FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフガニスタンに緑と生命(いのち)を ペシャワール会現地報告会

\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_

  武力で平和はつくれない

    アフガニスタンに緑と生命(いのち)を
       
      ペシャワール会現地報告会

\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_

■日時:9月19日(土)開場13:30 開会14:00~16:30
■会場:社会文化会館ホール(東京都千代田区永田町1-8-1 TEL 03-3592-7531)
◎交通:地下鉄有楽町線永田町駅下車2番出口徒歩3分、地下鉄半蔵門線・南北線永田町
駅下車3番出口徒歩4分、地下鉄丸の内線・千代田線国会議事堂前駅下車1番・2番出口
徒歩6分
地図参照:http://www.syabunkaikan.org/Traffic.html
■講演:中村哲医師
※ペシャワール会HP http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/

■参加費:800円 ※手話通訳あります。
■主催:WORLD PEACE NOW

 昨年8月、アフガニスタンで農業支援を行っていたペシャワール会の伊藤和也さんが武
装グループに銃撃されて亡くなったというニュースは、私たちに大きな衝撃を与えました
。その後、伊藤さんを含むペシャワール会の現地での活動が、農業支援や灌漑事業などで
多くの成果をあげていることや、伊藤さん自身もアフガニスタンの地元の人たちに慕われ
ていたことなどが大きく報道されるようになりました。
 このように、ペシャワール会による草の根の協力が着々と進む一方で、日本国内では、
アフガニスタンへの支援の在り方をめぐり、国際治安支援部隊(ISAF)に自衛隊を参
加させるのかどうかなどの「非現実的」な議論がつづいています。

 オバマ米大統領はイラクからの戦闘部隊の撤退を約束していますが、「テロとの戦い」
という戦略は引き継がれ、アフガニスタンに米軍を増派しました。その結果、アフガン戦
争の泥沼化はより深刻になり戦火はパキスタンにまで拡大しています。米軍の越境攻撃や
パキスタン政府軍の作戦で多くの住民が生命を奪われ、数百万人が国内難民として逃げま
どっているというのが現状です。

 日米同盟を強調する日本政府も、「テロ特措法」により海上自衛隊をインド洋へ派遣し
艦船への給油をとおしてアフガニスタンでの戦争を支援しています。6月19日には「海賊
対処」派兵新法を成立させ、海外での武力行使の可能性を拡大させています。その先には
、いつでも、世界のどこにでも、米軍と共に自衛隊を実戦部隊として送りこむ「派兵恒久
法」が考えられているのです。

 私たちは、イラク戦争の発火点ともなったアフガニスタンでの戦争・占領をやめるよう
訴え続け、「武力によらない協力」を主張してきました。9月19日には、アフガニスタン
の民衆支援に力を注いでいるペシャワール会の中村哲医師を招き、アフガニスタンの現状
を知り、平和を作り出していく道を求める現地報告集会を行います。ぜひご参加ください


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

WORLD PEACE NOW http://www.worldpeacenow.jp/
●電話連絡先:許すな!憲法改悪・市民連絡会03(3221)4668/アジア太平洋平和フォーラ
ム(APPF)03(3252)7651/日本消費者連盟03(5155)4765/ピースボート03(3363)8047/
平和をつくり出す宗教者ネット03(3461)9363
●住所連絡先:東京都千代田区三崎町2-21-6-301市民連絡会気付 FAX03(3221)2558/
メール:info@worldpeacenow.jp
大束愛子

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぼ

Author:ぼ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。