FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プロボノフォーラム」

環境や社会に「いいこと」に向けて関心を持ち始めたいまの日本社会。
NPOや社会起業家に対する注目そして期待は、着実に高まりを見せています。
そうした中、より多くの人が、より効果的なかたちで社会に関わる新提案、それが「プロボノ」です。

「プロボノ」とは、あなたのスキルや経験を生かしながら参加する社会貢献の新しい考え方。
社会的な課題を対象にしながら付加価値の高いアウトプットを生み出し、一方的な支援に終わることなく自己研鑽やネットワーキングへとつながることなど、「プロボノ」には社会貢献に対するこれまでの認識を塗り変えるさまざまなエッセンスがあります。

仕事をしながら、生活しながら、時間をじょうずに見つけて社会のために役立つことへと関わっていく。そんなアクティブなワークライフスタイルを「プロボノ」は提案します。

■日時・場所
2009年 12月 5日(土)14:00~17:00
ラフォーレミュージアム原宿にて開催


■総合司会
生駒芳子さん ファッションジャーナリスト
VOGUE、ELLEを経て、2004年よりmarie claireの編集長を務めた後、2008年10月に編集長を退任。現在はアートからエコ、社会貢献まで広い視野でトピックを追い、新しいメッセージを発信するファッションジャーナリストとして活躍中。

■ゲスト紹介

知花くららさん Kurara Chibana モデル・リポーター
沖縄県那覇市出身。上智大学文学部教育学科卒業。1982年3月27日生まれ。
2006 ミス・ユニバース・ジャパンに選出され、2006 ミス・ユニバース世界大会で第2位に輝く。現在はビューティ・アイコンとして注目されるなか、小学館「Domani」の表紙、専属モデルを務め、テレビ東京「知花くららの地球サポーター」にナビゲーター役でレギュラー出演他、2007年からWFP(国連世界食糧計画)のオフィシャルサポーターも務める。


小黒一三さん Kazumi Oguro ソトコト編集長
1950年東京生まれ。1975年慶應義塾大学法学部卒業。
マガジンハウスで、雑誌「ブルータス」「クロワッサン」「ガリバー」などの編集を担当。1990年同社を退職し、株式会社トド・プレス設立。92年、ケニアのマサイマラ国立保護区にリゾートホテル「ムパタ・サファリ・クラブ」を開設。95年には日本相撲協会創立70周年記念の出版物「大相撲」を写真家の篠山紀信氏とともに制作。その後も、「中田語録」の編集、「スガシカオ1095」の出版など数多くのプロジェクトに関与。99年、世界的に見ても類のない環境ライフスタイルマガジン「ソトコト」を発刊。
スローフード、スローライフ、ロハスなどのライフスタイルをいち早く日本に紹介し、雑誌等のメディアを通じて、新たな価値観の提案をしている。


兼元謙任さん Kaneto Kanemoto 株式会社オウケイウェイブ 代表取締役社長
1966年愛知生まれ。愛知県立芸術大学卒業。
1999年株式会社オウケイウェイヴの前身、有限会社オーケーウェブを設立。日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」の運営と、関連する企業向けサービスを提供。2010年に10ヵ国語、100ヵ国でのサービス提供に向け、事業展開している。株式会社オウケイウェイヴは2006年6月に名証セントレックスに株式上場。
主な著書には『グーグルを超える日』(ソフトバンク クリエイティブ)、『ホームレスからのリベンジ』(小学館)、『ホームレスだった社長が伝えたい働く意味』(大和書房)、『これで僕はホームレスから上場企業の社長になった1日1枚成功シート』(東洋経済新報社)など。


嵯峨生馬 Ikuma Saga 特定非営利活動法人サービスグラント 代表理事
1974年神奈川生まれ。東京大学教養学部卒業。
日本総合研究所研究員としてIT、決済、マーケティング、NPO、地域通貨など幅広いテーマの研究業務に従事。2001年に渋谷を拠点とする地域通貨「アースデイマネー」を設立し、03年から代表理事。04年に米国でサービスグラントを展開するタップルートファウンデーションに出会ったことがきっかけとなり、同年末に日本でサービスグラントを実験的プロジェクトとして着手。以後4年余にわたる試行錯誤を経て、09年にNPO法人サービスグラントを設立。現在、サービスグラントには250人の多様なスキルを持つボランティアが登録し、30団体のNPOに対して成果物を提供または提供中である。



■プログラム
13:30開場/14:00開演

●セッション1/プロボノを知ろう
セッション1では、米国におけるプロボノの最新情報をサンフランシスコレポートなどを交えてご報告します。また、「プロボノ」という言葉の定義にはじまり、プロボノがNPO・社会貢献セクターをはじめ、一般の社会人、そして、企業などに与える効果などについて、わかりやすく解説します。
また、日本におけるプロボノの事例などについても触れながら、日本の現状についても整理していきます。

●セッション2/いま求められているものは何か?
このセッションは、NPO・社会貢献セクターの視点に立った議論を展開します。
社会的な課題解決に取り組むNPOにとって、ボランティアとはどのような存在か、その中でも、スキル・ボランティアであるプロボノが持つ意味とはどのようなものか、NPOからのゲストを招いてディスカッションしていきます。

●セッション3/時間を使って成果を生み出す
ここでは、実際にプロボノとしてNPOに参加した経験を持つ一般の社会人を交えて、プロボノに参加した経験とその感想などを含めたトークセッションとなります。
プロボノが社会に対してどんな成果を生み出し、同時に、そこに参加する社会人にとって、どんな気付きや学びの場となるのか。等身大の言葉で語っていただきます。

●セッション4/知恵を使って人を助ける
プロボノを実践する手法にはさまざまな方法が考えられます。その一つとして、オンライン上で専門的な知識や情報を発信することも、広くとらえればプロボノといえます。日本最大のQ&AコミュニティであるOKWaveに集まる2000万件のQ&Aには、医師、教育者、弁護士なども参加し、自らの専門知識を必要とする人に届けています。
このセッションでは、こうした事例をはじめ、さまざまなプロボノの手法や可能性について紹介していきます。

●セッション5/プロボノから見えてくる、2010年的ワークライフスタイル
最終セッションでは、来るべき2010年を展望し、プロボノというアクティブでポジティブな社会参加の方法が、人々の働き方をどのように変えていき、そのことが社会にどのようなメリットやインパクトをもたらすのかについてディスカッションしていきます。
なお、このセッションでは、来場者のみなさまも交えた参加型のスタイルについても検討しています。活発なご意見をいただきながら進めていければと思います。

※注:プログラムは変更になる可能性があります。

http://svgt.jp/probono/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぼ

Author:ぼ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。