FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「難民鎖国」日本

6月20日は2000年の国連総会で決定された「世界難民の日」です。
世界中で難民に関するイベントが行われています。
日本の難民についての知っていただきたく集会を行いますので、ぜひご協力をお願いいたします。

****難民にもやさしい国に!!*********

昨年(2008年)日本の難民申請者は始めて1000人を超え、1599人が日本に庇護を求めました。政情不安で人権侵害の横行する世界各国から難民が来ています。ビルマ・トルコ(クルド)・スリランカ・アフリカ各国・・・しかし、厳格な難民認定制度の下、難民認定された人はわずか57名。「難民鎖国」は続いています。
彼らの多くは保護される国がなく「存在しない人」としてこの日本でひっそりと暮らしています。加えてこの不況の中、大変苦しい生活を強いられています。

最新情報はweb(http://rafiq.jp/wrd/)をご覧ください。

● わたしたちの提言

1.独立した難民審査機関を設置させよう
2.強制送還・難民調査のインタビューのテープ録画を義務づけよう
3.難民調査官、裁判官に難民支援の実務研修を義務づけ、専門性を高めて  4.欠陥だらけの現行制度で不認定とされた全難民申請者に在留資格を
5.難民申請者にシェルターや就労権を与え、生存できる環境を整備しよう

●各会場とプログラム

【東京集会】
2009年7月5日(日) 
14:00~17:00
ニコラ・バレ 9F
千代田区六番町14-4
JR四ツ谷駅 麹町口前(歩1分)
地下鉄南北線/丸の内線 四ツ谷駅(歩3分)
参加費:1000円(学生500円)

プログラム
・基調講演「日本の難民問題 現状と課題」
渡邉彰悟氏(弁護士・全国難民弁護団連絡会議事務局長 )
土井香苗氏(弁護士・国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ東京ディレクター)
・ワークショップ:グループ別ディスカッション
「生きるって何?日本で暮らす難民と考える」

●賛同をお願いします。

賛同のお願い http://rafiq.jp/wrd/sandou.html
賛同用紙 http://rafiq.jp/wrd/sryou/sandouyousi.pdf

賛同金はこちらへ

郵便振替
口座番号:00980-4-281607
加入者名:世界難民の日実行委員会
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
在日難民との共生ネットワーク RAFIQ
ホームページ:?http://rafiq.jp
お問い合わせ:FAX:072-684-0231
rafiqtomodati@yahoo.co.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
-----------

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぼ

Author:ぼ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。