。

■テーマ/内容

【イスラエル・パレスチナ和平を考える。】

第一部:
特別映画上映会
・ 「ビリン・闘いの村」佐藤レオ監督...イントロ5分間上映
  http://hamsafilms.com/bilin/

 ・「われらの友へ」シャイ・ポラック監督(イスラエル人)...30分間上映
  ※日本未公開映像。ビリン村で命を落とした非暴力活動家追憶の映像。

 ・佐藤レオ監督によるパレスチナ、ビリン村についての説明

第二部:
  パレスチナJICA事務所の前事務所長、成瀬 猛氏(現国際協力専門員)
  による講演「イスラエル・パレスチナ平和構築のためのJICAの取り組み」

?9時までは質疑応答

終了後、同じ会場にて、
11時までを予定して、懇親会。

■スピーカー

佐藤 レオ氏 /HAMSAFilms


成瀬 猛氏/パレスチナJICA事務所の前事務所長(現国際協力専門員)


■お申し込み方法

WEBフォームより、お名前、ご所属、懇親会に参加するかどうかを
明記の上お申し込みください。

-------------------------------------------------
【勉強会 8/28】イスラエル・パレスチナ和平を考える。
http://fm.msgs.jp/v31/f/?p=1000000381/ac02/63/2100
-------------------------------------------------

戦略的CSR、社会経営を考える(仮称)

企業の社会経営を考えるセミナーのご案内です。

受動的な活動から能動的・積極的な取り組みが求められている「CSR活動」。
毎日新聞社では、環境・CSRに取り組む企業と環境省との交流を支援する
「毎日環境パートナーシップ」会議を、昨年7月より定期的に開催しています。

1周年を迎える今夏、より有益なCSR活動の推進を図るため、記念シンポジウムと
して「戦略的CSR、社会経営を考える(仮称)」が、次の通り開催されます。

■日 時:2009年8月24日(月)13:30~17:30

■会 場:日本財団会議室(東京都港区赤坂1丁目2番2号)
地下鉄銀座線「虎ノ門駅」、銀座線・南北線「溜池山王駅」、
丸ノ内線・千代田線「国会議事堂駅」
各徒歩5~6分

■参加者: 企業関係者(150名)

■構 成:

13:30 開会挨拶
13:40 第1部=基調講演「社会経営を考える」(50分)
   末吉竹二郎・国連環境計画 金融イニシアチブ特別顧問

≪休憩≫

14:40 第2部=CSR実践報告会(各20分、計60分)
14:45~15:05 村木満・東京海上日動火災保険株式会社 経営企画部CSR室長
15:05~15:25 峰崎善次・森ビル株式会社 総務部部長兼環境推進室長
15:30~15:50 端田晶・サッポロホールディングス株式会社 CSR部長
兼サッポロビール株式会社 CSR部長

≪休憩≫
16:00 第3部=パネルディスカッション「戦略的CSRを考える(仮)」(90分)
(1) 川口裕之・毎日新聞社水と緑の地球環境本部本部長
(2) 田村太郎・ダイバーシティ研究所代表
(3) 未定
17:30 閉会
18:00 懇親会

■採録紙面:毎日新聞朝刊全国版と週刊エコノミスト(9月下旬掲載)

■主 催:毎日新聞社水と緑の地球環境本部

■協 力:日本財団(CANPANプロジェクト)

■参加費:無料

■お申込み:ueda-mo@mbx.mainichi.co.jp までご所属、ご氏名記載の上、
      メールにてお願いします。

■お問合せ:毎日新聞社ビジネスソリューション本部 上田 守英
TEL.03(3212)3215※直通
FAX.03(3211)3598
E-MAIL.ueda-mo@mbx.mainichi.co.jp

エネルギーから見た永続的な文明の可能性

第5回のテーマは「環境」。
地球温暖化・エコ・グリーンエネルギー・持続可能な開発・人口爆発「環境」をめぐる状況はここ最近10年で
ドラスティックに変化しています。
地球の「環境」はどこへ向かっていくのか。環境ともっとも密接につながる資源の利用や技術開発はどう変わっていくのか。
今回は、マイクロソフト、ソニー、アスキーなどIT業界30年のキャリアを投げ捨て、
いまエネルギー業界の新日本石油で、新エネルギーシステムを開発する
松本氏に『副題:エネルギーから見た永続的な文明の可能性』というテーマで存分に語って頂きます。

日時:8月21日(金) 19:30 - 21:30(開場 19:20)
場所:東京都新宿区新宿2-19-1 ビックスビル地下2階
マイスペース 新宿3丁目ビッグスビル店 7号室

お題:『どぉ~と混むカンパニーで悪ふざけし続けるために』
副題:エネルギーから見た永続的な文明の可能性
講師:夢見るエンジニア 松本氏

課題資料:できればこちらは読んで来て下さい。
http://www3.wind.ne.jp/mazmoto/personal/PV2100.pdf
http://www3.wind.ne.jp/mazmoto/personal/ECass071023.pdf

課題図書:1冊ということなら「成長の限界」がお勧めです。




会費:1500円(懇親会費は別途)
定員:27人
必要なもの:名刺、筆記用具

タイムテーブル:
19:30- 19:35 イントロダクション
19:40 - 21:00 松本吉彦 講演
21:00 - 21:25 Q&A
21:25 - 21:30 今後について

↓↓参加のお申し込みはこちらから↓↓
http://atnd.org/events/1300

=======================================================
■□■松本吉彦 夢見るエンジニア ■□■
【本日のお題】
今はメタボと迫害される私も、産まれたときは仮死状態。
100年前だったら即"水子"、こんな面白い人生を味わえなかった。
子供時代はチェ・ゲバラと同じ持病、でも医薬品で生き延びた。
想像力と小手先の工作で、体力無くても創る喜び・楽しい人生。

私自身の存在と、素晴らしい人生を可能にしてくれた現代文明。
ちょっと不良っぽいイマが大好き、孫子にも悪ふざけさせたいなぁ。
永続的な今様の文明も可能と夢見る、「工業革命の完成」で。

どぉ~と混むカンパニーで悪ふざけし続けるためには、パソコンが必須、
その材料のリサイクルは当たり前。
その先の話をします、パソコン、サーバ・ネットワークをドライブするエネルギーの視点で。

【自己紹介】
電子機器の設計からスタートした技術者で、文筆もする自称:埋め草筆者。
日本で最初にマイクロソフトの立上げ、PC設計、プログラミング、翻訳等で関り、
ソニー、ベンチャー創業(日本に二つ、USに一つ)、アスキーなど、IT業界に約30年。
2001年9月を期にIT業界から足を洗い、現代文明の根幹:電気エネルギーについて考え始め、
エネルギーの地産地消の技術開発に向け、エジソン以来130年不変の電力系統に代わる
インターネット型の新しい電力アーキテクチャの研究を進めている。
五十の手習いで一応工学博士。著書に『私だけのマイコン設計&製作』など。

1973年~ 文筆業(埋め草筆者)
1978年~1979年 アスキーマイクロソフト
1980年~1981年 ソニー株式会社
1980年~1987年 日本マイクロハード株式会社(創業者、社長)
1987年~2001年 株式会社アスキー
1995年~1997年 Power Computing Corporation (Austin, Texas, USA)
2000年~2000年 Biscuit Networks, Incorporated (Menlo Park, California, USA、創業者、CTO)
2001年~ NPO法人 ゼロエミッション・プラットフォーム
2001年~ 先端科学技術エンタープライズ株式会社、技術アドバイザー
2002年~2005年 VPEC株式会社(創業者、CTO)
2003年~2007年 財団法人 産業創造研究所
2006年 東京電機大学工学研究科電気工学専攻博士課程卒業
2007年~2008年 村田製作所・次世代技術研究所
2008年~ 新日本石油、新エネルギーシステム事業本部
http://www3.wind.jp/mazmoto/

↓↓お申し込みはこちらから↓↓
http://atnd.org/events/1300

日本サードセクター経営者協会(JACEVO)設立総会

----------------------------------------------------------
●日本サードセクター経営者協会(JACEVO)設立総会のご案内
----------------------------------------------------------

 日本サードセクター経営者協会(JACEVO)の設立総会が9月1日、東京・
港区の日本財団ビルで開催されます。当日は、本場イギリスのACEVO(ア
キーボ)の経営者スティーブン・バブ氏を迎え、記念イベントも開催され
ます。本設立総会記念イベントは、東京での開催後、名古屋、仙台でも開
催を予定しております。是非ご参加ください。

<関東地区>設立総会記念イベント in 東京
■日 時 9月1日(火)15:00~17:00
■場 所 日本財団ビル2階会議室(東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル)
■お問い合わせ 日本サードセクター経営者協会準備会事務局(052-919-0200)

<名古屋地区>設立総会記念イベント in 名古屋
■日 時 9月2日(水)14:00~16:00
■場 所 住友生命ビル大会議室(愛知県名古屋市中村区名駅南2-14-19)
■お問い合わせ 日本サードセクター経営者協会準備会事務局(052-919-0200)

<関西地区>設立総会記念イベント in 関西
■日 時 9月3日(木)14:00~16:00
■場 所 ひと・まち交流館京都大会議室
     (京都府京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1)
■お問い合わせ 日本サードセクター経営者協会準備会事務局(052-919-0200)

<東北地区>設立総会記念イベント in 仙台
■日 時 9月5日(土)16:00~18:00
■場 所 仙台市市民活動サポートセンターセミナーホール
     (宮城県仙台市青葉区一番町4-1-3)
■お問い合わせ せんだい・みやぎNPOセンター(022-264-1281)

※参加費はいずれの地区も無料です。

■お申し込み方法
 発足記念イベントのお申し込みの際は、下記の事項をご記入の上、日本
サードセクター経営者協会準備会事務局(jacevo@sf21npo.gr.jp)へEメ
ールでお申し込みください。
 ・お名前
 ・ご所属
 ・電話番号
 ・E-mail(送信先と異なる場合)
 ・参加場所(東京・名古屋・関西・仙台)
 ・どこ(誰)からイベントをお知りになったか

■お問い合わせ先
 日本サードセクター経営者協会(JACEVO)準備会事務局
 TEL:052-919-0200 FAX:052-919-0220
 E-mail:jacevo@sf21npo.gr.jp
 URL:http://www.jacevo.jp/

ISL社会イノベーター塾

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           ISL社会イノベーター塾

         (ISL社会イノベーターフォーラム)

 日時:     2009年9月2日(水)18:30-21:00

 会場:     日本財団2F大会議室(港区赤坂1-2-2)

 スピーカー:  Matt Flannery氏 (Kiva CEO兼共同設立者)

 コーディネーター:伊藤健
(ISLディレクター、社会イノベーションセンター統括)

 会費:     4千円(一般)

 主催:     特定非営利活動法人アイ・エス・エル
         社会イノベーションセンター

   ISL社会イノベーションセンターの活動は、三井物産、リクルートを
   中核に、サントリーホールディングス、日立製作所を含めた、先進企業4
   社のご厚意によって支えられています。

 協力:     一橋大学イノベーション研究センター
         早稲田大学WBS研究センター

 後援:     総務省、外務省、経済産業省(各省申請中)

 会場協力:   日本財団

 使用言語:   英語(日本語への同時通訳あり)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《お申し込み》

ご参加ご希望の方は、下記のURLより必要事項を記入の上、8月28日(金)
までにお申し込み下さいますようお願い致します。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/9669517157842

本件につき、ご質問等がございましたら、メール末尾の連絡先まで、お気
軽にお問い合わせ下さい。

《マット・フラナリー氏の来日について》

今回の開催は、ISLが、スイス・シュワブ財団が共催して9月3日に実施
する、社会起業家の表彰プログラム「Social Entrepreneur of the Year」
(SEOY)日本プログラムの表彰式典の開催に合わせ、そのプレ・イベントと
しても位置付けております。フォーラム当日は、SEOYアワードのファイナ
リストの紹介もさせて頂きます。(SEOYの詳細については、
http://www.isl.gr.jp/society/seoy.phpをご参照下さい)

マット・フラナリー氏は、今回の来日期間中、ISLのフォーラム、SEO
Y日本プログラムでの講演の他、特定非営利活動法人ソーシャル・イノベー
ション・ジャパンが主催する、「第5回ソーシャル・アントレプレナー・
ギャザリング」における、9月5日(日)の「ソーシャル・アントレプレナー
DAY」においても、講演を行います。
http://www.socialinnovationjapan.org/c000007/archives/2009/05/29/entry217.html

9月2日の日程がご都合に合わない皆様には、是非9月5日の講演へのご参加
も合わせてご検討を頂ければと幸いです。

《ISL社会イノベーター塾について》
(社会イノベーター・フォーラム)

ISL社会イノベーター塾は、国内外で活躍する社会起業家をスピーカーに
招き、その活動内容、事業モデルとそのユニークさ、その社会的インパク
トと意義などについてご講演頂くフォーラムです。

フォーラムの内容は、このマット・フラナリー氏の講演を皮切りに、日本
経済新聞社の広報後援を受け、同誌夕刊に「社会イノベーター塾」として、
10月より隔月で、掲載をしてまいります。

それでは、皆様にお目にかかれますことを、楽しみにしております。

NPO法人ISL 運営事務局 (担当:柘植・伊藤)
forum@isl.gr.jp  / 03-5226-6800

[アースコミュニケーション]~伝える・繋げる・広げるチカラ~

Think the Earthプロジェクトは2009年度も昨年に続き
セミナー&サロンを開催いたします。

セミナー&サロンはThink the Earthプロジェクトに関わるNPO や企業、クリエ
イターなどが参加し「Think the Earthな視点」を共に学ぶ勉強の場です。異な
る業種・フィールド間で問題を共有し協働するための交流の場として2002年
より実施しています。

昨年好評いただいた「アースコミュニケーション」シリーズを、今年度も引き
継ぎ、同様のテーマで全4回のセミナーを開催します。

情報が世の中に溢れる中、伝える技術が非常に大切になっていると、私たちは
感じています。NPOやNGOにおかれましても、それをどのように発信し、世の中
に伝え・広げていくかということは日に日に重要度を増しているのではないで
しょうか。

本シリーズは伝えることを専門とされている方々を各回講師にお呼びし、
様々な視点から「伝え方=コミュニケーション手法」について理解を深めたい
と思っています。

企業からは環境やCSR関連の方々が多く参加され、デザイナーやクリエイターも
ソーシャルなプロジェクトに関わる方達が参加されています。NPO・NGOの皆さ
まにとってもきっとよい出会いの場となることを願っています。

地球のことをわかりやすく伝えていく人を、私たちは
「アースコミュニケーター」と名付けました。
今回のセミナーを通じ、みんなでアースコミュニケーターを目指しましょう!

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

2009 Think the Earthプロジェクト セミナー&サロン
[アースコミュニケーション]~伝える・繋げる・広げるチカラ~

第1回「情報デザインって何だろう?」

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

●● 第1回「情報デザインって何だろう?」 ●●

今年度のセミナー初回の講師としてお呼びするのは、Think the Earthプロジェ
クトとも繋がりが深い"AXIS design"の宮崎光弘さん。Think the Earthは設立
当初からウェブサイトや地球時計のパッケージ、ロゴやリーフレットなど多く
のプロジェクトで、AXIS designと一緒にデザインを考えてきました。

デザイン誌『AXIS』を手がけ、空間デザインからプロダクツ、ウェブサイトな
ど様々なジャンルで常にデザインの第一線にいるAXIS design。
今年度1回目のセミナーでは『AXIS』誌のアートディレクターであり、AXIS
designの統括をしている宮崎光弘さんをお呼びし、情報デザインについてお話
しをお聞きします。

情報デザイン(Information design)のひとつの役割は世の中に溢れている無数
の情報をわかりやすく伝えること。ウェブサービスや地図などを具体例とし、
様々なモノ・コトを情報デザインという視点で捉えなおしながら、情報の整理
や分類の手法、ユーザー・インターフェースなどについて理解を深めたいと思
います。

この機会に、自らが発信したい情報をデザインする視点を学び、伝える技術を
磨きましょう!

▼ゲスト
アートディレクター
宮崎光弘(みやざきみつひろ)さん

プロフィール

1957 年東京生まれ/デザイン誌『AXIS』アートディレクター・「AXIS
design」の統括として、グラフィック、プロダクト、スペース、インタラク
ションのデザインディレクションを行う/国際マルチメディアグランプリ
F@imp99ni金賞、アックゼロヨン・アワード2007グランプリ、第5回東京イン
タラクティブ・アド・アワード銅賞など受賞/日本グラフィックデザイナー
協会所属/多摩美術大学 美術学部 情報デザイン学科教授

AXIS design : http://design.axisinc.co.jp


●● 詳細 ●●

▼日 時:2009年9月11日(金)
セミナー 19:00~20:30
交流会  20:30~22:00
▼場 所:東京ミッドタウン・デザインハブ
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
http://www.liaison-center.net/content/view/29/72/lang,ja/

※会場の都合上なるべく時間通りにお越しくださいますようお願い申し上げま
す。

▼参加費
1,500円 セミナー
2,000円 交流会
(※交流会のみの参加はできません。交流会はドリンクと簡単な料理を提供し
ます。)

▼定員
約50名(定員に達し次第、締め切りとさせて頂きます)

▼お申込方法
事前登録制となっております。
2009年9月4日(金)までに、下記URLの申込みフォームよりお申し込み
下さい。

https://pro.form-mailer.jp/fms/baf6bb543368

▼自己紹介文
当日の交流会のコミュニケーションを円滑にするために
自己紹介を掲載した参加メンバーリストをお作りして、当日配布いたします。
お申込の際には、100文字程度の簡単な自己紹介をお書き添えください。
なお、自己紹介資料の配付を望まない方は、その旨を該当欄に記入下さい。


───────────────────────────────────

●● 2回目以降の予定 ●●
(各会のテーマは仮称です)

*第2回:「情感デザイン」
*ゲスト:ゲームクリエイター・水口哲也さん
*日 時:2008年10月9日(金)

*第3回:「編集の視点から」
*ゲスト:講師調整中です
*日 時:2008年11月13日(金)

*第4回:「写真の視点から」
*ゲスト:写真家・石川直樹さん
*日 時:2009年12月11日(金)

場所:東京ミッドタウン・デザインハブ
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター

●● セミナー&サロンとは ●●

Think the Earthプロジェクトに関わるNPO や企業、クリエイターなどが参加し
「Think the Earthな視点」を共に学ぶ勉強の場であり、異なる業種・フィール
ド間で問題を共有し協働するための交流の場として2002年より実施。
これまでゲストに山本良一氏、沖大幹氏(共に東京大学生産技術研究所)、
枝廣淳子氏(イーズ代表)、竹村真一氏(京都造形芸術大学教授/文化人類学
者)、水口博也氏(写真家)、佐藤卓氏(デザイナー)などを迎え、環境問題
からエコエコノミー、宗教問題、地域文化、農業など、多様なテーマを扱って
きました。

───────────────────────────────────

皆様のお申し込みをお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

───────────────────────────────────

●● 問い合わせ先 ●●

Think the Earth プロジェクト事務局
セミナー&サロン担当 佐々木 / 横山 / 曽我
〒150-0033渋谷区猿楽町3-1 エムワイ代官山202
TEL : 03-3464-5221 FAX : 03-5459-2194
E-mail : seminar@ThinktheEarth.net

●● 申込みフォーム ●●

下記URLからお申し込み下さい。
https://pro.form-mailer.jp/fms/baf6bb543368

「コーズマーケティングによる企業との協働」勉強会

【緊急開催】「コーズマーケティングによる企業との協働」勉強会
このたび、コーズブランドラボの勉強会「Causebrand Cafe」を緊急開催します。
開催までに時間がないですが、お盆に入り、講師の時間が取れたため、急遽開催を決定しました。
この価格でこのような内容の勉強会は他にはないのではないでしょうか。
実践的なコーズマーケティングの観点から、企業との協働を検討されておられる方には必見です。
少人数制となっておりますので、ご興味のある方はお急ぎでお申し込みください。
定員に達し次第、受付終了となります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2回Causebrand Cafe
『コーズ・リレイテッド・マーケティング実践セミナー。
NPOが企業のパートナーとして選ばれるために。
-NPOかものはしプロジェクトを題材に-』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コーズ・リレイテッド・マーケティング(CRM)が高い支持を集めています。CRMとは「収益の一部が社会的な課題の解決のために役立てられるマーケティング活動」のこと。Volvicの「1L for 10L」やLUSHの「チャリティポット」など、たくさんの企業で取り組まれています。
CRMにはそれを支えるパートナーが必要です。国際協力や環境問題など、社会的な課題に取り組むNPOの力が必要です。
しかし、CRMの日本における歴史は浅いことから、それを実践するノウハウが不足しています。なかでも、NPO側で顕著で、新しい協働、新しいファンドレイジングとして注目を浴びていながらも、上手く取り組めていない団体が多いのが現状です。
そこで、今回のCausebrand Cafeでは、CRMについての基本的な概念や事例を紹介し、実在するNPOを題材に、参加者みんなで「どうしたらCRMの実践が可能になるのか」のプランを考えます。
ファシリテーターはCausebrand Lab.代表の野村が務め、斉藤康晴さん(環境NGOのための広告メディアクリエイティブ、サステナ)、そしてケース団体であるNPOかものはしプロジェクトの岩澤美保さんを含めて行います。

※Causebrand Cafeとは、カフェでお茶をしながら話し合うような、カジュアルな雰囲気の勉強会です。

■日時:2009年8月16日(日) 14時00分~16時30分(受付13時40分)

■場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
     センター棟 104室
     小田急線参宮橋駅 徒歩7分、地下鉄千代田線代々木公園駅 徒歩10分
     http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html

■対象・定員
・NPO/NGO職員、社会事業や社会起業家に興味のある人、企業勤務者、他
・定員:15名

■参加費:2,000円※資料代含

■主催:
Causebrand Lab.(http://csr-marketing.cocolog-nifty.com/)
コーズブランド(Causebrand)やコーズマーケティング(Cause Related Marketing)に取組む、社会的企業やソーシャルアントレプレナー、企業とNPOの協働を支援する非営利の研究集団。
メンバーはマーケティング、非営利組織、CSR、ソーシャルベンチャーなどの実務家と研究者で構成され、実務とアカデミックの双方から研究とアドバイスを行っている。

■スケジュール
●第一部:1400~1450
『コーズ・リレイテッド・マーケティングとはなにか』
⇒Causebrand Lab. 代表 野村尚克

●第二部:1450~1520
『NPO法人かものはしプロジェクトについて』
⇒NPO法人かものはしプロジェクト サポーター事業部 キャンペーン事業 マネージャー 岩澤美保

●第三部:1520~1630
『CRM実践ワークショップ』
⇒第一部第二部の講師に加え、斉藤康晴さん(NGO、NPOのためのクリエイティブエージェンシー、サステナ)、そして参加者みんなによるディスカッション型式で、かものはしプロジェクトのCRMプランを考えます。

●懇親会:1700~1900
終了後、近くの居酒屋で懇親会を行います。
参加希望の方は事前にお申込ください。費用は実費です。

■プロフィール(講師)
⇒野村尚克
Causebrand Lab.(コーズブランド・ラボ)代表。
21世紀社会デザイン研究学会コーズ・リレイテッド・マーケティング研究会代表。
企業でのマーケティングプランニングの経験を活かし、「身近でできるお買物からの社会貢献」をコンセプトに、企業や社会起業家・NPOへの協力、コーズ・リレイテッド・マーケティングの研究などを行っている。日本広報学会、日本NPO学会会員。
著書『世界を救うショッピングガイド-Causebrand Handbook-』(タイトル)

⇒斉藤康晴
環境NGOのための広告メディアクリエイティブ【サステナ】所属。
[sustena]http://www.sustena.org/
大学在学中、国際協力NGOセンター、さいたまNPOセンターなどの中間支援センターでボランティアやインターンとして活動。卒業後、民間の広告制作会社で営業を経験し、その後、サステナのスタッフとなる。

⇒岩澤美保
NPO法人かものはしプロジェクト サポーター事業部 キャンペーン事業 マネージャー
[NPO法人かものはしプロジェクト]http://www.kamonohashi-project.net/
大学時代、タイの児童買春の問題の深刻さを知り、英国Leeds大学でDevelopment Studyを専攻。卒業後2006年春、当時、東南アジアで最も児童買春の増加率が高いと言われていたカンボジアで同問題に取り組む、かものはしプロジェクトに勤務。
主に、カンボジアの経済的自立を目指すためのハンディクラフト製品の販売や現地プロジェクト資金のファンドレイジング、広報を担当している。


■申込方法・お問合せ先・注意事項
下記内容をご記入の上、【causelab@yahoo.co.jp】宛にお送り下さい。
・名前(フリガナ)
・所属(大学名、勤務先団体名など。記載のない方のお申込は断る場合があります)
・メールアドレス
※お申込は先着順です。
※お申込後、こちらから申込完了の返答をお送りします。
※お問合せも【causelab@yahoo.co.jp】宛にお送り下さい。

「あおぞらピラティス」

-----レッスン詳細-----
■日時
8/16(日)

●ピラティス
[1]9:30~10:30(withボール)
コアを刺激したい。
運動不足解消したい方にオススメ。小さなボールを使いながら、普段意識していないカラダの奥深くにある筋肉を目覚めさせます。
[2]11:00-12:00(with ポール)
使い過ぎている筋肉をリセットしたい。余分な力み(りきみ)やコリをほぐしたい。ゆったり感を味わい方にオススメ、心身自分のバランスを養うピラティスを行います。

[3](希望者) ランチ
■場所
代々木公園の中央の芝生広場
(雨天中止。土曜日深夜に雨が強い場合も中止の場合がございます)

■参加費
¥1,000/レッスン
*参加費のうちひとり1ドル分は、国際NGOのSave the childrenに寄付されます。
あなたがヘルシーになると、世界のどこかで子供がスマイルになります。

■定員
各レッスン10名様

■持ち物
●動きやすい格好
●ヨガマット or バスタオル
●水分

■遅刻・キャンセルについて
当日キャンセルは、キャンセル待ちの方を配慮して、特別な理由を除き、100%チャージとさせていただきます。
ご了承ください。
遅刻は、参加者のけがを防ぐためプログラム開始から15分までとさせていただきます。

ピラティスやエクササイズに興味がある友人・知人がいらっしゃいましたら、転送くださいませ。


-----あおぞらピラティスとは...-----

●ジムやスタジオには通えない
●ピラティスは女性ばかりだから参加しにくい
●リーズナブルにピラティスを体験してみたい
●家でDVDで運動してみたけど、コツが分からない

という友人の言葉から始まったピラティス体験会。

姿勢やポーズを正しくすることばかりではなく、自分の心身のバランスを自分で整えられる気持ちよさと楽しさを味わっていただきたいと活動しています。
初めての方でも安心してご参加いただけます。
休日の朝時間にピラティスをしてみませんか?

スッキリと充実した休日をお楽しみください。
皆さまのご参加をお待ちしております。

am studio
ピラティスインストラクター
しゅり

【ブログ】http://ameblo.jp/marugoto-am/
【HP】http://www.am-studio.org/

成21年度エコツーリズムフォーラムの開催

平成21年度エコツーリズムフォーラムの開催について(お知らせ)
 平成20年に「エコツーリズム推進法」が施行され、エコツーリズムの法的な定義や理念、具体的な推進策が定められ、エコツーリズムの推進にとって大きな一歩を踏み出しました。
 環境省では、エコツーリズムの普及、定着のために様々な取組みを進めており、(社)日本旅行業協会との共催により、昨年に引き続き「地域発のエコツアーをいかに流通させるか」を学ぶことを目的に、エコツーリズムフォーラムを開催いたします。
 本フォーラム前半は、環境省の「地球いきもの応援団」メンバーであり、新潟の里山で米作りに取り組んでいる大桃美代子さんに講演いただきます。里地里山でのエコツアーは農業や林業と密接な関係にあり、両立してこそ環境や景観保全にもつながります。また、エコツーリズムの考えに近いエコツアー商品を企画・販売している旅行会社の方にそのノウハウを披露していただき、「事業」として成り立つために何が必要か、業として継続させることの難しさ等本音の部分を語っていただきます。
 後半は地域のエコツアー商品流通の核となる観光協会の方々も交え、自然の活用と保全を目指すエコツアー商品をいかに流通させるかを討論します。
 行政も含め、地域でエコツーリズムを推進したいと思っている方々等多数ご参加いただきますようご案内いたします。

http://www.env.go.jp:80/press/press.php?serial=11454

8月9日から3回シリーズで、NHK総合テレビが、旧日本海軍の知られざる側面を伝える番組を放送します。
 
 今も根強く存在する俗説に「陸軍悪玉、海軍善玉論」というものがあります。 
 満州事変から太平洋戦争まで、日本を戦争の泥沼に引きずり込んだのは陸軍である。一方、海軍は海外事情に通じていたことから、一貫して戦争には消極的であり、特に太平洋戦争開戦には強く反対した、という論です。
 
 これは誤りです。
 
 海軍もまた陸軍と同様、戦争を推進したのです。
 
 それを裏付ける資料が最近発見されました。
 
 1980年から11年間、絶大な権力を振るった海軍の中枢『軍令部』のメンバーが、「海軍反省会」という秘密の会合を開き、400時間に渡る録音テープを残しました。70,80歳代に達していた軍令部のメンバーたちは、開戦に至る経緯、その裏で行った政界・皇族・陸軍などへの働きかけ、神風特攻、戦後の東京裁判対策などの内幕を語りました。

 NHK総合 
 NHKスペシャル 「日本海軍 400時間の証言」
 
 「第一回 開戦 海軍あって国家なし」
 http://www.nhk.or.jp/special/onair/090809.html
 8月9日(日) 午後9時00分~9時59分

 海軍がどのようにして政治にかかわっていったかを明らかにします。
  
 「第二回 特攻 やましき沈黙」
 http://www.nhk.or.jp/special/onair/090810.html
 8月10日(月) 午後10時00分~10時59分
 
 現場の熱意から始まったとされる神風特別攻撃が、実は海軍中枢が組織的に計
画していたことを明らかにします。 
 
 「第三回 戦犯裁判 第二の戦争」
 http://www.nhk.or.jp/special/onair/090811.html
 
 太平洋戦争敗戦後に始まった戦争裁判の裁きからどう海軍を守るか、海軍をい
かにして復活させるかを語ります。

トランジション・夏フェス! 2009

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    トランジション・夏フェス! 2009

  ~イエイ!ジモティーズ☆愛し合ってるかい?~

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ご近所力で楽しみな未来をつくっていく
トランジションタウン(TT)。
ひとりじゃできない、でも国や企業まかせじゃなく、
ジモトでつながって自ら動き始めたジモティーたちが、
その素敵かつ着実な手応えをみんなに伝えたくて、
日本のあちこちからやってくる(←希望!)初のTT夏まつり!

今年は藤野、葉山、小金井、相模湖、高尾、鎌倉、都留、鴨川。
8つのTTからジモティーズが大集合。

「今どんな感じで進んでるの?」
「どんなことしてるの?」
「うまくいってる?」
「こんなことで困ってるけどどうしたらいい?」

そんなライブなおしゃべりやリアルな情報交換、

各TTが趣向を凝らした活動内容の披露や名産品の出店、
手づくり系ミニワークショップからボディケア、
ジモティーこだわりの美味しいものも登場するかも。

TT未体験の方も大歓迎。
「トランジションタウンとは?どうはじめたらいいの?」
1日楽しく過ごしながら、
ご自分なりのヒントをたくさん持ち帰ってくださいね。


日時:8月30日(日)12:00~20:00(出入り自由!)

 ・12:00-15:00 ゆるゆるワイワイお祭りカフェタイム。
  トークやTT縁日、カフェをお楽しみください。

 ・15:00-17:00 TT名物、全員参加の熱いクリエイティブ
  ディスカッション。
  ワールドカフェかオープンスペーステクノロジーで、
  みんなのパワーを引き出すTTの真髄を体験しよう♪

 ・17:00-20:00 お待ちかねハッピーアワー☆
  生ビールや軽食も登場予定。お楽しみに。

場所:小金井フラワーホール(JR武蔵小金井駅徒歩3分)
http://www.flowerhall.com/access.html

入場料:8/28までにメール予約の方は1000円(ワンド
リンク付き/井戸水で煎れたコーヒーorハーブティー)、予
約なしの方は1100円

ご予約/お問合せ先:
ttkoganei☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

※ 広報協力割引:ご自分のHPまたはブログで、このイ
ベントをご紹介くださった方は入場料を100円引きさせていた
だきます。この案内文の転載でもオリジナルの告知文を書いてくだ
さってもオーケー。予約時に掲載URLをお知らせください。

※ マイ箸、マイバッグご持参ください。お皿やコップなどは
準備がありますが、お使いになったものは洗って返していただける
と助かります。

トランジションジャパンHP
http://www.transition-japan.net/

ブログ「ジモティーでいこう。」
http://ttown.exblog.jp/

第1回『三鷹いのちと平和映画祭』

第1回『三鷹いのちと平和映画祭』
Documentary Films & Talk Events
~緑の町・三鷹から平和の環を広げよう~

「いのちと平和を考える2日間」
日程:2009年 8月22日(土)・23日(日)
両日 9:30開場/10:00開演
会場:癒しと創造のスペース 沙羅舎

Schedule  ※タイムスケジュールなど詳細はパンフレットにて
===================================
22(土)
■『おきなわ戦の図 命どう宝』/監督:前田憲二
■『安らぎはいずこに?』 Jashn-e-azadhi (How We Celebrate Freedom) /監督:Sanjay Kak
■『メルトダウン-氷河融解』Meltdown/監督:Richard Heap
■『シアチェン-氷河の戦闘』Siachen: A war for Ice/監督:Fulvio Mariani & Mario Casella
◆ 特別トーク・ライブ:田中監督との語らい
「チベット難民-世代を超えた闘い」の田中邦彦監督とやさい村大友映男氏の対談

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
23(日)
■『神々の履歴書』/監督:前田憲二
■『私たちの未来を求めて旅するカメラ』(ぶんぶん通信no.1)/監督:鎌仲ひとみ
+お楽しみ映像
■『チベット難民-世代を超えた闘い』/監督:田中邦彦
◆ シンポジウム: いのちと平和について考える
ナビゲーター:大友 映男/ゲスト:walk 9/韓国巡礼+はなこりあ

===================================
※映画祭内容は変更となる場合もございます。

8月8日(土)NGO就職ガイダンスSpecial~NGOで働くためには~

■8月8日(土)NGO就職ガイダンスSpecial~NGOで働くためには~
------------------------------------------------------------------------
国際協力NGOセンター(JANIC)が定期的に開催している「NGO就職ガイダンス」。
夏のスペシャル版として、実際にNGOで働いている3人が経験談をお話ししま
す。JVCからはアフガニスタン担当の長谷部が出演します。

●第1部 私たち、NGOで働いています!
個性豊かな経験を持ち、現在NGOで働いている3人が、NGOの仕事のやりがいにつ
いて語ります。

【ケース1 企業からNGOへ】
浅野 恵子さん
ワールド・ビジョン・ジャパン 広報・アドボカシー担当
1995年聖心女子大学卒業後、日本貿易振興会(当時)(JETRO)勤務を経て、ロ
ンドン大学SOASにて開発学修士課程修了。1999-2000年、アイ・シーネット株式
会社勤務。2002年~ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)ミャンマー駐在員。2
年弱の同国勤務を経た後、海外事業部プログラム・オフィサーとして日本で勤務。
産・育休を経て広報・アドボカシー担当に。仕事と育児の両立に奔走する毎日を
過ごしている。

【ケース2 現場-国際協力の最前線】
長谷部 貴俊さん
日本国際ボランティアセンター アフガニスタン現地代表/同事業担当兼任
1997年イギリスのイースト・アングリア大学大学院で農村開発修士号取得。学生
時代は国内の外国人労働者支援に取り組む。1999年よりシャンティ国際ボランティ
ア会にて総務、カンボジア担当等を担い、その間約2年間カンボジア駐在。2005
年6月よりJVC勤務。アフガニスタン東京担当を経て、2008年1月よりアフガニス
タン現地代表兼任。日本アフガンNGOネットワーク調整員も兼ねる。楽しみは小
学生の息子、娘との将棋。

【ケース3 学生時代から国際協力】
門田 瑠衣子さん
エイズ孤児支援NGO・PLAS 代表理事
1981年熊本県生まれ。2006年、明治学院大学大学院国際学修士課程修了。大学の
平和学の授業をきっかけに国際協力に携わるようになる。大学院在学中にケニア
でボランティア活動に参加。その後、2005年にエイズ孤児支援NGO・PLASの立ち
上げに携わり、同団体事務局長を経て、現在代表理事を務める。ケニア、ウガン
ダでの海外事業および国内での資金調達やキャンペーン企画・運営、組織基盤強
化など、プラス全体の統括を行っている。


●第2部 履歴書・面接徹底解剖!-採用者の目線から
20年以上のNGO歴を持つ講師が、スタッフの採用担当者としての経験を踏まえ、
会いたくなる履歴書の書き方、面接のポイントをロールプレイを通して伝授しま
す。

【日時】2009年8月8日(土)13:15~16:45
【場所】国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 405室
【住所】東京都渋谷区代々木神園町3-19  
【地図】 http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
【参加費】 一般2,500円、会員2,000円(資料代含む)
【定員】    80名(要予約、定員になり次第締切)
【申込方法】 予約申込フォームからお申し込みください
https://www.janic.org/aform009.php

【主催・問い合わせ】
(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル5F
TEL:03-5292-2911   FAX:03-5292-2912
URL:http://www.janic.org/
担当:渡辺

 『第二回信頼資本トークセッション:介護はプロに家族には愛を』のご案内

========================================
     日本を代表する社会起業家によるトークセッション!
 『第二回信頼資本トークセッション:介護はプロに家族には愛を』のご案内

石川治江氏(NPO法人ケア・センターやわらぎ)×田中優氏(未来バンク事業組合)

    2009年8月17日(月) 19:00~ @信頼資本財団事務所
========================================

 信頼資本に共感する各界の賢人をお迎えするトークセッションのご案内です。

 今回はゲストに石川治江氏(特定非営利活動法人ケア・センターやわらぎ 代表理事http://www.yawaragi.or.jp/index.html)、スピーカーには田中 優氏(未来バンク事業組合理事長http://www.geocities.jp/mirai_bank/)をお迎えします。

 石川氏は、非営利の民間福祉団体としてケア・センターやわらぎ(現 特定非営利活動法人ケア・センターやわらぎ)を設立し、日本初の24時間365日の在宅福祉サービスを打ち出すなど、『福祉の空気を変える』をミッションに掲げて事業展開を続けてきた日本を代表する社会起業家です。
 今回は石川氏の著書の題名にもなっている「介護はプロに家族には愛を」をテーマに、同氏のこれまでの事業による取り組みについて、そしてご自身が理事として参加する信頼資本財団で実現したい未来について、同じく同財団理事であり、環境、経済、平和などの、様々なNGO活動に関わられてきた田中氏とおおいに語っていただきます。

 本セッションは、その内容がインターネットを通じてライブで配信され、Webを通して誰もがリアルタイムにトークセッションに参加し、議論に加わることのできる創発型トークセッションです。
インターネットテクノロジーとしてストリーミングサービス U Streamとマイクロブロギングサービス Twitterを用いて、リアルとネットのコラボレーションに挑戦します。

■日時:8月17日(月)19:00~21:00
※ その後財団事務所にて懇親会あり(1時間~1時間半程度)

■場所:信頼資本財団事務所
住所:東京都千代田区三番町24-25 三番町TYプラザ3F
地図:
http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=35.688265&lon=139.746085&sc=3&mode=map&pointer=on&home=on

■参加費
¥2,000-
※懇親会参加者は参加費用として別途¥1,500-をお願いいたします。

■参加申し込み
定員(会場):20名
※定員に達し次第応募を終了いたします。
参加のお申し込みは申し込みフォーマットに必要事項を記入の上、下記メールアドレスまでお送りください。
◆ 申し込み用アドレス:info@shinrai.or.jp/
◆ 申し込み締切り:2009年8月11日(火)
===============申し込みフォーマット===============
◆ 必要事項
1.お名前:
2.ご所属:
3.返信用メールアドレス:
4.参加動機:
5.ゲストに質問したいこと:
========================================
■オンラインでの参加方法:
当日、信頼資本財団の特設ページよりオンラインでご参加いただけます。
なお、ご発言いただくには「twitter」で事前に会員登録しておくことが必要になります。会員登録は無料で、30秒ほどで終わります。

詳しい説明はこちらをご参照ください。
http://www.shinrai.or.jp/event/online.html

■トークセッション構成
・時間構成:第一部:石川治江氏プレゼン『介護はプロに家族には愛を』
      第三部:ゲストとスピーカーのトークセッション
      第二部:聴衆参加型トークセッション

■ゲストプロフィール
石川 治江(いしかわ はるえ)
1947年東京都生れ。外資系組織秘書、喫茶店、居酒屋女将などを経て、福祉分野に進む。
1987年に非営利の民間福祉団体としてケア・センターやわらぎを設立。日本初の24時間365日の在宅福祉サービスを打ち出す。
NPO法人ケア・センターやわらぎ、社会福祉法人にんじんの会代表理事。
著書:「介護はプロに、家族は愛を。」(ユーリーグ株式会社発行)、「水辺の元気づくり」(理工図書株式会社)「川で実践する」(学芸出版)他。

■スピーカープロフィール
田中 優(たなか ゆう) 
1957年生まれ。法政大学法学部卒業。
未来バンク事業組合理事長、ap bank監事、天然住宅バンク代表、全国NPOバンク連絡会代表、日本国際ボランティアセンター理事、足元から地球温暖化を考える市民ネット・えどがわ理事。
区役所勤務を経て2008年に独立。
その他、立教大学大学院非常勤講師、和光大学非常勤講師、大東文化大学非常勤講師を務める。
著書:『おカネが変われば世界が変わる』(コモンズ)、坂本龍一との共著『非戦』(幻冬舎)他多数。

MAKE the RULE NIGHT (メイク・ザ・ルール・ナイト)

☆MAKE the RULE NIGHT (メイク・ザ・ルール・ナイト)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

地球温暖化をとめるためのしくみづくりをめざすキャンペーン、MAKE the
RULEは、この夏、音楽イベントを通して、キャンペーンの裾野を広げます。

8月5日の夜は、六本木のイベントスペースに、DJ・Sascha(サッシャ)と
新進気鋭の2組のバンド、温暖化問題の専門家を迎え、熱いトーク&ライブを
繰り広げます。

英国の気候変動法の成立に大きな影響を与えた市民キャンペーン「THE BIG
ASK」のスポークスマンとして活躍したレディオヘッドのトム・ヨークが地球
温暖化問題について語る秘蔵DVDも特別上映します。

ビールやカクテルを手にくつろぎながら、クールでホットな夏の夜をお楽しみください。

(会場には、おいしいフードメニューも用意されています)


【日時】 8月5日(水) 19:00~22:00 (開場19:00)
【会場】 スーパーデラックス (東京都港区西麻布3-1-25 B1F)
     http://super-deluxe.com/m/info/ja/

【参加費】 事前予約 2,000円 当日 2,500円 (ワンドリンク付)

【プログラム】
19:00 OPENING DVD上映「THE BIG ASK STORY」
19:40 TALK   「温暖化をとめる法律をつくろう!」 
             蟹江憲史氏(東京工業大学准教授)ほか
20:20 LIVE    OAS (Radiohead コピーバンド) http://oas.jpn.org/ 
21:00 DVD上映 「トム・ヨーク 温暖化を語る」
21:30 LIVE    ACMA      http://www.acma.tv/top.html
22:00 CLOSING 挨拶

DJ: Sascha(J-WAVEナビゲーター)http://www.fmbird.com/dj/sasha.html 

○MAKE the RULEオリジナルグッズ販売、署名コーナーあり。

【申込み】 下記よりお申込みください。(事前予約は前日24::00まで)
http://www.foejapan.org/lifestyle/ondanka/maketherule/MRNIGHT_090805.html

【問合せ】 FoE Japan 気候変動政策担当 softenergy@foejapan.org
       TEL 03-6907-7217 FAX 03-6907-7219

【主催】 FoE Japan、MAKE the RULEキャンペーン実行委員会
【協力】 Radiohead Night企画部

第1回『三鷹いのちと平和映画祭』Documentary Films & Talk Events

第1回『三鷹いのちと平和映画祭』Documentary Films & Talk Events
~緑の町・三鷹から平和の環を広げよう~

「いのちと平和を考える2日間」
日程:2009年 8月22日(土)・23日(日)
両日 9:30開場/10:00開演
会場:癒しと創造のスペース 沙羅舎

Schedule  
※タイムスケジュールなど詳細はチラシがありますのでお問い合わせください。
===================================
22(土)
■『おきなわ戦の図 命どう宝』/監督:前田憲二
■『安らぎはいずこに?』 Jashn-e-azadhi (How We Celebrate Freedom) /
   監督:Sanjay Kak
■『メルトダウン-氷河融解』Meltdown/監督:Richard Heap
■『シアチェン-氷河の戦闘』Siachen: A war for Ice/
  監督:Fulvio Mariani & Mario Casella
◆ 特別トーク・ライブ:田中監督との語らい 
「チベット難民-世代を超えた闘い」の田中邦彦監督と
                            やさい村大友映男氏の対談
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
23(日)
■『神々の履歴書』/監督:前田憲二
■『私たちの未来を求めて旅するカメラ』(ぶんぶん通信no.1)/
       監督:鎌仲ひとみ+お楽しみ映像
■『チベット難民-世代を超えた闘い』/監督:田中邦彦
◆ シンポジウム: いのちと平和について考える
ナビゲーター:大友 映男/ゲスト:walk 9/韓国巡礼+はなこりあ
===================================
※映画祭内容は変更となる場合もございます。


Message
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私達が知らない所で様々な現実が起こっています。人々が争い合ったり、
地球環境も壊されています。テレビや新聞はほんの一部の事実しか
伝えていません。
その現実を写した映像に出会って本当に驚きました。そして、私達が
住むこの三鷹で多くの人達と共に観、語り合いたいと思いこの映画祭を
開催する事になりました。
(やさい村 村長 大友映男)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Think Globally Act Locally
自分の住む三鷹で何かをしたいとずっと考えていました。
ドキュメンタリー映像を通じて三鷹から行動する
市民の輪が広がっていくことを願っています。
(NPO法人ヒマラヤ・アーカイブ・ジャパン 理事 太田敦之)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今、世界で起こっていることは、私の内面の混乱と同じもののように思えます。
戦争、風習、宗教、自然…。人は何の為に存在しているのでしょうか?
沙羅舎で上映会が行われる世界のドキュメンタリー映画。おろかしさ、滑稽さ、
素晴らしさ等、知らないことを知る気づきのチャンスにしたいとワクワクしてい
ます。
(沙羅舎 オーナー 片岡通人)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
三鷹にはすばらしいお店や活動をしている
人がいます。そんな平和を希望する人たちが
集える映画祭になったらいいです。
(walk9/やさい村 スタッフ 櫛田寒平)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】両日入場80名限定!
===================================
◆8月22日券・・・・・・・・・・・・・1,500円
◆8月23日券・・・・・・・・・・・・・1,500円
◆2日間通し券(*8月22日~23日)・・・2,500円/2,000円(★学割!)
◎懇親会(参加者と主催者や映画関係者との交流)◎先着20名様限定<事前予約制>
別途 参加費・・・2,000円(夕食+1ドリンクサービス付)
===================================
*2日間通し券は 先着50名様限定です!!
(★学割!)2日間通し券ご購入の学生の方は、当日「学生証」をお持ちになり、
受付で必ずご提示ください。 ※忘れた場合は一般料金との差額を頂きます。


【申し込み・購入方法】
氏名、年齢、電話/Fax番号、メールアドレス、住所、ご希望の券の種類と枚数、
懇親会の参加or不参加 をご明記の上、下記までお申し込みください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆Mailで申し込む・・・ info@sarasya.com
◆Telで申し込む・・・ 0422-47-6639(やさい村:11時~18時)
◆Faxで申し込む・・・ 0422-48-5072
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その後、下記口座へのチケット料金振込をもって、申し込み「完了」となります

★当日は「払込票兼受領証」をお持ちになり、受付で必ずご提示ください★

===================================
<<ゆうちょ銀行(郵便振替)口座>>
名義:三鷹いのちと平和カツドウ 記号:10010 番号:71920011
===================================
※振込手数料は自己負担でお願いいたします。

[下記チケット販売所で直接購入もできます。]
◆やさい村 ・・・ 東京都三鷹市下連雀3-6-25
◆沙 羅 舎 ・・・ 東京都三鷹市下連雀3-1-24


【会場案内】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
癒しと創造のスペース 沙羅舎 (舞遊空間B1)
住所:〒181-0013東京都三鷹市下連雀3-1-24

   (JR中央線.総武線/東西線「三鷹駅」南口より徒歩6分)
TEL&FAX:0422-41-8617  www.sarasya.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※会場には駐車場がございません。なるべく公共交通機関をご利用ください。
※お車でお越しの方は近くの駐車場(コインパーキングなど)をご利用ください。


***********************************
主 催:三鷹いのちと平和カツドウ
特別協賛:NPO法人 ハヌルハウス、NPO法人 ヒマラヤ・アーカイブ・ジャパン、
グループ現代、沙羅舎、やさい村
協力:心泉茶苑、C-Cafe、三鷹オーガニック農園、風のすみか、たべもの村、
プーの森、上々堂、るま・ばぐーす、はぐら茶屋、グルッペ三鷹店、ほびっと村、
アチパン、cafeSlow、ナチュラル・ハーモニー、はなこりあ、源-minamoto-

お問い合わせ先:三鷹いのちと平和カツドウ
<事務局> Mail: info@sarasya.com/Tel: 0422-47-6639
(やさい村:11時~18時)/Fax:0422-48-5072

-----------------------------------------------------------------------

Blastbeat Education 創業者 Robert Stephensonさん トーク・セッション

NHK番組「チェンジ・メーカー」に登場し、大好評!
ロックで若者に起業家精神を伝えるアイルランドの社会起業家がやってくる!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
◇ GliPub@根津 Special ◇協力:慶応義塾大学 井上英之研究室◇

 Blastbeat Education 創業者 Robert Stephensonさん トーク・セッション
────────────────────────────────
 2009年8月7日(金) 19:00~ @不忍ふれあい館 (千代田線 根津駅)
★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Blastbeat Education(ブラストビート エデュケーション)(www.blastbeat.org)
は、
世界中の高校生を対象に、音楽・マルチメディアのビジネスプロジェクトを通じて
社会起業家精神を伝える教育プログラムを提供するアイルランド発のNPOです。

参加生徒は、音楽・マルチメディア企業(Music & Multimedia Companies:MMC)
を立ち上げ、それぞれのメンバーは、社長(CEO)、セールスマネジャー、バンドの
スカウト担当マネジャーなど様々な役割を担います。MMCは音楽レーベルを作り、
自分たちの学校(あるいは周りの学校)にてプロモーションを展開します。
ビジネスプランの作成に始まり、予算作成、販売・販促企画、ロゴやウェブのデザ
イン、そしてイベントそのものの企画。そして、地元のバンドやアーティストをスカ
ウトし、コンサートにおける「バンドバトル」を通して地元で、国で、世界で演奏す
る機会をつかんでいきます。
実際にビジネスをするなかで発生する一人一人への責任が、生徒たちは、
音楽・マルチメディアビジネスとは、起業家精神とは、ビジネスをするとは、を
自ら学んでいくのです。また、地域の隠れた才能を発掘する役割も果たします。

Blastbeat Educationは、音楽業界で豊富な経験を持つRobert Stephensonさん
が2003年にアイルランドで立ち上げました。孤独、アルコールやドラッグに陥り
がちな若者たちの可能性を拓きたい。彼らに、チームで働き、地域社会と共に
生き、社会起業家となれる可能性を体験してほしい、という強い思いから始まり
ました。その活動は、アイルランドだけでなく、南アフリカ、ベルギー、アメリカ、
チェコ・・・と国を超えて広がってきています。
日本でも、今年7月にNHK「チェンジ・メーカー」に紹介され、大反響を得ていま
す。

今回、日本を訪問中のRobert Stephensonが社会起業家、高校生への新しい
教育などに関心の高い方々と交流の機会を持ちたいと、特別にトークセッション
の時間を設けていただけることになりました。

共に活動を創っていける方々に、ぜひお集まりいただきたいと考えています。

※Brastbeatの説明は、Oxford留学中で活動を支援している南さんのblogに
 詳しく紹介されています。
 http://soullovers.at.webry.info/200907/article_9.html

■詳細■
日時 : 2009年8月7日(金) 19:00~22:00
会場 : トークセッション(19:00~21:00)
      不忍ふれあい館 4階会議室
      (文京区根津2-20-7、千代田線 根津駅 1番出口 徒歩2分)
     交流会(21:00~22:00)
      エンパブリック根津スタジオ (文京区弥生2-12-3)
内容 : Robert Stephenson によるBlastbeat Educationの説明と
     トークセッション
  <ファシリテーター>
    井上英之 (慶應義塾大学SFC 専任講師)
    広石拓司 (エンパブリック代表)
参加費 : 3,000円
定員 : 40名 

申込方法: 根津スタジオ 申し込みフォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/d2953d2c62 より申込み下さい
プロフィール

ぼ

Author:ぼ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。