FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 “国民総幸福” の社会に向けて 』 ~ブータンのGNH哲学を日本社会にどう活かすか~

・・・・・・‥‥‥‥‥‥‥………………………‥‥‥‥‥‥‥・・・・・・
立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科 主催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■ 『 “国民総幸福” の社会に向けて 』
□■ ~ブータンのGNH哲学を日本社会にどう活かすか~
■ 12月6日(日)@ 立教大学池袋キャンパス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヒマラヤ山脈の真っただ中に位置する人口70万人ほどの小さな国ブータン。チ
ベット仏教を国教とするこの王国が進めるユニークな国家目標「GNH」
(Gross National Happiness:国民総幸福)が今、国連始め世界の開発学者や経
済学者の関心を集めています。
「GNH」は、前ブータン国王が1976年に「GNHはGNP(Gross National
Product:国民総生産)より重要である(GNH is more important than GN
P)」と唱えたことが始まりでした。ブータンにとっては、昔ながらの生活文化
や価値観を大切にすることを改めて確認したとも言える宣言でしたが、それが開
発一辺倒で経済成長を追求してきた先進国へのアンチテーゼとして、世界中で大
きく注目を集めることとなりました。
今回はブータンの専門家や日本国内の環境や貧困分野で活動されているみなさ
んにお話を伺います。そして、GNHの思想から日本に住む私たちが何を学び、
どのように幸福度の高い社会をつくっていけるのか、ともに考えます。
http://www.rikkyo.ac.jp/events/2009/12/6093/

・・・・・・‥‥‥‥‥‥‥………………………‥‥‥‥‥‥‥・・・・・・
■ と き 2009年 12月 6日(日) 14:00~17:00

■ ところ 立教大学 池袋キャンパス 7号館1階 7102教室
【アクセス】http://www.rikkyo.ac.jp/access/pmap/ikebukuro.html

■ 講 師
・平山 修一 氏 (「GNH研究所」代表幹事)
・薗田 綾子 氏(サステナビリティ日本フォーラム 事務局長)
・藤田 孝典 氏 (NPO法人 ほっとポット 代表理事)
・座波 圭美 氏 (ユネスコ・アジア文化センター教育協力課)

■ コメンテーター
北山 晴一(21世紀社会デザイン研究学会 会長)

■ コーディネーター
佐野 淳也(立教大学 21世紀社会デザイン研究科 准教授)

■ 参加費 無料(申し込み不要)

◇主催 立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科
◇共催 21世紀社会デザイン研究学会、立教大学社会デザイン研究所

◎お問合せ
立教大学 独立研究科事務室 TEL:03-3985-4530
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1


…………………‥‥‥‥‥‥‥・・・・・・

【講師プロフィール】

◎平山 修一(ひらやま しゅういち) さん
(大東文化大学人文科学研究所 兼任研究員/「GNH研究所」代表幹事)
神奈川県出身。青年海外協力隊を経て、(独)国際協力機構(JICA)専門家
など都合5年間のブータンでの業務経験を持つ。現在、(株)CSJ企画・調査
部主任研究員。一級建築士。開発技術学会、環境福祉学会、環境社会学会会員、
日本島嶼学会会員。専門分野は環境社会学。著書に『美しい国ブータン』(リヨ
ン社)、『現代ブータンを知るための60章』(明石書店)、『ブータンの歴史
世界の教科書シリーズ18』(明石書店)がある。
http://www.gnh-study.com/

◎座波 圭美 (ざは たまみ)さん
(財団法人ユネスコ・アジア文化センター 教育協力課 スペシャリスト)
国際基督教大学、サセックス大学大学院(国際教育学)修了。バングラデシュ、
エチオピア、ブータン等で教育開発に携わった後、現職では、主にノンフォーマ
ル(学校外)教育の学びが、持続可能な開発のための教育(ESD)に深化する
よう、教材開発・普及などに取り組んでいる。これまでブータンには3回渡航、
ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)のブータンでの教育プロジェクトに
も携わっている。
http://www.accu.or.jp/jp/index.html

◎薗田 綾子(そのだ あやこ)さん
(株式会社クレアン 代表取締役/サステナビリティ日本フォーラム 事務局長)
女性の活躍の場を広げることを目指し、マーケティング、イベント企画、雑誌制
作などを事業とする㈱クレアンを1988年に設立。1992年頃から環境問題の重要性
に着目し、地球環境をテーマとする出版物を手がけるとともに、企業の環境/C
SR報告書の制作支援やコンサルティングなどに事業を展開。報告書の制作実績
は、のべ約350社に及ぶ。 2004年には「CSR経営研究所」を設立。サステナブ
ルな社会の実現に向けて、「マイ箸クラブ」、「言の葉さらさらプロジェクト」
など、一般市民にも意識と行動を広める活動も。「環境ビジネススウイメン」と
連携して「子ども環境サミット」の開催にも尽力中。
http://eco.goo.ne.jp/business/csr/offer/people/people13_1.html

◎藤田 孝典(ふじた たかのり)さん
(特定非営利活動法人ほっとポット 代表理事 / 社会福祉士)
1982年茨城県生まれ。ルーテル学院大学大学院総合人間学研究科社会福祉学専攻
(社会政策・地域福祉)博士前期課程修了。社会福祉学修士。社会福祉士。
2002年から新宿区などでホームレス支援活動に参加。2004年から埼玉県、さいた
ま市などでホームレス支援を行なうボランティア活動を独自に展開。2006年10月
NPO法人ほっとポット設立、同法人代表理事。2009年3月から反貧困ネットワー
ク埼玉代表。
http://hotpot.sakura.ne.jp/

・・・・・・‥‥‥‥‥‥‥…………………

【ブータンのGNH(国民総幸福)とは?】
1972年に、ブータン国王ジグミ・シンゲ・ワンチュクが提唱した「国民全体の
幸福度」を示す尺度。国民総生産(Gross National Product:GNP)で示されるよ
うな、金銭的・物質的豊かさを目指すのではなく、精神的な豊かさ、つまり幸福
を目指すべきだとする考えから生まれたもの。現在、ブータン政府は国民総幸福
量の増加を政策の中心としている。
2007年に初めて行われたブータン政府による国政調査では「あなたは今幸せか」
という問いに対し9割が「幸福」と回答した。
☆参考ウェブサイト
http://eco.nikkei.co.jp/column/edahiro_junko/article.aspx?id=MMECc3010011092007

…………………………………………………………………
◎『 21世紀社会デザイン研究科』とは
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科は「社会組織」「危機管理」「NPO
活動」をテーマとした日本初の社会人のための昼夜開講制の博士課程前期・後期
課程からなる大学院です。http://www.rikkyo.ac.jp/sindaigakuin/sd/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・‥…━━☆

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サステナブル建築と政策デザイン

サステナブル建築と政策デザイン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぼ

Author:ぼ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。