FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「損保ジャパン・首都圏ふれあいの森」協定記念シンポジウム

─────────────────────────────────────────────
  市民のための環境公開講座
  「損保ジャパン・首都圏ふれあいの森」協定記念シンポジウム
    森のチカラ ~森と人との共存を考える~
─────────────────────────────────────────────
 このたび損保ジャパンは、埼玉県、嵐山町と森林づくり協定を締結し
 森林保全活動を開始しました。これを記念し、シンポジウムを開催し
 ます。森林は、CO2を吸収するとともに、私たちに様々な恵をもたら
 してくれます。荒廃した森のチカラを甦らせ、森と共生していくには
 どうしたらよいのか、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

【日 時】2009年12月5日(土)14:00~17:10(13:00受付開始)
【場 所】損保ジャパン本社ビル2階大会議室(新宿駅西口から約7分)
【案内図】
http://www.sompo-japan.co.jp/about/company/outline/map/index.html
【参加費】無料
【定 員】250名
【プログラム】
 ○パネルディスカッション
  池谷キワ子氏(林業家、NPO法人森づくりフォーラム理事)
   加藤鐵夫氏 ((社)日本森林技術協会専務理事)
   高橋兼次氏 (埼玉県嵐山町副町長)
   増田直広氏 ((財)キープ協会環境教育事業部キープ・フォレスターズ・スクール部長)
  コーディネーター  瀬田信哉氏((社)日本環境教育フォーラム理事)
 ○講 演
  「森から未来をみる」C.W.ニコル氏(作家、(財)C.W.ニコル・アファンの森財団理
事長)
【主 催】損害保険ジャパン、損保ジャパン環境財団、日本環境教育フォーラム
【申 込】EメールまたはFAXにてお申込ください。
     [宛先] ECo@sompo-japan.co.jp  / FAX:03-3349-3304
     [件名] 森のチカラ申込
     [内容] 氏名、フリガナ、住所、電話番号、Eメールアドレス

【詳 細 http://www.sjef.org/kouza/img/mori-no-chikara_20091205.pdf
【問合せ】「市民のための環境公開講座」事務局
      TEL:03-3349-9598 FAX:03-3349-3304
       E-mail:ECo@sompo-japan.co.jp

みんなが動く!NPOで使える プロジェクトファシリテーション

第6回a-conゼミナール

■■テーマ■■
みんなが動く!NPOで使える プロジェクトファシリテーション


■■ゼミナール内容■■
「NPOやボランティアサークルの活動。やりたいこと、やらなくてはいけないことは
なんとなくあるんだけど、どうやってみんなを巻き込んでいったらいいのかわからない。」

「ボランティアの打ち合せ。そのときは盛り上がるんだけど、その後の個別作業がなかなか
思うように進まない。」

そんな悩みを持ったことがある方に、みんなが明るいきもちでアイデアを
出せるようになるヒントを満載したセミナーをお届けします。

近年企業のマネジャークラスには必須のスキルとなりつつある、
「プロジェクトマネジメント」や「ファシリテーション」の考え方を取り入れ、
さらに、講師が経験してきたNPOやボランティア運営の実情を加味して、
楽しさ・実践 をキーワードにみんなが動いて価値を生み出すことができる
活動の進め方を提案します。


■■ゼミナール講師■■
加雅屋拓

a-conプランナー。
広告会社にて人材開発を担当し、プロジェクトマネジメント、ファシリテーション、
プレゼンテーション、語学教育など、幅広い分野での研修を企画・実施。
担当中に研究した人材開発、ビジネススキル関連書籍は1000冊を超える。
また、a-conの活動を通じ、様々な分野のNPOでコミュニケーションサポートのマネジメントや、
組織の意思決定のファシリテー ションを行い、NPOやボランティア運営の特殊性を加味した
知見づくりを進めている。

■■日時■■
2009年11月21日(土)13:00-15:00

■■場所■■
生涯学習センター(港区新橋3-16-3)
http://www.kissport.or.jp/sisetu/syougai/index.html

■■参加費■■
無料(会議室代200円程度を割り勘の可能性あり)

■■主催■■
特定非営利活動法人a-con(申請中) ゼミナール事務局
問い合わせ先・お申し込み連絡先:acon.seminar@gmail.com
※上記予定はやむを得ず変更する場合があります。最新の情報は
a-conWEBサイトか、ゼミナール事務局までお問い合わせください。



--
***********☆*☆****
a-conゼミナールサポート事務局
<acon.seminar@gmail.com>
~ゼミナールメンバー絶賛募集中~

Satish Kumar(サティシュ・クマール) 2009 講演会つながりを取りもどすために

Satish Kumar(サティシュ・クマール) 2009 講演会つながりを取りもどすために
「土」と「心」が創る「持続可能な社会」
007年の春。サティシュ・クマールさんというインド生まれの平和思想家、エコロジー思想家は、私たちに「土と心と社会」とのつながりを取りもどそうというメッセージを届けてくれました。

「土(自然)」とのつながりが「心(魂)」を耕し、十分に水と栄養を与えられた「心」が、「社会」(コミュニティから世界まで)を変えていくんだってことを、すごい説得力で教えてくれたのでした。誰にでもわかる、わかりやすい言葉で。それは、サティシュさんの平和に捧げた人生に裏打ちされた言葉たちだったのです。

 そして、2年後の2009年。サティシュさんがふたたび日本にやってきます。その間、私たちの身の回りにもいろんな事が起こりました。中でもショッキングだったのは100年に一度の不況とハケン切り。そこに現れたのは行き過ぎた市場原理主義の危うさと暴力的な利益追求の弊害でした。草の根レベルでは、地域のつながりを取り戻しながら低炭素社会を目指すトランジション・タウンの運動が日本の各地で拡がりを見せています。また、先日の総選挙では「民意」が、政権交代を実現させ、政治の世界にも変化が訪れました。

一方、サティシュさんは、『精神のコンパス』という本を書き上げました。 この本の中で、サティシュさんは日々の生活から、コミュニケーション、食と農、エコロジー活動、ビジネスに至るまで、あらゆるステージで応用できる「指針」を明らかにした上で、分離・分断から統合へ、競合から共生へ、孤立から連帯への道筋を明るく照らしてくれています。

 持続可能な社会への鼓動が次第に大きく膨らみ始めたいま、私たちに必要なチカラ。それは、さらにすそ野を広げ、人々を動かしていくコミュニケーションのチカラ。これまでのリーダーシップの枠を突き破り、愛と非暴力の行動による社会変革を牽引するチカラ、さまざまな運動をネットワークしていく繋げるチカラ、そしてそれらを可能にする、私たちの心の中奥深くに眠りながら目覚めを待っている精神のエナジー。つまりは、サティシュさんの思想の最深部を語り尽くしてもらおう、という講演会です。

 11月18日、水曜日。平日のお昼から夕方にかけて行われる、この集まりは決して、「いい話だったよね」なんてレベルのものではありません。聞いた人の心の中に一生残り、燃え続ける魂の贈り物です。何かおかしい、このままじゃいけない、という想いを抱えている人。何か自分にもできることはないだろうか? と考えている人。すでに、社会や環境に関する活動を始めている人。社会的起業に興味のある人。これは、あなたの一生を見事に変えてしまうかもしれない、ひとつのターニング・ポイントなのです。

Satish Kumar(サティシュ・クマール) 2009 講演会

<日 時>
2009年11月18日(水)午後2時~6時(予定)
<場 所>
聖心女子大学宮代ホール(東京広尾)〔交通アクセス〕
<参加費>
2000円(前売り・事前予約)/ 2500円(当日)
<主 催>
NPO法人懐かしい未来
<参加お申し込み>
sk20091118@gmail.com


http://afutures.net/event/091118.html

ソーシャルブロガーフォーラム

ソーシャルブロガーフォーラム
~CANPANブログ大賞受賞者に聞く、社会を変える感動情報発信とは?~


毎年恒例のブログ大賞ですが、今年は装いも新たに「ソーシャルブロガーフォーラム」と銘打って開催します。社会問題に取り組まれている方や関心のある方を対象に、効果的な情報発信により、いかに活動の幅が広がるのか、支援の輪が広がっていくのか、といったノウハウと知恵を共有できればと思います。

また、今回登壇されるプレゼンターの方は、いずれも社会の一隅を照らす感動的な活動をされている方々ばかりです。実際にまだ活動に取り組まれていない方も、この機会に是非お越しいただければと思います。


1.日時:2009年11月7日(土)13:00-17:00

2.場所:日本財団ビル大会議室(東京都港区赤坂1-2-2) 

3.対象者:NPO関係者、社会起業家の方、ブログやソーシャルコミュニティに関心のある方等

4.参加費:無料
      (※懇親会に参加される方は3,000円 学生は1,000円)

5.プログラム:
 (1)ソーシャルブロガーによる感動のプレゼンテーション

   CANPAN第4回ブログ大賞受賞者による活動内容の紹介、今後の夢について
   プレゼンテーションしていただきます。

 (2)ソーシャルブロガーとその応援者によるパネルディスカッション
   ~私はここに感動した!応援を呼び込む感動ブログとは~
   
   過去にCANPANブログ大賞を受賞された団体様と、そのブログを応援する方を
   お招きし、どうすれば共感と応援を呼ぶ情報発信が行えるのか、といったテーマに
   ついてディスカッションを行います。

6.主催:日本財団CANPANプロジェクト

7.協賛:(協)日本イラストレーション協会(JILLA・ジャイラ)、志援会、伝説のホテルプロジェクト
     アイファイジャパン株式会社、株式会社ジャングル、株式会社Cerevo、FON Japan

8.お申し込み:

   http://www.canpan.org/canpanforum2009-recept/
   より行ってください。

   ※11月4日(水)をもってお申し込みを締め切らせていただきます。

グリーンジョブ国際シンポジウム

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

10月31日(土) 13:00~17:00 (開場12:30)

グリーンジョブ国際シンポジウム
~環境の時代 仕事・生き方どう選ぶ?~
@御茶ノ水 YMCAアジア青少年センター スペースワイホール

http://www.aseed.org/info/info09_1031.html

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

「グリーン・ニューディール」
「グリーン・ジョブ(緑の雇用)」
「緑の経済と社会変革」
「環境・CSR」
などなど

最近環境と経済・雇用を両立させるキーワードが
注目を浴びていますが、
実際それで山積みになっている
環境・社会問題は解決するのでしょうか?

今回のシンポジウムではこうした
キーワードをベースとしながら、
金融危機後における持続可能な社会経済への
展望と課題を、仕事について考える青年の
視点から、読み解いていきます。

今の金融危機に対して、
「どうしてこんなことになってしまったんだろう」と思っている人、
「どうせ働くなら環境にいいことをしたい」という人、
これから就活をする人、迷っている人、転職を考えている人、
様々な人にとって有意義な時間になること間違いなし。

自分の納得行く働き方を追求するならば
もはや環境と経済のキーワードは無視できない!
是非ふるってご参加下さい。

■■開催概要━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

【日時】
2009年10月31日(土) 13:00~17:00 (開場12:30)

【場所】
YMCAアジア青少年センター スペースワイホール
東京都千代田区猿楽町2-5-5

アクセス:
JR水道橋駅徒歩6分
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/

【プログラム(予定)】
12:30 開場
13:00 開始

◆オープニング「ASJの考えるグリーンジョブ」
 田中滋(A SEED JAPAN理事)

◆基調講演「金融危機時代における『環境×経済』(仮)」
 河口真理子氏(大和総研経営戦略研究部長)

 #金融危機後の大きなパラダイムシフトの中での
  環境と経済のあり方についてお話しただきます。


◆トークセッション「資本主義にかわる『オルタナティブ経済』の可能性(仮)」
 佐久間智子氏-Sukjong Hong氏(Nodutdol)-Lee Won-Jae(Cultural Action)

 #主にアジアを対象としながら、現在の資本主義経済の問題点と
  オルタナティブ経済の可能性を探ります

◆パネルディスカッション
「本当のグリーンジョブとは? グリーンジョブの現場から考える(仮)」

 コーディネーター:
  見山謙一郎氏(立教大学AIIC特任准教授/環境ビジネス・イノベーター)
  /小杉春奈(A SEED JAPANボランティアスタッフ)

 パネリスト:
  佐々木正顕氏(積水ハウス(株) 環境推進部 部長)
  鈴木亨氏(北海道グリーンファンド理事・事務局長)
  出雲充氏((株)ユーグレナ代表取締役社長)

 #グリーンジョブを大企業/NPO/ベンチャーの立場で実践されている
  方々をお招きし、具体的な実践の現場からグリーンジョブのあり方に
  ついてお話いただきます。

◆クロージング

17:00 終了予定

【登壇者紹介(一部)】
・河口真理子(かわぐち・まりこ)氏
1986年一橋大学大学院修士課程修了(環境経済)、同年大和証券入社。
1994年に大和総研に転籍、企業調査などを経て現在、経営戦略研究部長
/主席研究員。担当分野は環境経営・CSR・社会的責任投資。青山学院
大学非常勤講師、NPO法人・社会的責任投資フォーラム代表 理事・
事務局長。サステナビリテイ日本フォーラム評議委員、エコアクション
21審査人委員会認定委員、環境省・環境ビジネスウィメンの会メンバー、
東京都環境審議会委員、環境コミュニケーション大賞審査委員 など。

・佐久間智子(さくま・ともこ)氏
アジア太平洋資料センター理事、女子栄養大学非常勤講師。
共著書に、『どうなっているの?日本と世界の水事情』(アットワーク
ス、2007年)、『儲かれば、それでいいのか-グローバリズムの本質と
地域の力』(コモンズ、2006年)など、訳書に、『フード・ウォーズ』
(ティム・ラング他著、コモンズ、2009年)、『ウォーター・ビジネ
ス』(モード・バーロウ著、作品社、2008年)など。

・Sukjong Hong(サクチョン・ホン)氏
イェール大学建築学科、コーネル大学都市地域計画学科修士課程卒。
労働、貿易、移民の権利や軍国主義の観点から行われる様々な地球規模
の社会運動とアメリカの若手活動家や地域福祉活動家をつなげ、社会的
連帯を強める国際活動家。主にニューヨーク市内で移民の青年らのため
の教師兼芸術家として活動。また、ベトナムやフィリピンにおける国際
開発プロジェクトが及ぼした影響を現地女性グループや環境団体や平和
活動家らとともに独自調査を実施した経験を持つ。

・見山謙一郎(みやま・けんいちろう)氏
立教大学AIIC特任准教授/環境ビジネス・イノベーター。
1967年生まれ、埼玉県出身。1990年立教大学法学部を卒業後、住友銀行
(現三井住友銀行)に入行。本店営業第一部上席部長代理などを歴任。
2005年立教大学大学院修了(MBA)。同年10月に三井住友銀行を退職し、
アーティストが設立したNPOバンク(ap bank)に理事として参画。
環境に関するさまざまなプロジェクトへの融資・支援活動に携わるかた
わら、環境省の行政委員などを複数務める。2009年1月に独立。同年2月
に株式会社フィールド・デザイン・ネットワークスを設立し、代表取締
役に就任。金融機関やベンチャー企業、教育・行政機関等の企画立案業
務に携わるかたわら、各種講演活動も行っている。多摩大学経営情報学
部非常勤講師。

・佐々木正顕(ささき・まさあき)氏
積水ハウス㈱ 環境推進部 部長。
1979年、関西大学法学部卒業後、税理士事務所を経て1989年積水ハウス
入社。総務部にて法務・株式部門担当。定期借地権の事業立ち上げなど
に関与した後、1996年から2年間、関西経済連合会に出向し主任研究員
として都市政策・地域振興や関西広域連携協議会創設に関与。1999年の
環境推進部創設により現在に至る。持続可能性を核とした環境経営の社
内浸透に努める他、社外からの講演依頼も多い。

・出雲充(いずも・みつる)氏
1980年生まれ、広島県呉市出身。
2002年東京大学農学部農業構造・経営学専修 卒業。
2002年 株式会社東京三菱銀行 入行。
2005年 株式会社ユーグレナ代表取締役社長 就任。
学生時代に、留学先のアメリカで大学の先端技術と連携するビジネスの
数々に触れ、刺激を受け、帰国後、文系から農学部に転部したところ、
微細藻類「ユーグレナ(和名:ミドリムシ)」と出会う。ユーグレナの
培養技術に成功すれば、環境問題、食糧問題を同時に解決できると考え、
それを企業理念とし、事業化。ヒトの健康(健康増進・食糧飼料増産)
と地球の健康(二酸化炭素固定・温暖化対策)に資するべく、ユーグレ
ナとその他微細藻類の研究・培養・事業化に取り組んでいる。

・鈴木亨(すずき・とおる)氏
1957年、北海道生まれ。
自治体職員、生協職員を経て、1999年、NPO法人北海道グリーンファン
ド設立し理事・事務局長に就任。誰でも無理なく地球環境の保全に貢献
できる寄付スキーム「グリーン電気料金制度」を開始し日本初の市民出
資による風力発電事業を行う。地域、環境、金融の3つの社会システム
の領域にまたがる新しいモデルを構築する。株式会社市民風力発電(20
01年)、株式会社自然エネルギー市民ファンド(2003年)を設立し代表
取締役を兼務する。

【参加費】
ASJ会員:500円
非会員学生:1000円
非会員社会人:2000円

【定員】
200名

■■申し込み━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
下記の参加申し込みフォームにご記入いただき、件名に「GJ国際シンポ
ジウム」と明記の上、E-mail( info@aseed.org )でA SEED JAPAN 事
務局までお送りください。お申し込みを確認次第、ご連絡させていただ
きます。(申し込み〆切:10月28日(水)必着)

【お申し込みフォーム】
--------------------------------------------------------------
○お名前(ふりがな):
○職業:
○性別: 女 ・ 男
○年齢: 10代 ・ 20代 ・ 30代 ・ 40代 ・ 50代 ・ 60代以上
○TEL:
○E-mail:
○ASJ会員:会員・非会員学生・非会員社会人
○イベントへの参加動機、当日知りたいこと:
(可能な範囲で当日の内容に反映させていただきます。)

--------------------------------------------------------------
※今回ご提供いただく個人情報は、A SEED JAPAN が主催する各種
イベント等に関する情報提供とそれらに付随する諸対応に使用さ
せていただく場合があります。取り扱いに関するご質問・ご要望
がございましたら、事務局までお問い合わせください。

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

【主催・連絡先】
国際青年環境NGO A SEED JAPAN(担当:田中・岸田)
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
TEL  03-5366-7484    FAX  03-3341-6030
E-mail info@aseed.org
http://www.aseed.org

A SEED JAPANとは…
地球サミット(1992年)に青年の声を届けよう!という想いから
始まった国際青年環境NGO。大量生産・大量消費・大量廃棄の
パターンの変更と、南北間・地域間・世代間の格差のない社会を
実現するために、未来の世代を担う青年自らが行動を起こしています。

※本イベントは地球環境基金の助成を受けて開催いたします。

“私たちは、なぜチッソに行くのか”

水俣セミナー緊急企画 「私たちは、なぜチッソに行くのか」


74歳の坂本美代子さんは水俣生まれ。両親姉弟は認定患者で、自身も関西訴訟最高裁判決で勝訴の上、今月6日には行政認定を取得。54歳の小笹恵さんの両親は水俣の対岸、獅子島生まれ。水俣に移って発病したが同判決で勝訴。しかし、坂本さん、小笹さんは「まだ、まったく償われていない」と、チッソに直接話をするため、28日に急遽、大阪から上京することとなりました。一見、解決したかのようにみえるお2人を突き動かすものは何か。じっくりとお話をうかがいます。
--------------------------------------------------------------------------------
■概要

[講師]
坂本美代子(水俣病患者、大阪府在住)
小笹恵(水俣病患者、大阪府在住)

[タイトル]
“私たちは、なぜチッソに行くのか”

日時:10月29日(木)午後7時~9時(6時半開場)

会場:新宿区立新宿消費生活センター分館4階(地図 PDFファイル)

交通:「高田馬場駅」戸山口より徒歩2分

料金:1000円(予約不要)

http://www6.ocn.ne.jp/~mf1997/09info/2009/091021_02.html

「チャリチャリごみひろい」開催のお知らせ

NPOと企業の協働プログラム
「チャリチャリごみひろい」開催のお知らせ
CYCLING×CLEAN PROJEC
2009 年 11 月 8 日 (日)13:00~15:30

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

●NPO 法人スマイルスタイルと DAHON 日本総代理店株式会社アキボウは、2009 年 11 月 8 日(日)、NPOと企業の協働プログラムとして「チャリチャリごみひろい !CYCLING×CLEAN PROJECT!」を実施致します。
●折りたたみ自転車のパイオニアブランド「DAHON」の自転車に乗って、北エリア・ミナミエリアを中心とする各主要駅までサイクリングし、同時に駅周辺の清掃活動を行う企画になります。
●本件は、NPOと企業の協働としての自主的な企画であり、コラボレーションすることで、参加者との新しいコミュニケーションを生み出す意欲的な取り組みとなっております。


エコや環境対策へのブームの中で、環境にやさしいとされる自転車の需要が高まっており、おしゃれで爽快な走りを体感できる自転車も街でよく見かけるようになりました。「環境のことを考えるツール」として自転車の果たす役割を発信するDAHON 日本総代理店(株)アキボウと、アートゴミ袋を使ってのごみひろい活動を展開するNPO法人スマイルスタイルが協働し、新しい環境コミュニケーションプログラムを展開致します。

当日は、みなさまに自転車にのってご集合いただき(約 20 台の DAHON 及び FUJI の自転車の貸し出しも実施)、靱公園から北エリア・ミナミエリアの各主要駅に向かってサイクリングを楽しんでいただきます。到着後、各駅周辺のごみひろいを実施。再び集合後、参加者のみなさまには、DAHON の自転車や ECO バッグなどが当たる抽選会にもご参加いただきます。

自転車好きの方、ボランティア活動に興味をお持ちの方など多くの方に楽しみながらご参加いただき、自身のライフスタイルの見直しや環境問題への興味関心を持っていただく機会をご提供できればと考えております。ぜひご取材ご協力お願い申し上げます。



【イベント概要】
名称   「 チャリチャリごみひろい CYCLING×CLEAN PROJECT 」
日時    2009 年 11 月 8 日 ( 日 ) 13 : 00~15 : 30
     [雨天の場合は 15 日(日)に延期]

集合場所 靱公園(四つ橋筋沿い入口より入ってすぐの広場)
持ち物  軍手・笑顔・風をきって走るココロ
備考   当日は DAHON の自転車を数台ご用意いたしますが、数に限りがご
ざいます。利用をお考えの方はあらかじめお問い合わせください





「 チャリチャリごみひろい CYCLING×CLEAN PROJECT 」参考資料

■NPO 法人スマイルスタイルとは?
http://smilestyle.jp

デザインやコンセプトメイクを手掛けたボランティア活動・社会貢献活動をプロデュース、実施する NPO 法人。多様な表現や生き方が認められる社会の創造を目指し、環境啓発・地域活性・アーティスト支援などに関する活動を関西を中心に展開しています。


■DAHON 日本総代理店 株式会社アキボウとは?http://www.akibo.co.jp/index.html

海外ブランドの自転車とサイクルウェアなどの輸入、オートバイ部品の輸出において業界をリードしてきた株式会社アキボウ。時代の推移と共にオートバイ部品、付属品、自転車部品、各種機械類、工具、材料類の輸出を拡大し、数年来の国際為替事情と経済の構造変革に対し三国間貿易や関連商品の輸入も着実に伸ばしています。国内海外の取引先との信用、信頼関係を高めワールドワイドの流通業務を通じて社会に貢献する事をすべての営業活動の基本姿勢としています。


■DAHON とは?
http://www.dahon.jp/

デービット・ホン博士の折りたたみ自転車界に革命を起こした、パイオニアブランド。ダホンの自転車の特徴は、なんと言ってもこの卓越した技術の集大成。世界に計り知れない影響を与えた今も DAHON は新たな革命を起こすべく新しい機能、製品を生み出し続けています。


■ダホンガール
http://dahon-girl.jp/

みんなと一緒に自転車というキーワードでエコを考え、体験する DAHON のイメージユニット。イベント当日は、ダホンガールも参加し、参加者と一緒にサイクリングやごみひろいを楽しみます。

伊勢崎賢治マエキタミヤコ Jazz HIKESHI ジャズ・ヒケシ

新宿ネイキッドロフト 11月7日(土) 
伊勢崎賢治マエキタミヤコ Jazz HIKESHI ジャズ・ヒケシ

世界の武装解除、紛争解決、戦争予防の最先端を行くジャズトランペッ ター伊勢崎賢治が、プロパガンダに対抗するピースアドの最先端を行く マエキタミヤコと、徹底トーク。と徹底ピースジャズライブ。乞うご期待。

場所:新宿ネイキッドロフト
出演:伊勢崎賢治(トランペット)、マエキタミヤコ、中島弘恵(ピア ノ)
時間:OPEN 18:00 / START 19:00 
チケット情報: 前売¥2,000 / 当日¥2,300(共に 飲食代別)
10月4日から Naked Loft 店頭にて前売電話予約受付けま す。
ローソンチケットでも販売します。(Lコード:31486)
問い合わせ:Tel.03-3205-1556

オーガニックライフスタイリスト文化祭2009

オーガニックライフスタイリスト文化祭2009

◎日時:2009年11月1日(日)10:00~16:00
◎会場:エコプラザ
◎お申込みが必要なプログラムもあります
※右の画像をクリックするとチラシデータ(PDF/380KB)のダウンロードがはじまります

「ほんとうに大切なこと」に触れてください。

いま流行のオーガニック。
それを安心安全の基準
と思う人も多いだろうけど、
実は「ほんとうに大切なこと」というのが
本来この言葉の意味するところ。
たとえばお米が有機認証のものだからといって、
それでおにぎりのオーガニックな
価値が決まるわけじゃない、と
わたしたちは考えます。
心ある人がいて、そこに思いがこもる。
そんな手作りのあったかさとともに、
なるほど!オーガニックってこうなんだ!に触れる特別な一日をお届けします。


《ショップ》
オーガニックライフスタイリストたちが厳選した
野菜、お米、お菓子、ワイン、家具、コスメなど、
衣食住全般のお店が並びます!

‐出店予定店舗‐
・たかいく農園(野菜)
・AVN japon(ワイン)
・le risa(お菓子)
・anonimo coffee roaster(コーヒー)
・プリミアスティージャパン(紅茶)
・Abies Mikuriya Cake(お菓子)
・SOLVIDA(ドッグフード)
・みやもと山(米、味噌など)
・Organic Crew(フラワー)
・touta.(布ナプキン)
・エコふとん親松寝具店(布団)
・ソフトバンククリエイティブ株式会社(本)
・made of Organics(コスメ)
・おもちゃ箱(コスメ、おもちゃなど)
・ファーネイチャー(家具)
・かぐれ(コットン)

《セミナー》(★要申込み/一部有料)
オーガニックコンシェルジュの岡村貴子さんのトークや
サントーシマ香さんによるヨガ&トーク、天然酵母のパン教室、
布ナプキンを作ってみるワークショップなどを開催します!

10:00~11:00 サントーシマ香のモーニングヨガ ★要申込み
◎講師:サントーシマ香さん(ヨガインストラクター)
◎内容:オーガニックライフスタイリストでもあるサントーシマ香さんによるヨガ教室。
    ヨガで気持ち良い朝をスタートしませんか?初心者・男性も歓迎です。
◎定員:20名
◎料金:無料
◎お申込み:下記フォームの必要事項を記載してeメールにて
      event@eco-plaza.net(@は全角になっています)までお申込みください。

11:00~11:30 トーク「男の子オーガニック × 女の子オーガニック」
◎講師:サントーシマ香さん、森敏さん(ともにオーガニックライフスタイリスト)
◎内容:数少ない男性のオーガニックライフスタイリストである森敏さんと、
    サントーシマ香さんによる本音トーク。
    男女それぞれの視点からのリアルオーガニックライフをお楽しみください。
◎参加自由

12:00~14:00 天然酵母でつくるオーガニックパン教室 ★要申込み/有料
◎講師:佐藤 美穂さん(Vida Art Bread School)、
    岡村貴子さん(オーガニックコンシェルジュ)、
    上田昌文さん(市民科学研究室)
◎内容:動物性食材、砂糖を使わず、オーガニックの素材で作る
    美味しいパンのコツが学べます。
    顕微鏡をつかって普段見ることのできない酵母の顔も見ることができます。
    お家で焼ける簡単レシピをご自身の手で、混ぜてこねて体験してみませんか?
◎定員:20名
◎料金:800円 (東京都港区在住の方は半額になります)
◎お申込み:下記フォームの必要事項を記載してeメールにて
      event@eco-plaza.net(@は全角になっています)までお申込みください。

14:30~15:00 トーク「布ナプキンとオーガニック」
◎講師:ユーゴさん(touta.)、
    岡村貴子さん(オーガニックコンシェルジュ)、
    末吉里花さん(オーガニックライフスタイリスト)
◎内容:子宮頸がんの話や布ナプキンのこと、
    なぜ布ナプキンにオーガニックを使用するのか?
    なぜ廃材の生地を使用するのかなどなど。
    touta.代表でクリエイターのユーゴさんの経験談をお話いただきます。
◎参加自由

15:00~16:30 ワークショップ「布ナプキンをつくろう」 ★要申込み/有料
◎講師:ユーゴさん(touta.)
◎内容:布ナプキンってどんなところがいいの?
    存在は知ってるけどいまいち使うことにためらっている方へ。
    楽しくためになるお話をクリエイターのユーゴさんに聞きながら、
    可愛いボタン式ナプキン&ハンカチーフナプキンを作るワークショップです!
◎定員:20名
◎料金:1260円(東京都港区在住の方は半額になります)
◎お申込み:下記フォームの必要事項を記載してeメールにて
      event@eco-plaza.net(@は全角になっています)までお申込みください。

《体験》(★一部要申込み/一部有料)
ハンドマッサージやフラワーアレンジメント、ヘナアート、
「和綿のわたくり機」体験などをお楽しみください!

Organic Flower Lesson ★要申込み/有料
◎講師:市村美佳子さん(フラワーデザイナー )
◎時間:13:00~14:00/15:00~16:00
◎内容:山に咲く自然の花や、農薬を使わず季節に咲いた
    オーガニックフラワーを使った花レッスンです。
    現在市販されている花は生産過程で様々な化学農薬が使われています。
    野菜とは違い直接口にしないとはいえ、せっかくの綺麗な花に
    農薬が残っているのは気持ちのいいものではありません。
    オーガニックフラワーレッスンは、
    農薬を使用していない花だけを使ったレッスンです。
◎定員:各回とも10名
◎料金:3500円(東京都港区在住の方は半額になります)
◎お申込み:下記フォームの必要事項を記載してeメールにて
      event@eco-plaza.net(@は全角になっています)までお申込みください。

Touch the Cotton
◎内容:洋服やタオルやふとん。私たちは毎日コットンに触れています。
    コットンはふわふわの綿と種にわかれていることを知っていますか?
    オーガニックコットンを手で触って、綿と種に分ける「わたくり」を
    実際に体験してみましょう!
    今回はふとんの職人さんにご協力いただいています。

color air
◎アーティスト:鈴木久美
◎内容:自然素材100%のヘナで、お好きな部位に
    インスピレーションで絵柄を描き上げます。
    1,2週間で消えます。仕上げの一滴はオーガニックレモンで。

アロマハンドマッサージ
◎内容:オーガニックアロマの香りに包まれながら、
    ゆったり気分でハンドマッサージが体験できます。
    オーガニック植物のパワーを、あなたの肌で感じてみませんか?

《カフェ》
2人のオーガニックライフスタイリストによる「mikikana食堂」がOPEN!
おにぎりアリ〼
午後はオーガニックの紅茶やコーヒー、お菓子などでTea Time!


★お申込みフォーム

メール:event@eco-plaza.net
 (@が全角になっています。半角になおして送信してください)  

件名に【ヨガ】【パン教室】【布ナプキン】【フラワー】のいずれかを明記のうえ、
以下の必要事項を記載してお申し込みください。
..........................................................................................

氏名:
参加希望プログラム名:
住所:
電話番号:
..........................................................................................
お申込締切:10月20日(火)

「プロボノフォーラム」

環境や社会に「いいこと」に向けて関心を持ち始めたいまの日本社会。
NPOや社会起業家に対する注目そして期待は、着実に高まりを見せています。
そうした中、より多くの人が、より効果的なかたちで社会に関わる新提案、それが「プロボノ」です。

「プロボノ」とは、あなたのスキルや経験を生かしながら参加する社会貢献の新しい考え方。
社会的な課題を対象にしながら付加価値の高いアウトプットを生み出し、一方的な支援に終わることなく自己研鑽やネットワーキングへとつながることなど、「プロボノ」には社会貢献に対するこれまでの認識を塗り変えるさまざまなエッセンスがあります。

仕事をしながら、生活しながら、時間をじょうずに見つけて社会のために役立つことへと関わっていく。そんなアクティブなワークライフスタイルを「プロボノ」は提案します。

■日時・場所
2009年 12月 5日(土)14:00~17:00
ラフォーレミュージアム原宿にて開催


■総合司会
生駒芳子さん ファッションジャーナリスト
VOGUE、ELLEを経て、2004年よりmarie claireの編集長を務めた後、2008年10月に編集長を退任。現在はアートからエコ、社会貢献まで広い視野でトピックを追い、新しいメッセージを発信するファッションジャーナリストとして活躍中。

■ゲスト紹介

知花くららさん Kurara Chibana モデル・リポーター
沖縄県那覇市出身。上智大学文学部教育学科卒業。1982年3月27日生まれ。
2006 ミス・ユニバース・ジャパンに選出され、2006 ミス・ユニバース世界大会で第2位に輝く。現在はビューティ・アイコンとして注目されるなか、小学館「Domani」の表紙、専属モデルを務め、テレビ東京「知花くららの地球サポーター」にナビゲーター役でレギュラー出演他、2007年からWFP(国連世界食糧計画)のオフィシャルサポーターも務める。


小黒一三さん Kazumi Oguro ソトコト編集長
1950年東京生まれ。1975年慶應義塾大学法学部卒業。
マガジンハウスで、雑誌「ブルータス」「クロワッサン」「ガリバー」などの編集を担当。1990年同社を退職し、株式会社トド・プレス設立。92年、ケニアのマサイマラ国立保護区にリゾートホテル「ムパタ・サファリ・クラブ」を開設。95年には日本相撲協会創立70周年記念の出版物「大相撲」を写真家の篠山紀信氏とともに制作。その後も、「中田語録」の編集、「スガシカオ1095」の出版など数多くのプロジェクトに関与。99年、世界的に見ても類のない環境ライフスタイルマガジン「ソトコト」を発刊。
スローフード、スローライフ、ロハスなどのライフスタイルをいち早く日本に紹介し、雑誌等のメディアを通じて、新たな価値観の提案をしている。


兼元謙任さん Kaneto Kanemoto 株式会社オウケイウェイブ 代表取締役社長
1966年愛知生まれ。愛知県立芸術大学卒業。
1999年株式会社オウケイウェイヴの前身、有限会社オーケーウェブを設立。日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」の運営と、関連する企業向けサービスを提供。2010年に10ヵ国語、100ヵ国でのサービス提供に向け、事業展開している。株式会社オウケイウェイヴは2006年6月に名証セントレックスに株式上場。
主な著書には『グーグルを超える日』(ソフトバンク クリエイティブ)、『ホームレスからのリベンジ』(小学館)、『ホームレスだった社長が伝えたい働く意味』(大和書房)、『これで僕はホームレスから上場企業の社長になった1日1枚成功シート』(東洋経済新報社)など。


嵯峨生馬 Ikuma Saga 特定非営利活動法人サービスグラント 代表理事
1974年神奈川生まれ。東京大学教養学部卒業。
日本総合研究所研究員としてIT、決済、マーケティング、NPO、地域通貨など幅広いテーマの研究業務に従事。2001年に渋谷を拠点とする地域通貨「アースデイマネー」を設立し、03年から代表理事。04年に米国でサービスグラントを展開するタップルートファウンデーションに出会ったことがきっかけとなり、同年末に日本でサービスグラントを実験的プロジェクトとして着手。以後4年余にわたる試行錯誤を経て、09年にNPO法人サービスグラントを設立。現在、サービスグラントには250人の多様なスキルを持つボランティアが登録し、30団体のNPOに対して成果物を提供または提供中である。



■プログラム
13:30開場/14:00開演

●セッション1/プロボノを知ろう
セッション1では、米国におけるプロボノの最新情報をサンフランシスコレポートなどを交えてご報告します。また、「プロボノ」という言葉の定義にはじまり、プロボノがNPO・社会貢献セクターをはじめ、一般の社会人、そして、企業などに与える効果などについて、わかりやすく解説します。
また、日本におけるプロボノの事例などについても触れながら、日本の現状についても整理していきます。

●セッション2/いま求められているものは何か?
このセッションは、NPO・社会貢献セクターの視点に立った議論を展開します。
社会的な課題解決に取り組むNPOにとって、ボランティアとはどのような存在か、その中でも、スキル・ボランティアであるプロボノが持つ意味とはどのようなものか、NPOからのゲストを招いてディスカッションしていきます。

●セッション3/時間を使って成果を生み出す
ここでは、実際にプロボノとしてNPOに参加した経験を持つ一般の社会人を交えて、プロボノに参加した経験とその感想などを含めたトークセッションとなります。
プロボノが社会に対してどんな成果を生み出し、同時に、そこに参加する社会人にとって、どんな気付きや学びの場となるのか。等身大の言葉で語っていただきます。

●セッション4/知恵を使って人を助ける
プロボノを実践する手法にはさまざまな方法が考えられます。その一つとして、オンライン上で専門的な知識や情報を発信することも、広くとらえればプロボノといえます。日本最大のQ&AコミュニティであるOKWaveに集まる2000万件のQ&Aには、医師、教育者、弁護士なども参加し、自らの専門知識を必要とする人に届けています。
このセッションでは、こうした事例をはじめ、さまざまなプロボノの手法や可能性について紹介していきます。

●セッション5/プロボノから見えてくる、2010年的ワークライフスタイル
最終セッションでは、来るべき2010年を展望し、プロボノというアクティブでポジティブな社会参加の方法が、人々の働き方をどのように変えていき、そのことが社会にどのようなメリットやインパクトをもたらすのかについてディスカッションしていきます。
なお、このセッションでは、来場者のみなさまも交えた参加型のスタイルについても検討しています。活発なご意見をいただきながら進めていければと思います。

※注:プログラムは変更になる可能性があります。

http://svgt.jp/probono/

無肥料自然栽培の第一人者 木村秋則氏の講演会 開催!

nico よりイベントのお知らせです。
-------------------------------------------------------
無肥料自然栽培の第一人者 木村秋則氏の講演会 開催!

あの「奇跡のリンゴ」が教えてくれたこと
~なぜ今、無肥料自然栽培なのか?~

2010年1月24日(日) 9:15開場/10:00 開会
場 所:埼玉県ふじみ野市勤労福祉センター
参加費:3000円
-------------------------------------------------------
●同時開催
 ・野口勲氏 講演会「いのちの種を未来に」
 ・パネルディスカッション

10年の苦労の末、不可能と言われた無肥料・無農薬のリンゴの栽培を成功させ、
「奇跡のリンゴ」「リンゴがおしえてくれたこと」などの著者としても有名な
木村秋則氏の講演会が決定しました!
同時開催として無肥料自然栽培にはかかせない「固定種」普及の第一人者である
野口勲氏の講演、そして両氏に加え無肥料自然栽培の実践者である折笠健氏と
関野幸生氏のパネルディスカッションも開催します。

お申込みは郵送、FAX及びインターネットになります。
詳しくは nico ホームページ イベントをご覧ください。
http://nico.wonderful.to/

お問い合わせは nico事務局 まで。
nico@nico.wonderful.to

※注意
このメールに返信してもチケットのお申込みはお受けできません。
インターネットからお申込みの場合は、上記nico ホームページの
イベントページをお読みの上、所定フォームからお申込みください。


─ n i c o 無肥料自然栽培の自立と和を紡ぐ────────■

 お問合せ:nico@nico.wonderful.to
 サイト :http://nico.wonderful.to/

■─────────────────────────────

横浜ソーシャルベンチャー・ナイト vol.1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【横浜ソーシャルベンチャー・ナイト vol.1】
~横浜から社会起業家が次々と~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

様々な社会問題を解決するために、事業やイノベーションを起こし
解決しようとする人のことを社会起業家や、チェンジメーカーといいますが、
ここ数年で社会起業家への社会からの期待が高まっています。

ここ横浜でも社会起業家が次々と生まれていますし、
今年からは横浜市が社会起業家を応援・排出するための事業を
開始しています。

横浜から世界へ。
横浜から日本を、世界を変えていくうねりを創ろうではありませんか。

「横浜ソーシャルベンチャー・ナイト」は、
横浜から次々と社会起業家を生み出すためのイベントとして開催します。

社会起業家に感心がある方。社会課題解決に感心のある方。
社会起業を検討中の方など、是非ご参加ください。

<開催概要>----------------------------------------------------------

【イベント名】横浜ソーシャルベンチャー・ナイト vol.1

【日時】2009年11月3日(火)18:30開場(18:40開演)から20:45

【場所】横浜情報文化センター 情文ホール(横浜市中区日本大通11番地)
地図:http://www.idec.or.jp/shisetsu/s6-jouhou.php4?f=jouhou/3-room2.htm
  * みなとみらい線「日本大通り駅」 情文センター口 0分
  * JR・横浜市営地下鉄「関内駅」 徒歩10分

【主催】横浜ソーシャルベンチャー・ナイト実行委員会
 後援(予定):横浜市経済観光局 協力:ETIC.

【申込】 http://kokucheese.com/event/index/570/ より申込み(先着200名様)

【締切】2009年11月2日23:55

【お問い合わせ】 http://www.unitedpeople.jp/contact/

【内容】

1.4人の横浜出身または横浜ベースの社会起業家の事業プレゼン(敬称略)

○NGO エクマットラ 渡辺大樹
http://www.ekokoro.jp/world/interview/001_watanabe/index.html
http://www.arijigoku.net/?page_id=78
1980年生まれ、横浜市出身。金沢大学文学部卒。
大学時代はヨット部に所属。タイ・プーケットで行われたヨットの国際大会時に
スラムの子どもを見て衝撃を受ける。帰国後1年間バイトで貯めたお金を持ち、
世界最貧国の1つバングラデシュへ。2004年にエクマットラを共同創設。バング
ラデシュの問題はバングラデシュ人の手により解決するべきと考え、現在は顧問
としてバングラデシュで活動を指揮し、エクマットラアカデミー設立に
向けて奔走中。※エクマットラは映画「アリ地獄のような街」を今年制作。
11月から日本では公開開始( http://www.arijigoku.net/ )

※スペシャルゲスト:女優、大塚麻恵 http://ameblo.jp/ohtsuka-mae

○コトラボ合同会社 岡部友彦
http://koto-lab.com/
http://yokohama.hostelvillage.com/ja/index.php
1977年6月 神奈川県生まれ。東京大学大学院建築学修了。2004年から横浜寿町を
拠点に"YOKOHAMA KOTOBUKI STYLE"を展開、地域再生プロジェクトに取り組む。
"モノ"づくりではなく、"コト"づくりからまちづくりをコンセプトに、再可視化
と再価値化に挑戦中。簡易宿泊所を改装したYOKOHAMA HOSTEL VILLAGEや、
街の現状とそこで行われているプロジェクトを分かりやすく紹介した
プロモーションムービー "KOTOBUKI_Promotion"の制作、通常の選挙キャン
ペーンにインスタレーション色を持たせた"KOTOBUKI選挙へ行こうキャンペーン"
などをプロデュースする。第57回横浜文化賞文化・芸術奨励賞。

○Waku-Work 山田貴子
http://web.me.com/yamataka/waku-work/Home.html
1985年生まれ 神奈川県湯河原町出身。
慶應義塾大学政策メディア研究科社会イノベータコース在籍中。
2006年、サイパンで出会ったフィリピン人がきっかけでフィリピンへ。
貧困問題を目の当たりにし、一人で計8ヶ月サバイバル!
フィールドワーク!
そして今年の4月、生まれた環境に関係なく一人一人が夢を見
つけ夢を叶えられる社会を目指し、
現地の若者5人と共にWaku-Workを立ち上げる。
海が好き!太陽が好き!今日もわくわく!

○ユナイテッドピープル株式会社 関根健次
http://www.unitedpeople.jp/
http://digiper.com/interview/article/26.shtml (インタビュー記事)
1976年生まれ 神奈川県藤沢市出身。ベロイト大学経済学部卒業(アメリカ)。
高校卒業後、アメリカの大学へ進学。卒業後、帰国し、主にIT業界に身を
置く。2002年に起業。学生時代に紛争地、パレスチナを訪問したことが
きっかけで、世界の問題解決を目指すソーシャルビジネスを開始。2003年5月に
NGO/NPO支援のための募金サイト、イーココロ!を立ち上げる。2007年より
社会的企業や社会起業家を応援するソーシャル・イノベーション・ジャパン
(SIJ)フェロー。2008年、第2回「ソーシャル・ビジネス・アワード」 にて
マイクロソフト奨励賞を受賞。

2.同4人のパネルトーク

3.横浜の先輩企業からの応援メッセージ

○株式会社大川印刷 代表取締役社長 大川哲郎 様
http://www.ohkawa-inc.co.jp/
2007年度(社)横浜青年会議所副理事長、NPO法人横浜スタンダード
推進協議会副理事長、メディア・ユニバーサル・デザイン協会理事、
横浜のイベントをエコにするネットワーク副会長。印刷を通じて環境や
医療など社会的な課題に取り組む、「ソーシャル・プリンティング・
カンパニー」を目標に活動。 2005年「第8回グリーン購入大賞」大賞受賞。

4.横浜市経済観光局よりメッセージ

高尾山天狗ハイク2009 10月12日(月)

【高尾山天狗ハイク2009 10月12日(月) 】


秋の高尾山は、登山を楽しむ人たちでいっぱい!
ミシュラン三ッ星に選ばれて、ますます高尾山人気に拍車がかかっています。
豊かな水がめぐり、小さいのも、大きいのもキラキラ命がつまった素敵な山。
みんなが大事にしたいのに、高速道路のためのトンネルが掘られはじめています。

政府も変わって、無駄な道路やダムがどんどん見直される時代になり、高尾山の命を救うチャンス到来です!
「高尾山にトンネルをほらないで」というメッセージTシャツを着て、高尾山をハイキングしながら、
このことをまだ知らない登山客に伝えてください。


少し掘られちゃったけど、山はまだ生きています。
可愛い秋草をたくさん咲かせ、小さな生き物たちのためにどんぐりをいっぱい落としてくれています。
お願い、山の声を聞きに来てください。そしてみんなに伝えてください!
下山後は、「LIVE&TALK高尾山天狗ハイク」も開催されます。
すてきな音楽、すてきなアート、すてきな言葉が、高尾山にあふれかえりますように♪

●高尾山天狗ハイク

【開催日】   10月12日(月・祝日)雨天決行

【集合・受付】 京王線高尾山口駅前
        9:30~11:00 受付
          高尾山メッセージTシャツ・地図を受け取ってスタートしてください。
          申し込み不要

【参加費】    1000円 (高尾山メッセージTシャツ付き)


●LIVE&TALK高尾山天狗ハイク

【場所】     日影沢キャンプ場

【アクセス】   朝の受付時に地図をお渡しします。直接会場に来られる方は、JR/京王線高尾駅北口から
          「小仏行き」バスに乗車、「日影バス停」下車し、バスの進行方向へ徒歩2分「森の図書館」看板を
          左に入り日影沢林道をまっすぐ徒歩10分です。
        http://homepage3.nifty.com/takaosc/campjo/annaizu.html#campjo

【時間】     14:30~18:00

【LIVE出演】 サヨコ meets YA MAN RIDDIM・ラビラビ ・
         HIROYUKI(カリンバ)×レオナ(タップダンス) ・ ベリーダンサーYOSHIE ・ Ailie

【TALK】    坂田昌子・高尾山の味方になってくれる議員さんたち

【参加費】   投げ銭


【問い合わせ先】 虔十の会 TEL・FAX 042-684-9119
           Eメール kenju_treedom@yahoo.co.jp

クライアントの悩み解決!リサーチリテラシーのすすめ【a-conゼミナール】

クライアントの悩み解決!リサーチリテラシーのすすめ【a-conゼミナール】

こんにちは。a-conゼミナールサポート事務局です。
本日は、第5回ゼミナールのお知らせです。

今回は、a-conリサーチプロジェクトによる
「クライアントの悩み解決!リサーチリテラシーのすすめ」 
をお届けします。

とはいえ、"調査のやり方""調査票の作り方"を学ぶコムズカシイ勉強会ではありません。

普段生活していると、「調査」「リサーチ」って正体不明、よく分からないですよね。
でも、NPOやa-conでの活動を行う中で、リサーチの活躍の場って結構あるんです。

そもそも、なんで調査なんてやらなきゃいけないの?
どういう時に、リサーチって必要なの?
といったことをお伝えできればと思っています。

「あ、こういうときに、リサーチ使えるじゃん!」と思ってもらえれば大成功。
調査についてよく分からない人にこそ、ぜひ参加してほしいゼミナールです。

【開催日時】
10月17日(土)
13:00~15:00 (ゼミナールの後、a-con定例会を行います)

【場所】
生涯学習センター(新橋)
http://www.kissport.or.jp/sisetu/syougai/index.html
※205学習室まで直接おこし下さい。

a-conメンバーの方は、MLでお知らせしたURLに出欠記入をお願いします。

また、a-conメンバーでない方のご参加も大歓迎です。
直接いらしていただいても結構ですし、
下記のアドレスまでご一報いただいても結構です。

ご不明な点もお気軽にお問い合わせください。
では、来週土曜日、会場でお会いできるのを楽しみにしています。

■■a-conゼミナールサポート事務局(原・土屋)
□■acon.seminar@gmail.com

グリーンジョブ国際シンポジウム

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

10月31日 13:00~17:00 (開場12:30)

グリーンジョブ国際シンポジウム
~環境の時代 仕事・生き方どう選ぶ?~
@御茶ノ水 YMCAアジア青少年センター スペースワイホール

http://www.aseed.org/info/info09_1031.html

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

「グリーン・ニューディール」
「グリーン・ジョブ(緑の雇用)」
「緑の経済と社会変革」
「環境・CSR」
などなど

最近環境と経済・雇用を両立させるキーワードが
注目を浴びていますが、
実際それで山積みになっている
環境・社会問題は解決するのでしょうか?

今回のシンポジウムではこうした
キーワードをベースとしながら、
金融危機後における持続可能な社会経済への
展望と課題を、仕事について考える青年の
視点から、読み解いていきます。

今の金融危機に対して、
「どうしてこんなことになってしまったんだろう」と思っている人、
「どうせ働くなら環境にいいことをしたい」という人、
これから就活をする人、迷っている人、転職を考えている人、
様々な人にとって有意義な時間になること間違いなし。

自分の納得行く働き方を追求するならば
もはや環境と経済のキーワードは無視できない!
是非ふるってご参加下さい。

■■開催概要━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

【日時】
2009年10月31日(土) 13:00~17:00 (開場12:30)

【場所】
YMCAアジア青少年センター スペースワイホール
東京都千代田区猿楽町2-5-5

アクセス:
JR水道橋駅徒歩6分
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/

【プログラム(予定)】
12:30 開場
13:00 開始
オープニング~ASJの考えるグリーンジョブ~

基調講演:金融危機時代における「環境×経済」  河口真理子氏(大和総研)

トークセッション
佐久間智子氏-Sukjong Hong氏(Nodutdol)-Lee Won-Jae(Cultural Action)

パネルディスカッション
コーディネーター:見山謙一郎氏(環境ビジネスイノベーター)
/小杉春奈(A SEED JAPAN)
パネリスト:
佐々木正顕氏(積水ハウス株式会社)
鈴木亨氏(北海道グリーンファンド)
出雲充氏(ユーグレナ)

クロージング

17:00 終了予定

【登壇者紹介(一部)】
・河口真理子(かわぐち・まりこ)氏
1986年一橋大学大学院修士課程修了(環境経済)、同年大和証券入社。
1994年に大和総研に転籍、企業調査などを経て現在、経営戦略研究部長
/主席研究員。担当分野は環境経営・CSR・社会的責任投資。青山学院
大学非常勤講師、NPO法人・社会的責任投資フォーラム代表 理事・
事務局長。サステナビリテイ日本フォーラム評議委員、エコアクション
21審査人委員会認定委員、環境省・環境ビジネスウィメンの会メンバー、
東京都環境審議会委員、環境コミュニケーション大賞審査委員 など。

・佐久間智子(さくま・ともこ)氏
アジア太平洋資料センター理事、女子栄養大学非常勤講師。
共著書に、『どうなっているの?日本と世界の水事情』(アットワーク
ス、2007年)、『儲かれば、それでいいのか-グローバリズムの本質と
地域の力』(コモンズ、2006年)など、訳書に、『フード・ウォーズ』
(ティム・ラング他著、コモンズ、2009年)、『ウォーター・ビジネ
ス』(モード・バーロウ著、作品社、2008年)など。

・Sukjong Hong(サクチョン・ホン)氏
イェール大学建築学科、コーネル大学都市地域計画学科修士課程卒。
労働、貿易、移民の権利や軍国主義の観点から行われる様々な地球規模
の社会運動とアメリカの若手活動家や地域福祉活動家をつなげ、社会的
連帯を強める国際活動家。主にニューヨーク市内で移民の青年らのため
の教師兼芸術家として活動。また、ベトナムやフィリピンにおける国際
開発プロジェクトが及ぼした影響を現地女性グループや環境団体や平和
活動家らとともに独自調査を実施した経験を持つ。

・見山謙一郎(みやま・けんいちろう)氏
立教大学AIIC特任准教授/環境ビジネス・イノベーター。
1967年生まれ、埼玉県出身。1990年立教大学法学部を卒業後、住友銀行
(現三井住友銀行)に入行。本店営業第一部上席部長代理などを歴任。
2005年立教大学大学院修了(MBA)。同年10月に三井住友銀行を退職し、
アーティストが設立したNPOバンク(ap bank)に理事として参画。
環境に関するさまざまなプロジェクトへの融資・支援活動に携わるかた
わら、環境省の行政委員などを複数務める。2009年1月に独立。同年2月
に株式会社フィールド・デザイン・ネットワークスを設立し、代表取締
役に就任。金融機関やベンチャー企業、教育・行政機関等の企画立案業
務に携わるかたわら、各種講演活動も行っている。多摩大学経営情報学
部非常勤講師。

・佐々木正顕(ささき・まさあき)氏
積水ハウス㈱ 環境推進部 部長。
1979年、関西大学法学部卒業後、税理士事務所を経て1989年積水ハウス
入社。総務部にて法務・株式部門担当。定期借地権の事業立ち上げなど
に関与した後、1996年から2年間、関西経済連合会に出向し主任研究員
として都市政策・地域振興や関西広域連携協議会創設に関与。1999年の
環境推進部創設により現在に至る。持続可能性を核とした環境経営の社
内浸透に努める他、社外からの講演依頼も多い。

・出雲充(いずも・みつる)氏
1980年生まれ、広島県呉市出身。
2002年東京大学農学部農業構造・経営学専修 卒業。
2002年 株式会社東京三菱銀行 入行。
2005年 株式会社ユーグレナ代表取締役社長 就任。
学生時代に、留学先のアメリカで大学の先端技術と連携するビジネスの
数々に触れ、刺激を受け、帰国後、文系から農学部に転部したところ、
微細藻類「ユーグレナ(和名:ミドリムシ)」と出会う。ユーグレナの
培養技術に成功すれば、環境問題、食糧問題を同時に解決できると考え、
それを企業理念とし、事業化。ヒトの健康(健康増進・食糧飼料増産)
と地球の健康(二酸化炭素固定・温暖化対策)に資するべく、ユーグレ
ナとその他微細藻類の研究・培養・事業化に取り組んでいる。

・鈴木亨(すずき・とおる)氏
1957年、北海道生まれ。
自治体職員、生協職員を経て、1999年、NPO法人北海道グリーンファン
ド設立し理事・事務局長に就任。誰でも無理なく地球環境の保全に貢献
できる寄付スキーム「グリーン電気料金制度」を開始し日本初の市民出
資による風力発電事業を行う。地域、環境、金融の3つの社会システム
の領域にまたがる新しいモデルを構築する。株式会社市民風力発電(20
01年)、株式会社自然エネルギー市民ファンド(2003年)を設立し代表
取締役を兼務する。

【参加費】
ASJ会員:500円
非会員学生:1000円
非会員社会人:2000円

【定員】
200名

■■申し込み━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
下記の参加申し込みフォームにご記入いただき、件名に「GJ国際シンポ
ジウム」と明記の上、E-mail( info@aseed.org )でA SEED JAPAN 事
務局までお送りください。お申し込みを確認次第、ご連絡させていただ
きます。(申し込み〆切:10月28日(水)必着)

【お申し込みフォーム】
--------------------------------------------------------------
○お名前(ふりがな):
○職業:
○性別: 女 ・ 男
○年齢: 10代 ・ 20代 ・ 30代 ・ 40代 ・ 50代 ・ 60代以上
○TEL:
○E-mail:
○ASJ会員:会員・非会員学生・非会員社会人
○イベントへの参加動機、当日知りたいこと:
(可能な範囲で当日の内容に反映させていただきます。)

--------------------------------------------------------------
※今回ご提供いただく個人情報は、A SEED JAPAN が主催する各種
イベント等に関する情報提供とそれらに付随する諸対応に使用さ
せていただく場合があります。取り扱いに関するご質問・ご要望
がございましたら、事務局までお問い合わせください。

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

【主催・連絡先】
国際青年環境NGO A SEED JAPAN(担当:田中・岸田)
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
TEL  03-5366-7484    FAX  03-3341-6030
E-mail info@aseed.org
http://www.aseed.org

A SEED JAPANとは…
地球サミット(1992年)に青年の声を届けよう!という想いから
始まった国際青年環境NGO。大量生産・大量消費・大量廃棄の
パターンの変更と、南北間・地域間・世代間の格差のない社会を
実現するために、未来の世代を担う青年自らが行動を起こしています。

※本イベントは地球環境基金の助成を受けて開催いたします。

ストリートチルドレン芸術祭5周年記念フォーラム


11月14日(土)
参加受付中!
ストリートチルドレン芸術祭5周年記念フォーラム
~平和なあしたをこどもたちに~

【開催概要】
-有識者によるパネルディスカッション
-ストリートチルドレン芸術祭・2010年版チャリティカレンダーの紹介
-熱海市立小嵐中学校OBによるポエトリーリーディング
-世界のこどもたちの絵画展

【日時】 2009年11月14日(土)13:00~15:30(予定) 

【会場】 富士市文化会館 ロゼシアター 大ホール  http://rose-theatre.jp/
      静岡県富士市蓼原町1750   TEL 0545-60-2510
      交通 JR富士駅よりバス・車 新幹線新富士駅よりバス・車 

【参加費】 2000円(2010年チャリティ・カレンダー付き/スペシャルゲストあり)


【定員】約800名

【主催】 ストリートチルドレン芸術祭他
【共催】 静岡新聞社・静岡放送
【後援】(予定)静岡県、財団法人静岡県国際交流協会、JICA中部

【お申込み・お問合せ】
以下をご記入の上、ストリートチルドレン芸術祭事務局宛(info@children-smile.com)まで
メールにてお申し込みください。 入場チケットは後日郵送いたします。
※メールの件名に「11月14日イベント希望」とご記入ください。
1.氏名
2.送付先(ご住所)
3.このイベントをお知りになった経緯(例:知人の紹介、mixi、以前から活動に参加・・・など)

東京商工会議所女性会創立60周年記念シンポジウム

■タイトル
親子向け無料講演会(参加者募集中)
■開催日時
2009年11月14日(土)
■開催会場
グランドプリンスホテル新高輪 地下1階「飛天の間」
■料金
無料
■詳細
東京商工会議所女性会創立60周年記念シンポジウム
●日時: 2009年11月14日(土) 10時30分 ~ 12時30分
●講師: ①荒川静香氏(トリノ冬季五輪 フィギュアスケート金メダリスト)
②斉藤 仁氏(ロサンゼルス・ソウル五輪 柔道金メダリスト)
③京谷和幸氏(車いすバスケットボール選手 北京パラリンピック日本代表)
④辻井いつ子氏(世界的ピアニスト辻井伸行氏の母)
●対象: 小学校高学年(5、6年生)※保護者(1名)の同伴が必要です。
●定員: 1,000名
●お申込方法:必要事項(参加者氏名、年齢、人数、連絡先TEL/FAX)を明記の上、 10月31日(土)必着で
 下記、東京商工会議所女性会60周年記念事業担当事務局(FAX:03-5739-0012)まで FAXにてお申込ください。
 当日、FAX頂いた原紙を持参の上、会場までお越しください。尚、応募者多数の場合 は先着順とし、ご参加
 いただけない方のみ事前にご連絡差し上げます。
■URL
http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-23141.html
■主催
東京商工会議所女性会

映画「BASURA バスーラ」アンコール上映! 

映画「BASURA バスーラ」アンコール上映! 
@東京都写真美術館ホール(JR恵比寿駅徒歩7分)
10月16日(金)まで(13日火曜日のみ休み)

フィリピンのゴミ捨て場で暮らす人々を描いた四ノ宮浩監督の話題作。
http://www.basura-movie.com/

日本の子供たちに貧困問題を見つめてほしいとの思いから、
高校生以下は無料という、異色の料金体系です。

なお、配給元さまのご好意で、このメルマガをご覧になった方には、
鑑賞券を1500円のところ1300円に割引されます。

問い合わせ先:オフィスフォープロダクション 
ファックス03-5754-4148 か
メール info@office4-pro.com で
住所・氏名・電話番号をお知らせ頂ければ、
郵便振替用紙と映画鑑賞券が郵送されます。
詳細は http://www.office4-pro.com/ まで

very50 college

【講義タイトル】 オトナの政治経済第27回
【開催日時】 2009年10月31日(土) 17:00〜19:00
【料金】 非会員:1,700円 /会員:1,500円
※初参加者(学生以外)&学生は1,000円,NPO職員は半額,MoG参加者800円
【参加申込期限】 :09年10月30日(金)23時まで


「オトナの政治経済」第27回目です。

国内外問わず社会で起きている様々な政治経済の動きから

(1).知識

(2).意味

(3).「今後の展望」といった未来への“考え方“を学ぶのが狙いです。

皆さんがどのような”Story"を描くにしても必要不可欠な

「世界は”どうなっているのか?””どうなりそうなのか?”」という基本的な現状を知り、自分のStory makingに大いに役立ててもらう授業です。

社会人基礎教育を掲げるvery50 collegeの象徴的な授業の一つになります。


日時: 09年10月31日(土) 19:00-21:00
(延長の場合もありますが、その際は退出頂き問題ありません)

              
◆場所:旧日の出小学校
(JR山手線池袋駅東口徒歩10分、有楽町線東池袋徒歩1分)
http://www.toshima-mirai.jp/center/sc_hinode/index.html

参加費: 非会員:1,700円 /会員:1,500円

※MoG参加者は無料、初参加者&学生の方は1,000円、NPO職員の方は半額
  
※当日キャンセルは全額キャンセル料がかかります。

※ポイントカード適用講座です。
   
教材:当日資料を配布いたします。    

※参加希望者の中で、前回の資料をパワポ資料で欲しい人は送付しますので一報ください。


内容:

※当日までのニュースを題材に世界と日本を読み解いていくので、内容は予定とお考えください。

定員人数:30名 (+スカイプ希望3名まで)

参加方法: HPからお申し込みください。

10月30日(金)23時まで


*************************************

【時事講座で扱うニュースとは?】

(1) 日本のニュースなどでは出てこない世界のニュース

(2) 皆の生活に関わってくる情報(Website,ニュース、雑誌など)

(3( 社会の今後の動向が見えてくるようなヒントになるニュース


 【期待される学習成果】

1.“知らなかった“を”知っている“(知識としてのinput(に変える。

(無知→常識への変化)
 
2.周囲に起きている事件が自分の生活や仕事に如何に影響があるかを知り
  興味が出てくる。(無関心→関心事項)

3.ニュースに対する見方がこれまでは“ただ見ているだけ”だったのが、“自分で
 気づき、解決法を考える&動きたくなる!(output)に変える。
(無責任&無論理思考→責任感&論理思考) 

*************************************

この授業はinput中心で敢えて授業を進めていきたいとおもっています。
双方向の意見交換などを求めていらっしゃる方には不足感はあるかと思います。
あらかじめご了承ください。

授業後にレストランなどで生徒同士の議論が自発的に交わされることを期待しております。

世界自然・野生生物映像祭2009 in東京開催!!

世界自然・野生生物映像祭2009 in東京開催!!

アジア・オセアニア最大の映像祭が東京にやってくる!

ワイルドライフの映像が盛りだくさん。「地球の今」をご覧ください。



◆開催日:10月10日(土)~12日(月・祝)  

 上映スケジュール→ 
http://www.naturechannel.jp/JWFF/JWFF2009/inTokyo/JWFF09_Tokyo.html

◆会場 :原宿クエストホール

◆チケット:

当日券/一般 1作品券1000円、3作品券2000円、5作品券3000円

  当日券/学生・会員・シニア 1作品券700円、3作品券1400円、5作品券2000円

  ※前売りはいずれも200円引き。イープラスにて9/18(金)より発売!

  ※また地球映像ネットワークHPでも前売り予約の方法を記載しております。

※中学生以下無料



◆主催:地球映像ネットワーク



詳細はHPをご確認ください。http://www.naturechannel.jp/



●ボランティアも大募集!

受付、案内、告知、上映を手伝ってくれるボランティアも募集しています。

参加希望者には、映像祭オリジナルTシャツをプレゼント!

スローフード創始者カルロ・ペトリーニ講演会『スローフードの奇跡』

スローフード創始者カルロ・ペトリーニ講演会
『スローフードの奇跡』
主催:イタリア文化会館 スローフードジャパン
協力:三修社/ブレイン
10月21日(水) 17:30~19:00
ゲスト:島村菜津(ノンフィクション作家)

イタリア文化会館B2Fアニエッリホールにて
東京都千代田区九段南2-1-30 東京メトロ東西線、半蔵門線、 
都営新宿線「九段下」駅下車徒歩10分 

先着300名着席 
入場無料
同時通訳付

スローフードの創始者カルロ・ペトリーニが来日。
自著『スローフードの奇跡―おいしい、きれい、ただしい』の日本語版出版
(10月20日刊行 三修社 2400円(税別))を記念して講演会を開催します。

いまや誰もが知っているスローフードですが、その創始者はカルロ・ペトリーニ氏で
す。
カルロ・ペトリーニ氏はスローフード協会を北イタリアの小さな町ブラに設立。その
後スローフードの思想は瞬く間に世界中に広がりました。以後、世界最初の食科学大
学設立、世界生産者会議「テッラ・マードレ」などの活動を続けています。本講演会
は、ペトリーニ氏自身が、世界の食の現場を訪ねての豊富な経験をもとに、生物多様
性を守り、持続的農業や人生のクオリティを食によって高めることの大切さなどにつ
いて語る貴重な機会となります。

カルロ・ペトリーニ 
1949年、イタリア・ブラ市生まれ。スローフード協会創設者・会長。社会学と政治活
動、協会運動を背景として、80年代にワインと食のための協会「アルチ・ゴーラ」を
創立。89年にはスローフード国際協会を発足し、世界最初の食科学大学、世界生産者
会議「テッラ・マードレ」などを生み出す。最新著書『おいしい、きれい、ただし
い』は「エコ・ガストロノミー」の概念を定義付けたもので、協会の定本として、す
でにフランス語、スペイン語、ドイツ語、ポーランド語に翻訳されている。2004年に
は『タイム』誌によって、ヨーロッパのヒーローとして紹介され、2008年1月には
「ザ・ガーディアン」紙に「世界を救う50人」に唯一のイタリア人として選出され
た。

VEGE ROCK”~音楽の力で野菜・農業を応援しよう!!

VEGE ROCK”~音楽の力で野菜・農業を応援しよう!!
      10/21、KICK OFF イベント開催決定!!★

※大地を守る会主催ではありません。
お申し込み・お問合わせは直接主催者へお願いします。

“VEGE ROCK”ってなに・・・?

野菜が好きな、野菜を応援するミュージシャン、アーティスト、
フードクリエーターが前代未聞の“ベジコラボ”を行うプロジェクト
それが「VEGE ROCK=ベジロック」です。

“環境”“美容”“健康”などの観点からも人にも地球にもパワーを与えてくれる
「野菜」。ミュージシャンのポールマッカートニーも地球環境を考え
「Meat Free Monday」(月曜日は野菜を食べよう)を提唱するなど
“野菜”への注目が集まる今、エンターテイメント発の
「野菜・農業を応援する」ムーブメント“VEGE ROCK”がスタート!!

ライブ、ハッピーベジライフトークショー、「都市」と「農村」の
コラボ企画:日本のおいしい野菜紹介、
ベジフード&スイーツ出店、ベジファッションやコスメのブース、
ベジファッションショーなど
様々な“ベジコラボ”を予定。ぜひご来場ください!

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

・タイトル:「VEGE ROCK Vol.ZERO」
・日程:2009年10月21日(水)
・会場:shibuya O-EAST(渋谷区道玄坂2-14-8)http://shibuya-o.com/accessmap/
・開場/開演 18:00/18:30
・出演者:サンプラザ中野くんBAND(ドラム:ファンキー末吉、ベース:バーべQ和佐田)、ダイアモンド☆ユカイ、河口恭吾、カヒミ・カリィ、ショコラ&アキト、柿沢安耶、KIYO、植木豪、SIPA BALED CLONE 他
・ベジフード&スイーツ出店:Cafe Eight(ビーガンカフェ)、パティスリー ポタジエ(野菜スイーツ)他
・チケット料金(税込) 前売 ¥3,000 (フードクーポンチケット付き、ドリンク代別)
             当日 ¥3,500(フードクーポンチケット付き、ドリンク代別)


・主催:株式会社アミューズ
・後援:FOOD ACTION NIPPON    
・協力:長野県信濃町、バンタングループ

【ただいまチケット発売中!!】
 チケットに関しては各プレイガイドまでお問い合わせ下さい。
・プレイガイド

 キョードー東京 03-3498-9999 https://ticket.kyodotokyo.com/

 チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:337-397 http://t.pia.jp/

 ローソンチケット 0570-08-4003 Lコード:74153 http://l-tike.com/

 CNプレイガイド 0570-08-9999 http://www.cnplayguide.com/

 e+(イープラス) http://eplus.jp

・イベントに関するお問い合わせ

☆キョードー東京 03-3498-9999(10時~18時)
☆オフィシャルサイト http://www.vegerock.com/

農家市場と野外コンサート。大地に感謝する収穫祭。『土と平和の祭典』

土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土

はじめる自給!種まき大作戦 2009
presents

農家市場と野外コンサート。大地に感謝する収穫祭。
『土と平和の祭典』


2009.10.18(日)@日比谷公園 <入場無料>


http://www.tanemaki.jp/tsuchitoheiwa2009

土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土  


【メッセージ】

Yae (半農半歌手/種まき大作戦 実行委員長)
今、世の中には、将来に不安を抱え、仕事もできず、どうしたらいいのかわから
ない若者が増えている。でもその反面、確かな目的を持って、元気いっぱいに突
き進む若者たちが急増している。本当の豊かさとは?幸せとは何か?自分にとっ
て無駄なものをそぎ落としていったところに満たされるという価値が存在するこ
と。「楽しくなければ人生じゃない」と言った父の言葉は、今輝きを帯びて、私
たちの心に語りかけてくる。Love & Earth!!

加藤 登紀子 (歌手/種まき大作戦 世話人代表)
若い人たちが心に抱く夢を遂げてくれるのは、もう東京ではなくなった!それが
このごろの実感です。田舎ぐらしへ若者たちが誘惑を感じている今こそ、未来へ
のいのちを育む農的生活の可能性を広げたいと痛切に思います。農業をとりまく
状況も、若者のおかれている世界も、楽観を許さない危機の上にあることは確か
です。土と平和の祭典が、その閉塞感をつきぬけて未来へ向かう素晴らしい一歩
となりますように!


土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土


●私たち種まき大作戦は2007年『希望は戦争』という問題提起から『土と平和の
祭典』をはじめました。
3年目である今年2009年は『日雇い派遣村』という問題提起から同じ日比谷公園
で10月18日(日)『土と平和の祭典』を開催します。『土と平和の祭典』では、そ
うした問題提起のひとつの回答として『"農的暮らし"のある次の社会』を具体的
に提案しています。

●『土と平和の祭典』は単なるイベントに留まらず、「はじめる自給!」を合い
言葉に、実際に開墾から米づくり、種まきから大豆・味噌づくりなど、参加者と
ともに体験しながら、「生産者と消費者」「農村と都市」という垣根を越える新
しいつながりをつくること、「都会から農村へ」その新たな道筋をつけること、
そんな都市と農村が融合した、「次の社会を自給していくこと」を愉快にチャレ
ンジしています。

●『土と平和の祭典』にぜひ遊びに来てください!きっといい土のにおいのする
平和な一日が過ごせます。祭りの後、きっと『農的暮らし』に想像をふくらませ
る自分に気づくはず。

●『土と平和の祭典』は入場無料。どなたでも参加できます。子供からお年寄り
まで楽しめまます。

●『土と平和の祭典』は10時スタート。ぜひ、朝からお出かけくださいね!!


土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土


はじめる自給!種まき大作戦 2009
presents

農家市場と野外コンサート。大地に感謝する収穫祭。
『土と平和の祭典』

http://www.tanemaki.jp/tsuchitoheiwa2009


土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土  

【日時】:2009.10.18(日)10:00~16:30(農家市場は16:00まで)※雨天決行

【場所】:東京都立日比谷公園

【アクセス】:山手線「有楽町駅」徒歩10分 or 都営三田線「日比谷駅」徒歩3

http://www.tanemaki.jp/tsuchitoheiwa2009/access

【参加費】:無料!

【注意事項】:
※マイバック、マイ食器(皿、ドンブリ、ハシ、スプーン)を持ってきてくださ
い。
※レンタル食器は有料です!(1セットにつき100円かかります)
※ゴミ0(ゼロ)イベントです!持ち込んだゴミは持ち帰り。
※会場は全面禁煙です。吸わない方、特に子供たちに配慮しています。ご協力
を。
※「人混みでは携帯OFF」大人のマナーです。携帯に追われないゆったりとした
一日を。

【内容】

●種まきビッグステージ<@ソーラートレーラーステージ *artwork:gm
projects豊嶋秀樹>
...農家・農的暮らしを応援するアーティストたちの心のこもったライブパ
フォーマンス!日本版 FARM AID!!

【出演ミュージシャン】
<オープニング 9:30->
◎お囃子、ひょっとこ踊り、獅子舞(芝神明子供お囃子会/港区/東京都)
◎根っこバンド
◎ THE DUB FLOWER (いとうせいこう,DUB MASTER X,かせきさいだぁ≡&More)
◎だぐら(星子健太郎) with まや
◎サヨコオトナラ
<午後のプログラム13:20-17:00>
◎ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
◎東田トモヒロ
◎オオヤユウスケ
◎Yae
◎FUNKIST(急遽特別参加決定!)
◎加藤登紀子
<エンディング>
◎エイサー踊り (若風【うりかじ】/沖縄県)
【メッセージゲスト】
◎益戸育江(元高樹沙耶)※10:30頃登場予定
◎ニコラ・ミヤズ(エクアドルの生産者)/伊藤幸蔵(米沢郷グループ/山
形)※12:00頃登場予定
◎高野孟(里山帰農塾塾長) ※15:10頃登場予定
他スペシャルゲスト多数!!
【ナビゲーター 】
◎辻信一(文化人類学者/環境運動家) & ◎Yae(種まき大作戦実行委員長)

-------------------------------------------------------------------------------

● 種まきファーマーズマーケット
<10:00-16:00 @噴水広場~にれのき広場>
全国より生産者が集結!安心安全でおいしいニッポンの旬がわかる多様な「農」
のテーマパークです!
【出店オーガナイザー】アファス認証センター/青果物流通研究会/全国有機農
業推進協議会/大地を守る会/らでぃっしゅぼーや/パルシステム生活協同組
合 連合会/アースデイ東京アグリアクションチーム/半農半Xチーム/アース
デイマーケット実行委員会/フェアトレードビレッジ(ぐらするーつ)/トージ
バ/ にほん・くらしっく/GAIA/アミューズ/くらしの種まき/MERRY PROJECT
/農家のこせがれネットワーク/新庄水田トラスト他

-------------------------------------------------------------------------------

●種まき食堂&酒場
<10:00-16:00 @第二花壇通路>
こだわりの食材!大地の恵みの文化祭!
【出店オーガナイザー】いなほ新潟/オーガニックレストラン&デリ みどりえ/
玄米ご飯とお菓子の店「油揚げ」/菜食健美/株式会社瑞雲/PEACEDELI/from
Earth Cafe “OHANA”/maimai/みやもと山/YOUR BIG FAMILY/サンサンオー
ガニックビール/鈴木三河屋&丸本酒造&オーガニックワインのマヴィ/PRIMAL
/honobono号

-------------------------------------------------------------------------------

●種まきトークステージ・土
<@小音楽堂 *artwork:バンブーファクトリーfeat.井上ヤスミチ>
農家がニッポンの未来を語ります!
【共催】:NPO法人全国有機農業推進協議会
11:00~11:45 列島縦断農家トーク…20代の農業後継者を中心にその熱き想
い!
12:00~12:45 新規就農トーク…農業へ就職した農家が登場!その苦労は?喜
びは?
13:15~15:00 有機農業パネルトークなど…有機農業大国を目指して。日本の
リーダーの語り場!

-------------------------------------------------------------------------------

●種まきトークステージ・平和
<@にれのき広場特設ステージ *artwork:生意気>
土からはじまる平和について、じっくり語りましょう。
11:00~12:15 くらしの種まきトーク…身近な暮しから、世界のことを考えま
す。
【MC】吉本多香美(女優)
【ゲスト】鎌仲ひとみ(映画監督)/藤村靖之(非電化工房)/中島デコ(マクロ
ビ料理家) 他
12:30~13:45 半農半Xの種を播く!…ロストジェネレーションがつくる農的未
来!!
【MC】渡邉尚(トージバ)/藤岡亜美(スローウォーターカフェ)
【ゲスト】宮治勇輔(農家のこせがれネットワーク)/森田貴英(映画「降りて
ゆく生き方」プロデューサー) 他
14:00~15:30 土から平和へ…本『土から平和へ』完成!内容にせまります!
【MC】吉度日央里(編集者)
【ゲスト】益戸育江(元 高樹沙耶) /エバレット・ブラウン(フォトジャーリス
ト) 他

-------------------------------------------------------------------------------

●ワクワク種まきランド
<10:00-16:00 @第二花壇芝生>
脱穀体験や弓矢、竹馬、わらべ唄…子供も楽しめる農エンタメ!
【キッズエリア】柚山あきこさんのわらべ唄 他(自然育児友の会)
【農体験・昔あそび】どんぐりパチンコ、弓矢、竹馬(房総里海里山会)/たん
ぼの生きもの調査(NPO生物多様性農業支援センター)

-------------------------------------------------------------------------------

※出演者は都合により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土

■主催:種まき大作戦実行委員会 http://www.tanemaki.jp
■共催:アースデイ東京実行委員会/NPO全国有機農業推進協議会
■実行委員長:Yae(藤本八恵)
■世話人:
・加藤登紀子(歌手・UNEP(国連環境計画)親善大使)
・高野孟(株式会社インサイダー代表取締役兼同誌編集長)
・田中正治(ネットワーク農縁)
・藤田和芳(大地を守る会会長)
・辻信一(文化人類学者・環境運動家・明治学院大学国際学部教員)
・甲斐良治(増刊現代農業編集主幹)
・渡邊義明(株式会社アファス認証センター代表取締役)
■後援:農林水産省/東京都

■当イベントに関するお問合せ
種まき大作戦 実行委員会 事務局
企画・運営責任 ハッタケンタロー (090-3818-7324/andtwo@mac.com)
事務局長 神澤則生 (080-5459-7638/kanz01@toziba.net)

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-16-10 1003
TEL 03-3351-2712
FAX 03-6806-9282 
Mail seed@tanemaki.jp
WEB http://www.tanemaki.jp

土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土 土
プロフィール

ぼ

Author:ぼ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。